小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

表からも裏からも視聴できる!?話題の「透明ディスプレイ」を使ってみた!

2021.10.22

今こそ近未来の最先端ディスプレイを使ってみた~い!

パソコンのみならずスマホやタブレット・スマートウォッチなど、新時代の科学技術がリアルタイムに現実の世界へ反映され、日々生活がハイレベルなデジタルワールドになっている現代。

そんな時代にもかかわらず、これまでのパソコンの外付けディスプレイは、液晶画面の下に起立用の足のパーツがついているデザインのものが大勢を占めていました。

そろそろ、新しい世界へ旅立つための機は熟したのではないかと勝手に思っている今日この頃です。

360度の視点で見られるオドロキのディスプレイが登場!

これまでのパソコンのディスプレイは、ビジネス用途が中心のデザインのものが多く、刺激的なパソコンライフを求める人が入りこむ余地はありませんでした。

もうそろそろ、重厚なボディと強い存在感を持つディスプレイを卒業したい……そんな空気が満ちてきているとか、いないとか………。

デジタルガジェット全盛のこの時代、SFチックで近未来的なディスプレイは存在しないものなのでしょうか……?

実はあります。

このたび応援購入サービス「マクアケ」にて、Rælclear開発チームが近未来の透明ディスプレイの出品を開始いたしました!

……何でもこれさえあれば、ディスプレイの裏からも前からも美しい映像を見られるんだそうです! やったね!

常識を打ち破れ! 360度視聴対応の透明ディスプレイが登場!

Makuake|裏からも見える!? コミュニケーションの常識を変える透明ディスプレイ!

このたび、ついにこれまでの常識を打ち破る360度視聴対応の透明ディスプレイが登場しました。

その名も「Rælclear(レルクリア)」です。

一見、本体上面が透明の単なる普通の置き物のようにしか見えませんが、実は最新技術をあれでもかこれでもかと詰め込んだ、未来志向のNEWテクノロジーの卓上の産物なのです。

表からも裏からも映像が見える透明ディスプレイ、Rælclear (レルクリア)

※注
・YouTubeの映像は透明ディスプレイの使用例を示したものであり、Makuakeで販売しているレルクリアには、パーテーション、ホバーの機能や音声認識の機能は含まれていません。
・レルクリアはHDMI接続で映像を表示する機能のみを有する透明なディスプレイです。

新時代のコミュニケーションディスプレイ! 「レルクリア」の特徴とは?

それでは透明ディスプレイレルクリアの特徴を、詳しくご説明します。

後ろからも前からも映像がハッキリと透けて見えて、まるで未来世界にいるみたい!

これまでのディスプレイは複数人で同じ画面を確認する場合、同じ方向をで見がちとなり、コミュニケーションがなかなか盛り上がりませんでした。

そもそもコミュニケーションというものは、言語コミュニケーションによるものだけではなく、

●相手のしぐさ
●表情
●目線

といった非言語コミュニケーションがかなり大きな割合を占めています。

そして非言語コミュニケーションの中でも、全体の約55%の影響度を誇るのが視覚情報です。

旧来型のディスプレイでは、相手の視覚情報を増やすのに限界があるのです。

透明ディスプレイのレルクリアは、視覚情報を取得しながらも非言語コミュニケーションを容易に取得可能なため、

●相手の表情を見ながら会話ができるので、コミュニケーションが弾む。
●話した内容を相手と同時に確認できるので、コミュニケーションが活発化する。

といったメリットを得ることができます。

例えば子どもの絵本読みにも、親は子どもの反応をすぐに知り得ることができるので子育てサイコー! です。

テキストコミュニケーションが容易になる!

海外にでかけて外国の方とコミュニケーションを取るため、例えば音声翻訳ソフトを使う場合では、

●自分の音声を入力して翻訳された文章を相手に見せて、今度は相手の音声を入力して翻訳をして結果を確認する。

……と、いろいろ大変ですが、レルクリアがあればお互いに向かい合わせで座り、前後から同時に画面を見られるので、コミュニケーションのクオリティが一気にアップして、お互いの友情を育むことさえ可能です。

小型軽量で持ち運びが楽!

重量はノートパソコンと同程度で持ち運びがしやすいので、持ってでかけられる場所へはどこへでも持参が可能です。

360度どこからでも画面が見やすい!

360度どの方向から画面を見ても、色の変化が少なくて動画も見やすいです。

オブジェになる!

電源をオフにすると、美しいオブジェに大変身します。

見ていてウットリします。

インテリアになる!

ディスプレイに風景や映像、時計の画面などを表示させればインテリアとしても最適です。

透明ディスプレイをはさんで、みんなでゲームをしよう!

ゲーム画面は遅延なく投影が可能なので、卓上を囲んでみんなでゲームをして楽しみましょう。

ほかにも、

●料理をしながら映画鑑賞をする。もしくは料理のレシピ動画を見ながら料理をする。
●小売店の販促用品として、セール情報や商品情報を投影してお客様の視線をくぎ付けにする。

など、使い方は無限大です。

操作方法はとてもカンタン!

透明ディスプレイ「レルクリア」の利用手順はとてもカンタン。

HDMI出力のあるPCに接続すればOKです。

また、PC以外のブルーレイやDVDレコーダー・ゲーム機などにも接続可能です。

1.ACアダプターをレルクリアへ繋ぐ。
2.ACアダプターをコンセントに繋ぐ。
3.HDMIケーブルをレルクリアへ繋ぐ。
4.もう一方のHDMIケーブル端子をPCへ繋ぐ。
5. レルクリアの電源を入れる。
6.PCにディスプレイとしてちゃんと認識されているかどうか確認する。
7.レルクリア側の画面に表示させたい映像をドラッグする。

これだけで大丈夫です。

レルクリアの主な仕様は以下の通りです。

製品外形:350×201×120(mm)※予定
重量:2.0kg※予定
表示ドット数:1440×540
表示色数:4096色
タッチパネル:未対応
接続:透明ディスプレイ側 HDMI Type-A

……しかし、こういったものは実際にディスプレイに色々と映像を表示させてみないと、ハイテク具合がよくわからないですよね。

そこでこのたび、透明ディスプレイレルクリアを試用してみることとしました!

早速開梱の儀です!

透明ディスプレイ「レルクリア」を試用してみました!

これがレルクリア本体です。一見ただのオブジェのように見えますがちゃんとしたディスプレイです。

側面に、電源ボタンとACアダプターを接続するジャックとHDMI端子があります。

試用させていただいたのはデモ機のため、ディスプレイ側の端子穴は mini HDMI Type-Dでしたが、実際のリターンは HDMI Type-Aだそうです。

付属のHDMIケーブルはちょっと長さが短くて、取り回しがきかないので別途長いケーブルを用意しておいた方が良いかもしれません。

電源を入れて、HDMIケーブルでパソコンと繋いでみました。

写真では多少色みが変化して見えるかもしれませんが、実際にはきれいに透明ディスプレイへ映像が表示されています。

撮影した写真では色みが少し緑がかっていますが、実際はきれいな画像です。

余談ですが、iPhoneは写真も動画も1台で撮影できるのは非常に便利ですね。

撮影後はすぐにiCloudへアップロードされるので、あとからPCで編集もしやすいしオススメです。まさに余談でした。本題に戻ります。

何か動画を流したくなったので、自分の作ったYouTubeの動画を映し出してみました。

気分はまるで、近未来SF世界のヒーロー!

裏表が同時に表示されている! 読める文字側の画面がおそらく表です。

次回作はSF映画によく出てくる、空中に投影可能なディスプレイをよろしくお願いいたします!

※本記事掲載の内容、画像、動画は、レルクリア開発チーム様・株式会社マクアケ様よりご承諾を頂いております。
※他資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipediaなど。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性などを保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります。)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。ご注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには、立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクもまれにあります。出資に当たっては、ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、自称漫画家 兼 実質ライター。 電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中!→https://amzn.to/2××EJQS
YouTubeチャンネル開設中→https://www.youtube.com/user/furucyan/videos?sub_confirmation=1
記事の内容について(おことわり)→https://tinyurl.com/2nvk2j4w

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。