小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビクターから木の振動板を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「HA‐FW1000T」が登場

2021.10.25

独自のデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」も初搭載

JVCケンウッドは、Victorブランドから振動板に“木”を採用したWOODシリーズの完全ワイヤレスイヤホンとして、「HA‐FW1000T」を11月上旬より発売を開始する。

このモデルは木が奏でる美しい響きと自然な音の広がりを実現する、同社独自の音質向上技術である“木”の振動板を完全ワイヤレスイヤホンで初めて搭載。有線ハイクラスイヤホン相当の高音質を実現した。

また、最新のノイズキャンセリング技術を採用。さらに、ハイレゾ相当の高音質が楽しめる独自のデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を、こちらも完全ワイヤレスイヤホンで初めて搭載した。

完全ワイヤレスイヤホンで初めて“木”の振動板を搭載

音の伝搬速度が速く、振動の減衰特性に優れ、振動板として理想的な“木”を完全ワイヤレスイヤホンに初めて搭載。“木”を加工したウッドドームをカーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせることで、伝搬速度と減衰特性を向上させた。

そしてウッドドームカーボンドライバーには大口径11mmのウッドドームカーボン振動板に加えて、ステンレスドライバーケースなどの有線ハイクラスイヤホンと同じグレードの素材と技術を投入。低域から高域まで余裕のある再現力とディテールの再現性、および広い空間表現を高いクオリティで実現している。

Qualcommアダプティブノイズキャンセル

二つのマイクを採用したハイブリッドアクティブノイズキャンセリング機能に加えて、高いノイズキャンセリング効果を得られる最新ノイズキャンセリング技術Qualcommアダプティブノイズキャンセルを採用。

耳への装着状態を常にモニタリングすることで、装着がずれても自動でノイズキャンセリングレベルを補正し、いつでも安定して高いノイズキャンセリング効果を得られる。

さらに、新イヤピースにより、パッシブのノイズキャンセリング効果も高めた。通話時にもノイズキャンセリング機能をオンにできるため、外出時などの騒がしい環境下でも快適に会話を楽しめる。

「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスイヤホンに初搭載

国内最高峰クラスの設備・技術を誇る「ビクタースタジオ」のスタジオエンジニアと、同社の音響機器技術者が共同開発を行うことで生まれた、独自のデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスイヤホンに初めて搭載。

圧縮・劣化したデジタル音源の高周波数帯域、微小信号に拡張処理を施し、オリジナルマスターに迫るクオリティでハイレゾ相当の高音質を再現する。

イヤホン側でコーデック種類を判別して信号処理を行うため、接続する機器を選ばず、ハイレゾ相当まで拡張して原音に近づけていく。

新開発「スパイラルドットProイヤーピース」

イヤピース内壁にスパイラル状にドットを配列した独自の音質向上技術「スパイラルドット」をさらに進化させた新開発「スパイラルドットProイヤーピース」を採用。イヤピース内の反射音を拡散させ、直接音とのバランスを最適化することで、音のにごりを抑えてクリアなサウンドを実現する従来の「スパイラルドット」に、新たなスパイラル状の凸形状を追加。

全体のフォルムもモディファイして、より繊細な音まで再現性を高めている。また、やわらかいグレードのシリコン素材を採用し、装着感と密閉度を向上させた。耳に最適にフィットする大きさを選べる、5つのサイズ(S、MS、M、ML、L)が付属する。

主な仕様

型名/HA‐FW1000T
ドライバーユニット/口径11mm ウッドドームカーボンドライバーユニット
通信方式、出力/Bluetooth 標準規格 Ver.5.2、Power Class 1
対応コーデック/SBC、AAC、Qualcomm aptX audio、Qualcomm aptX Adaptive audio
電池持続時間/イヤホン:最大9時間、充電ケース:最大18時間(計:最大27時間)

関連情報

https://www.victor.jp/headphones/wireless/ha-fw1000t/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。