小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NFTの普及によって変わるデジタルコンテンツのコレクション性

2021.11.15

コンテンツ

ミッキーマウスのNFTをお土産に買う!?

 ベストセラー作家で、起業家としても活躍するゲイリー・ヴェイナチャック氏は、米国で行なわれたカンファレンスに登壇し「将来はミッキーマウスもNFTになる」と予言している。これはつまり、ミッキーマウスの原画のようにこれまでは現物でしかできなかったグッズ展開が、今後はNFTで実現可能になるということを指している。

 日本国内でもコンテンツをNFT化する取り組みが始まっている。スクウェア・エニックスでは、同社が展開するゲーム『ミリオンアーサー』シリーズのキャラクターなどをNFT化し、デジタルシールとして販売するサービス『資産性ミリオンアーサー』をリリース予定だ。開発責任者の畑圭輔さんによると、ブロックチェーンの技術が注目され始めた2018年頃から事業への応用を構想していたという。

「子供の頃食玩のシールを集めるのが好きで、いつかデジタルでも同じようなサービスを作りたいと思っていた時に、NFTの存在を知りました。唯一性を担保できるNFTはまさにピッタリの技術でした」

 NFTは投機的な活用方法もみられるが、同サービスでは〝コレクション性〟をより高めるための機能として実装する予定だと畑さんは語る。

「一般的にブロックチェーン上には唯一性の証明に必要な購入者情報などが書き込まれるので、仮にサービスが終了しても、その証明とデータ自体は半永久的に残し続けることが可能です。ファンが思い入れのあるデジタルアイテムをコレクションして、末永く大切に保管する。そんな世界を実現できればと思います」

 また、NFTの技術を現物のコンテンツに応用する流れも生まれている。リードエッジコンサルティングが2021年6月よりサービス開始したNFTマーケットプレイス『NCOMIX』では、漫画家やイラストレーターなどのクリエイターが実際にイラストなどを創作し、その作品に紐付くNFTを発行・販売している。デジタルの所有権はNFTにより証明されているだけでなく、その権利を使って〝現物〟を受け取ることも可能だ。このNFTは再販が可能で、その際に生じた利益の一部は自動的にクリエイターに還元される仕組みになっている。

 デジタル上における権利の証明や唯一性が担保されたコレクションアイテムへの活用といったように、NFTが持つ「デジタル鑑定書」としての機能は、様々な新しい価値をデジタルの世界にもたらしている。

 だが、本誌で『TOKYO 2040』の連載を持つ作家で、自身の作品をNFT化している沢しおんさんによると、「現状、巨大なデータをNFT化できないことが課題」だという。NFT化するコンテンツが画像やテキスト、短い動画データなのはそのためだ。技術が発展すれば、今後はあらゆる種類の電子データがNFT化されるかもしれない。

『資産性ミリオンアーサー』

NFTによる唯一性の担保に加え、絵柄も一枚一枚異なる。
©2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by double jump.tokyo Inc.

どこよりも詳しく「NFT」と「DeFi」を解説!DIME MONEY NFT&DeFi超入門」が配信スタート!

有名クリエイターがNFTコンテンツを発表したり、DeFi関連の仮想通貨が高騰したり、ニュースやビジネスシーンにおいて「NFT」「DeFi」といった言葉を耳にする機会が増えたと思いませんか?

ところが、「NFT」も「DeFi」も、それがどんなもので、何を意味するものなのか、説明できる人は多くありません。これらが普及することによって、この先、私たちの生活や仕事はどう変わるのか? そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説します!

購入はコチラから
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B09M91J5PF/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rk/17c8cfd6b2c6319daf0453f6e33c4e80/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/5110918085

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。