小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneのバッテリーの劣化状態を簡単にチェックする方法

2021.10.01

スマートフォンやパソコン、ワイヤレスイヤホンなど“バッテリー”を搭載している製品は、長く使用していることでバッテリーが「経年劣化」してしまいます。

バッテリー性能は、ただ連続使用時間に関わるだけでなく、処理能力などにも影響を及ぼします。実はiOS 11.3以降を搭載したiPhoneでは、バッテリーの状態を確認することができるので、今回はその方法や、iPhoneのバッテリーに関する設定を紹介していきます。

iPhoneのバッテリー劣化状況を確認する方法

まずは、iOS 11.3以降を搭載したiPhoneで、バッテリーの劣化状況を確認する方法を紹介していきます。

設定アプリを開き、「バッテリー」に進みます。続いて「バッテリーの状態」をタップします。

「最大容量」の項目に「○○%」と記載されています。これがiPhoneのバッテリーの健康状態を示す数値で、100%は新品に近くあまりバッテリーが劣化していない状態です。

バッテリーは充電を繰り返すことで“化学的経年劣化”が進み、最大の容量が低下していきます。つまり1回の充電で使用できる時間が短くなる可能性があります。

iPhoneのバッテリーは、アップルが定めた通常の条件下で使用した場合、フル充電サイクルを500回繰り返した後も、本来の蓄電容量の最大80%を維持するように設計されているとのことです。

iPhoneが最高のパフォーマンスを発揮できているかがわかるバッテリーの「ピークパフォーマンス」とは

冒頭で、バッテリー性能は処理能力にも関わると説明しましたが、iPhoneの場合は、「ピークパフォーマンス」という項目から、バッテリーと処理能力の状況が確認できるようになっています。

iPhoneでは、「ピークパフォーマンス」を管理することで、バッテリーの劣化による突然のシャットダウンを防ぐようになっています。パフォーマンスが正常の場合は、ピークパフォーマンス性能の項目に、「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。」と表示されます。

バッテリーの劣化が検知され、パフォーマンス管理が適用された場合には「この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…」と表示されます。

【参照】iPhoneのバッテリーとパフォーマンス

iPhoneのバッテリーはできるだけ劣化しないように使おう!

せっかく購入したiPhoneは、できるだけ長く使用したいと考える人がほとんどでしょう。アップルの公式HPでは、「バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限延ばす」ための案内がされているので、こちらを一度確認してみるのがおすすめです。

【参照】アップル バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限延ばす

iPhoneのみならず、iPadやMacシリーズなども含めて大切なのが、「最新のソフトウエアにアップデートすること」です。アップルのソフトウエアアップデートには、節電技術が含まれていることが多いので、最新のOSをインストールすることでデバイスをより長持ちさせられるでしょう。

また、アップル製品の動作の最適な範囲は16度から22度となっています。特に35度を超える周囲温度はバッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるとのことなので、できるだけ適温で使用するように心がけましょう。

逆に温度が非常に低い環境での使用は、バッテリー駆動時間が短くなる可能性があるものの、これは一時的なもの。バッテリーの温度が通常の動作範囲内に戻ると、パフォーマンスも通常の状態に戻るとのことです。

iOS 9以降を搭載したiPhoneであれば、設定アプリの「バッテリー」から「低電力モード」を有効にできます。低電力モードでは、ディスプレイの明るさを減らしたり、デバイスのパフォーマンスを最適化、システムのアニメーションを最小限に抑えるなど、バッテリーをできるだけ消費しないように設定されます。

低電力モードでも、電話、Eメールやメッセージ、インターネットへのアクセスなど主要な機能は引き続き使えます。iPhoneを再び充電すれば、低電力モードは自動的にオフになります。

※データは2021年9月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。