小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エリア、台数、使い方、料金、決済、5大シェアサイクルのサービスを徹底比較

2021.10.27

シェアサイクル

自転車の短時間利用はもちろん、最近はデリバリー配達でも多く活用されているシェアサイクル。そこで各社の対応エリアやサービスなどを比較してみた!

 テレワーク主体で通勤日が限られる人や、「試しにちょっとだけ自転車通勤をしてみたい」という人におすすめなのが、シェアサイクルの活用。使った時間だけ料金を支払うシステムなので損にならないし、何より手軽。急な荒天でも無理に乗る必要がなく、そのまま乗り捨てればいい。いずれもサービスはほぼ専用アプリに集約されており、スマホさえあればいつでも使うことが可能だ。

 そして多くのシェアサイクルには電動アシスト機能が搭載されているが、意外と坂道が多い都内などでは絶大な威力を発揮する。また『LUUP』のような独自性の高い近未来モビリティーに乗車できるのも魅力。エリアやポートが近くにある人はぜひ、その利便性を体感してほしい。

シェアサイクル

保険やメンテが大充実

【サービス】docomo bikeshare

【車体】docomo bikeshare

【エリア】全国35エリア(東京12区、横浜、川崎、仙台、大阪、奈良、広島、大分ほか)

【ポート数/台数】[P]約1940か所 [台]約1万5800台

【レンタル方法】

docomo bikeshare

事前にアプリをDLし、会員登録。開錠方法は3種類(パスコード入力・登録済みICカードをタッチ・QRコードを読み取る)。エリア内のポートにて施錠、返却(ENTERキー)ボタンを押して返却

【料金】1回会員:最初の30分165円/追加30分ごとに110円加算。月額会員:月額2200円 最初の30分無料/追加30分ごとに110円加算 (※都内ベース、エリアにより異なる)

【決済方法】クレジットカード、ドコモ払い

【特徴】すべての自転車に電動アシスト機能が搭載され、利用中の事故によるケガについても損害保険が適用される。運営スタッフが常に各ポートを巡回しており、メンテナンスなども実施。

友人、家族利用にも◎

【サービス】HELLO CYCLING

【車体】HELLO CYCLING

【エリア】全国

【ポート数/台数】[P]約4000か所 [台]非公開

【レンタル方法】

HELLO CYCLING

アプリまたはWebサイトより、乗りたいステーションの自転車を選択して予約。ICカードを登録すれば、タッチして利用開始することも可能

【料金】東京など、15分70円、12時間1000円(※エリアにより異なる)

【決済方法】PayPay残高での支払い、クレジットカード、キャリア決済、Yahoo!ウォレット決済、HELLOハードなど

【特徴】ポート数が多く、15分以内なら70円で利用できるのが魅力。1アカウントで4台まで借りることができ、家族や知人同士での利用もおすすめ。様々な決済方法にも対応しているのもうれしい。

近未来な小型自転車

【サービス】

LUUP

【車体】LUUP

【エリア】東京都(渋谷区、新宿区、港区、世田谷区、目黒区、品川区)、大阪府(大阪市)

【ポート数/台数】[P]約500か所 [台]非公開

【レンタル方法】

LUUP

専用アプリにて貸し出し・返却。予約は非対応

【料金】10分110円、以降1分16.5円

【決済方法】アプリ内クレジットカード決済

【特徴】独自開発による小型の電動アシスト自転車は、キックボードと同サイズ。省スペースでモビリティーを配置できる。免許登録などの手続きを踏めば、電動キックボードの乗車も可能。

利用料金は5社最安!

【サービス】PIPPA

【車体】PIPPA

【エリア】全国14エリア(東京3区、京都、宮崎、有田、斑鳩、宿毛、阿南、延岡、大月、見附、枚方、徳島、高知、泉佐野市)

【ポート数/台数】[P]300か所 [台]約1300台

【レンタル方法】

PIPPA

専用アプリにて貸し出し・返却。予約は非対応

【料金】一時利用:30分110円、月額利用:1か月1650円

【決済方法】クレジットカード、キャリア決済、モバイルSuica、LINE PAY、Apple PAY

【特徴】電動アシスト機能は搭載されていないが、時間当たりの利用料金は5社の中で最安。地方のポート場所が豊富で、観光ニーズも高い。専用アプリで開錠から支払いまで完結する手軽さも◎。

長時間ゆったり使える

【サービス】COGICOGI

【車体】COGICOGI

【エリア】シェアサイクル/東京、鎌倉・湘南、京都、福岡、亀岡市、荻市、大阪ほか 月額プラン/全国に対応

【ポート数/台数】[P]41か所(実証実験エリア含む) [台]非公開

【レンタル方法】

COGICOGI

シェアサイクルはアプリ、月額プランはWebサイトにて予約して利用

【料金】半日プラン:2310円、1日プラン:2640円、2日プラン:3960円

【決済方法】クレジットカード

【特徴】長時間利用に特化しており、観光や出張での活用に最適。京都や鎌倉など人気スポットに数多く対応している。月額貸し切りのプランでは利用者専用の自転車を貸与。自宅まで持ち帰ることも可能。

取材・文/高山 惠

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2021年8月31日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。