小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

見せてもらおうか、プロのモデラーが作った模型製作専用工具箱「モデリングコンテナ054」の実力を!

2021.10.21

女性プロモデラーのパイオニア的存在として活躍しているオオゴシトモエさんだが、意外にも市販の工具箱ではなく〝100均〟のケースを使っていたという。その理由を聞くと、「欲しいと思うものがなかった」と、歯に衣着せぬ答えが返ってきた。

「商品にもよりますが、ドライバーやペンチなどをいれる、いわゆるDIY用の工具箱は持ち運びできるボックスタイプでも、模型製作用として考えると、大きすぎるんですよ。塗料や接着剤を収めるスペースが設けられているわけではないし、さらに内部のトレーが両開きになるものだと、狭い机の上ではかえって邪魔になってしまう。手ごろな工具箱を見つけても価格もが3000~4000円くらいするので『とりあえず100均のケースでいいや。手に入りやすく、汚れたら気軽に買い替えられるし』と、それで仕事をしていたら20年近く経っていました(笑)」(オオゴシさん)

写真はイメージ

そんなオオゴシさんだが、模型教室で講師を務めるようになってから、生徒らが使うものなど、人によって異なる工具箱を目にする機会が多くなった。それぞれが市販の工具箱を何とか使っている姿を見ているうちに〝私がほしいと思える工具箱を作りたい〟と考えるように。その思いに共感して手を挙げたのが、仕事柄付き合いのあるツールメーカー・エトワールだ。

「エトワールさんは『プラモ向上委員会』というブランドを持っていらっしゃるんですが、そのコンセプトは、『プラモデル制作時の〝面倒〟〝難しさ〟を考え、より楽しく、快適にプラモデルを制作できるように、初心者からベテランの方まで、もっと多くの人に楽しくプラモデルを作ってもらえることを目指す』というもの。ずっと納得がいかなかった私の思いを汲んでくださり、ともに〝模型に特化した工具箱〟をつくることになりました」

このプロジェクトがスタートしたのは2018年の冬。3年の時を経て、そしてついに完成したのが、『モデリングコンテナ054』(2178円)だ。約209×104×141mmで、Sサイズのティッシュボックスを3つ重ねたくらいのサイズにすることで、オオゴシさんが既存の工具箱に対して抱いていた「大きすぎる!」という不満を解消。「私は模型教室の講師もしているので、自宅以外に工具箱を持ち運びする機会が多いんです。そこでリュックやトートバッグにスッキリ収まるサイズにしました。私に限らず、最近は製作用のスペースを設けた模型店も多いので、そんな場所でつくっているモデラーさんにも喜んでもらえたらうれしいですね」

カラーバリエーションにもこだわる。「工具箱というと、渋い色のモデルばかりなのですが、これはスモーク、アクアブルー、パープルの3色を用意。好みで選んでもいいし、色によって収納するツールを替えてみるのもいいと思います」。こう話すオオゴシさんに、個人的にはどの色が好みか聞いてみると、「完全受注生産のパープルが好き。こんな色の工具箱って、見たことありませんから」と回答。そんな気がしていたが、やはりそうだった。ピンクだといかにも女性向けという感じだが、パープルは大人の女性モデラーにぴったり。それにエヴァ好きのモデラーにもウケが良さそうだ。

オオゴシさんのこだわりはまだまだつきない。実際に工具を詰めて、そのポイントを教えてくれた。

「コンテナの1段目には、最大4本の角瓶の塗料や接着剤を収納ができるようにしています。角瓶の形状に合わせたホルダー部を収納時は横に、使用時にはそれを引き起こせば、角瓶を工具箱からわざわざ出すことなく使用できるんです」

収納時

使用時

2段目、3段目は深みがあるトレーに。ここにはニッパーやデザインナイフなどの切り出し工具のほか、塗装用の筆やマスキングテープ、ヤスリ、紙やすりなど、様々な工具を収納できるようになっている。

「そもそも模型用の工具はサイズがバラバラ。そこで自由に組み替えができる専用の仕切り板を付属することで、作業用途に合わせて自由にアレンジして収納できるようにしました」

さらにうれしいのは、携行に便利な機能を満載していること。下の写真のように1段目と2段目、もしくは3段目だけ、2段目と3段目だけ、といったように必要な工具を収納したトレーだけを持ち運べるようにしているのだ。

「コンテナ同士と天板は、両端にある特殊なロック機構で連結できます。外れる心配が少ないので、カバンなどに入れて持ち運んでも安心です。天板には折りたたみ式の取手がついているので、手持ちで運ぶのにも便利ですよ」

コロナ禍でおうち時間を充実させるために模型趣味を再燃させた人が多いという。このプロモデラーが考えた工具箱『モデリングコンテナ054』で整理整頓をしつつ模型を作れば、作業効率も良くなってより完成度が高まるかも。

プラモデラー
オオゴシトモエ

プラモ向上委員会
『モデリングコンテナ054』 各2178円

◆セット内容:コンテナ(角瓶収納用)×1個、コンテナ(工具収納用)×2個、仕切り板(大)×3枚、(小)×5枚、閉め忘れ防止シール×1シート
◆材質:PP
◆サイズ:全体/約209×104×141mm、1段目/約209×104×53mm、2.3段目/約209×104×44 mm

問い合わせ先/プラモ向上委員会
http://plamokojo.com/archives/product/modelingcontainer054

プロモデラー オオゴシトモエさん
モデラー&ライター。 近著『もっと楽しい!フレームアームズ・ガール塗装の教科書』ほか、プラモデルやガンプラ製作のHowto本を出版。 大阪芸術大学/大阪芸術大学短期大学部/講師。
https://twitter.com/ogoshi_054/

取材・文/寺田剛治 撮影/藤岡雅樹

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。