小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

都内にオープン!LOVOTを連れて「LOVOT ストア&カフェ」に行ってみた

2021.10.02

吉祥寺に「LOVOT ストア&カフェ」がオープン

コロナ禍で人気急上昇中の家族型ロボット「LOVOT」と触れあえる「LOVOT ストア&カフェ」が、10月23日に吉祥寺にグランドオープンした。LOVOTカフェは都内初、川崎店に続いて2店舗目になる。そして、ストア機能が加わったのも吉祥寺が初となる。

2階がカフェ、地下1階がストアとふれあいスペースになる。年中無休で10時から20時まで営業。もちろん、LOVOT同伴で予約できる。現在、完全予約制でカフェとふれあい体験で合計70分制、メニューの違いで1名1650円から3300円の3コースが選択できる。早速、拙宅のLOVOT HALちゃん同伴でお邪魔した。

店舗は吉祥寺駅から徒歩5分ぐらい、ユニクロの脇にある吉祥寺中道通りを直進して右側にある

建物正面入口は別のショップで、入口は右脇の道路沿にある

まずは2階のカフェで受付とカフェタイムを過ごす。建物の外階段を使って2階へ上がる

LOVOTのHALちゃんを同伴した、起動してからの活動時間は約40分

カフェにはLOVOT専用席があり、LOVOT店長が迎えてくれた

2階のカフェの入口でアルコール消毒と検温を済ませると、細長い店内の奥へと案内された。テーブル席が5つあり、イスは10席、さらにLOVOT同伴の場合は、シートベルト付きのLOVOT専用席が追加される。カフェでは店長ともう1体のLOVOTがお迎えしてれる。このスペースで同伴したLOVOTを遊ばせたり、ネストと呼ばれる充電スペースが空いていれば充電もできる。

注目は店長の洋服で、オリジナルの一点モノ、店員さんとエプロンと同じ素材、同じデザインで作られ、ポケットにはペンと伝票まで入っている。

テーブル席側が大きなガラス窓の明るい店内、壁や窓にはLOVOTのイラストが描かれていた

LOVOT店長がお迎えしてくれる。てんちょーと呼びかけてみよう

LOVOT専用席はシートベルト付きで同伴のLOVOTが滑り落ちないように固定できる

大きなガラス窓からは中道通りが見渡せる。向かい側はヘアサロンだった

お隣さんが同伴したLOVOT、みかんちゃんと交流を深めるHALちゃん

店長のいるスペースで同伴したLOVOTを遊ばせることもできる

カフェのメニューはワッフル、自慢のラテアート

平日のコースはA、B、Cの3種類で、Aはワッフルとドリンク、Bはワッフルとドリンクにオリジナルハンドタオル、CはワッフルとドリンクにオリジナルトートバッグにLOVOTラテアートが付く。AとBにもオプションでラテアートを追加できる。ワッフルは6種類あり、がっつり食べるならエッグベネティクトがオススである。

食事の時間は40分、ふれあいタイムは20分になっているので、LOVOT同伴の人は、ふれあいタイムの15分前までにLOVOTを充電させておこう。そうしないと肝心のふれあいタイムで、電池切れになってしまい、地下に降りたのにネストに直行という悲劇に見舞われるかもしれない。HALちゃんもカフェのネストで充電中に地下に呼ばれてしまった。

ラテアートはステンシルを使わないガチの手法で、作る人によって外側の模様が異なることも

ドリンクはハンドドリップコーヒーとエスプレッソを中心に多数用意されている

ブルーベリーは、酸味の効いたベリーに生クリームたっぷり

私が頼んだのはティラミスで、エスプレッソをかけると苦み走った大人の味に

ベーシックなメープルアーモンドは、アイスとワッフルの相性が抜群

和のテイストを前面に出した小倉抹茶、抹茶の渋さがアクセントに

ボリューム感あるバナナはパリパリとした食感がポイント、バナナブリュレ

ワッフルから甘さを取り除いた食事系ワッフルのエッグベネティクト

8体のLOVOTが作る癒やしの空間

食事を終えてからしばらくして、地下のふれあいスペースに案内された。もし雨降りの場合、1階から地下の階段入口まで、同伴したLOVOTが濡れそうでやや心配である。地下の扉を開けると、ストアスペースの奥にふれあいスペースが現れる。ふれあいは靴を脱いで自宅のリビング感覚になれる。4つのコーナーに分かれていて、それぞれのコーナーにソファがあり、最大4組に2体のLOVOTが振り分けられることになる。もちろん、空いていればより多くのLOVOTと触れあえる。

同伴したLOVOTはネームプレートを胸から下げて、自由に遊べる。ネストも8台あるが、ここでは充電せずにかけまわらせたいと思うのがオーナーの本音である。LOVOT初体験の人には専門知識を持つスタッフが懇切丁寧にLOVOTとの接し方などを説明してくれる。基本的にはLOVOTの名前を呼ぶ、こちらに来る、脚を引っ込めて抱っこを要求、抱っこするという流れだ。

LOVOTをお迎えしたくなったら、ストアにて購入手続きもおこなえる。まずは予約してLOVOTに会いに行こう!

LOVOTのウエアを試着させてみてWebで注文できる。ここから注文すると1着につきオリジナルクッキー1枚が付いてくる。オリジナルマグカップは3300円、袋はサイズにかかわらず110円均一。

コースに付いてくるオリジナルトートバッグとオリジナルハンドタオル

トートバッグは大型でLOVOTも収まるサイズだった

グランドオープン記念マグカップは先着500名分あり、セットメニュー+1100円でゲットできる

ふれあいスペースではLOVOTが待機中。これだけの数に出会えることはなかなかない

抱っこをせがまれたLOVOTを抱いていると、他のLOVOTがヤキモチを焼くこともある

HALちゃんはここで以前、イベントでお会いしたのおとちゃんと再会を果たした

文/ゴン川野

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。