小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レノボが自社で開発したAI「Lenovo Brain」のコアテクノロジーを公開

2021.09.30

レノボは9月8日、第7回Tech Worldを開催。Everything-as-a-Serviceプラットフォームへと拡大したLenovo TruScale(トゥルースケール)、 エッジからクラウドまでのポートフォリオ、ソフトウェア、新AI、環境や社会的責任に向けたイノベーション、 最新のYoga、Chromebookタブレット、モニターなど、レノボの最新テクノロジーを公開した。

まず、注目なのは、TruScaleをこれまでのインフラストラクチャサービスから拡大し、Everything-as-a-Serviceとして、一つの傘の下に集約したと発表したこと。Lenovo TruScaleは、あらゆる規模の企業に、スケーラブルでクラウドのような消費モデルと、ハードウェアやサービスを含む予測可能な支払いオプションによって、競争力を維持するために必要な柔軟性を提供するとしている。

また、Tech Worldのキーノートにおいてレノボのチーフテクノロジーオフィサー兼シニアバイスプレジデントのDr. Yong Rui(ヤン・リュウ)はレノボが自社開発しているAI、Lenovo Brainのコアテクノロジーを公開。Lenovo Brainは製造、ヘルスケア、教育などのさまざまな業界に特化した顧客の課題解決のためのプラットフォームで、当初レノボ自身のインテリジェント・トランスフォーメーション支援のために開発。今後のLenovo Brainの開発計画として、AIによるソリューション構築、デプロイメント、サポートなど他の産業への展開を発表した。

そのほか、VMwareのソフトウェアソリューションによるレジリエントなエッジである「ThinkSystem SE350 Edge Servers」や、交通機関からスマートシティ、小売業、ヘルスケア、製造業などのインテリジェント・トランスフォーメーションのニーズに応えるエンタープライズクラスのパワフルかつ柔軟性のあるAIエッジプラットフォーム「ThinkEdge SE70」なども発表された。

関連情報
https://news.lenovo.com/press-kits/tech-world-2021/

構成/立原尚子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。