小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もはや常識!?「ネット恋愛」をしたことがある人の割合は?

2021.10.21

ノマドマーケティングがネット恋愛をしたことある割合を年代別に調査

e-venzを運営するノマドマーケティングは、全国の15歳~49歳の男女1000名を対象にネット恋愛をしたことある割合を年代別に調査。「きっかけ」「男性心理」「女性心理」についてアンケートを実施した。

ネット恋愛とはその名のとおり「ネットで出会った相手と恋愛すること」をいう。実際に出会いが期待できるサービスは以下のようにたくさんある。

・マッチングアプリ
・出会いサイト
・婚活サイト
・SNS(Twitter、Instagram、Facebook、LINEなど)
・ライブ配信サービス(ツイキャスなど)
・オンラインゲーム
・チャット
・掲示板

スマホが急速に普及した最近はネット恋愛で交際・結婚するカップルも珍しくない。今や5人に1人がネットで出会いを探しているともいわれているが、実際にネット恋愛したことがある人はどのくらいの割合なのだろうか。

●ネット恋愛をしたことはありますか?

今回の調査では全体の25%、つまり4人に1人はネット恋愛をしたことがあることが判明した。ちなみに「はい」と答えた男性は23%、女性は26%で、男女差はほとんどないことが分かる。

年代別のデータをみると恋愛や婚活が盛んな20代が32%と最も多く、約3人1に1人がネット恋愛を経験している。

続いて上記のアンケートで「ネット恋愛をしたことがある」と答えた247名に、ネット恋愛をしたきっかけについて尋ねてみた。

●ネット恋愛をされたきっかけについて教えてください。

【男性】
「ゲームで知り合った」(40歳/北海道)
「出会いが少ないから」(22歳/兵庫県)
「よく行くチャットでよく話すうちに仲良くなった」(49歳/埼玉県)
「SNSで共通の趣味を見つけて」(49歳.埼玉県)
「出会い系」(41歳/岐阜県)
「LINE」(39歳/愛知県)

男性がネット恋愛をしたきっかけとしては「オンラインゲームをしているうちに仲良くなった」「出会い系サイトを通じて」という声が多いほか、LINEやTwitterなど無料のSNSで出会っている方も目立った。

【女性】
「マッチングアプリの広告」(19歳/北海道)
「Instagram」(16歳/三重県)
「Twitterとツイキャスで知り合った」(21歳/石川県)
「ツイキャスという配信アプリで」(32歳/石川県)
「チャットで盛り上がった勢いで。」(18歳/東京都)
「一緒にゲームをプレイしているうちに」(31歳/愛知県)
「出会い系アプリで」(22歳/福岡県)

女性も男性と同じくマッチングアプリやゲーム、SNSがきっかけでネット恋愛をした人が多いようだ。そのほかに多かったのが、音声や動画を配信できるアプリ「ツイキャス」。

ツイキャスはコメント機能によって配信者と視聴者がリアルタイムでやり取りできるが、気軽にコミュニケーションが取れることから10~20代の若者に人気。お気に入りの配信者のことを「推し」と呼ぶが、恋愛につながることも多いようだ。

続いて、ネット恋愛をしたことがある15~49歳の独身男性99名にネット恋愛における心理や本音について尋ねてみた。

●ネット恋愛をされた心理もしくは本音を教えてください。(男性心理)

「出会いが欲しい」(22歳/兵庫県)
「ネットなので気軽」(49歳/埼玉県)
「実際に会った方がいいなと感じました」(49歳/埼玉県)
「ワクワク」(41歳/愛知県)
「エッチしたい」(45歳/大阪府)
「普通に出会いたい」(43歳/岩手県)
「好奇心」(23歳/大阪府)
「気楽で楽しい反面怖い」(37歳/熊本県)
「なかなか出会えない」

ネット恋愛をしたことがある男性の心理としては「実際に会うのが怖い」という声もあるものの、どちらかというと「楽しい」「気軽に会える」などポジティブな本音が多い傾向があった。

ネット恋愛における男性心理は「とにかく早く初デートまでこぎつけたいと思っている」「でも、簡単に手に入るものには簡単に飽きてしまう」ということになる。

続いて、ネット恋愛をしたことがある15~49歳の独身女性148名の本音についても尋ねてみた。

●ネット恋愛をされた心理もしくは本音を教えてください。(女性心理)

「親に言えない」(19歳/北海道)
「黒歴史」(21歳/北海道)
「自然に知り合って付き合いたかった」(18歳/東京都)
「怪しい」(32歳/千葉県)
「彼氏が欲しかったから別に誰でもよかった」(16歳/三重県)
「遊び相手が欲しかったから」(48歳/広島県)
「さみしかったから」(38歳/神奈川県)
「楽しかった」(28歳/石川県)
「ネットでも好きだったし実際会ってからもいいなと思った」(29歳/東京都)
「リアルもネットも好きになれば問題ない」(19歳/佐賀県)
「本気で好きになれるのか」(23歳/大阪府)
「告白されたから付き合い始めたが、すぐに別れたからなかなか上手くいかないと思う」(18歳/山梨県)
「嘘をついている人もいれば、真面目に出会いを求めている方もいるのだなと思いました。使い方次第、自分次第で良い出会いも悪い出会いもあると感じました。」(45歳/大阪府)

ポジティブなものが多かった男性心理とは打って変わって、女性心理で多かったのが「親に言えない」「黒歴史」などネガティブな本音。

出会いが欲しくてネット恋愛をしてみたものの、本心では抵抗を感じていたり、「できれば自然に出会いたかった」という心理が垣間見れる。

7〜8割は実際に恋人が欲しいと思っているが、残りの2〜3割の女性というのは、実は既婚者だったり彼氏持ちだったりで、旦那さんや彼氏が埋められない寂しさを埋めてくれる会話を求めて、ネット恋愛をしていると推測できる。

女性のネット恋愛における心理とは「会いたいと思っている人も多くいる」「安心できるまでは怖いから会えない」「寂しさを埋めてくれる会話を求めている」ということなのかもしれない。

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査期間:2021年10月04日 ~ 2021年10月04日
調査対象:全国15歳~49歳の未婚男女
有効回答数:1,000(男性434名・女性566名)

・全国イベント総合サイト「e-venz(イベンツ)」
https://e-venz.com/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。