小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ミラーレスにぴったり!連続で光量を減らせるK&F Conceptの可変NDフィルター「NANO-X バリアブル」

2021.09.28

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

ミラーレスに最適な可変NDフィルター

フィルター効果をEVFで確認できるミラーレスは、どんなフィルターもカンタンに使いこなせる。なかでもオススメなのがND(Neutral Density)フィルターである。その効果は光の量を減らすこと。ISO感度を上げれば光の量は増やせるが、その反対は難しいのでフィルターの出番となる。

NDフィルターには番号が振ってあり、例えばND4なら光量を1/4に減らせる。ND100なら1/100の光量になる。どのぐらい減光するかは状況に応じて変わるため、今までは複数枚のNDフィルターを持つ必要があった。これを1枚で済ませるのがK&F Concept「NANO-X バリアブル NDフィルター」である。今回、借用したのは明るさがND2-ND400まで連続可変する「KF-NNDX」の62mmと77mmで、マイクロフォーサーズのOLYMPUS「E-M1MK2」とAPS-CサイズのFUJIFILM「X-HA1」で撮影している。写真家、小平尚典氏に作例撮影の協力を仰いだ。

MRCの日本製高品質光学ガラスを採用

フィルター直径は49mm~82mmから選べる。フィルター前枠を回転させて減光量を連続可変できる仕組みだ。ガラスは日本製光学ガラスを使い、マルチ・レジスタント・コーティングにより、高い逆光耐性、キズ防止、撥水効果、撥油効果を発揮するという。

樹脂製ハードケースではなく磁石でフタを固定できるソフトケースが付属する

ケースのサイドにあるリボンを引くとフィルターが出てくる。これは便利だ

ND値の目安が目盛で入っている。ND400より回すとモアレが出ることがあるので注意

OLYMPUSの標準ズームにフィルターを装着すると純正フードが付けられなくなった

ND2相当で撮影。感度をISO64まで下げたがシャッター速度が早く滝の流れが止まってしまう
OLYMPUS E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 1/400sec、F3.2、ISO64

NDフィルターを回転させてシャッター速度を遅くして水の流れを表現した
OLYMPUS E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 1/5sec、F3.2、ISO64

小平氏が24mm相当で撮影した作例。シャッター速度は1/4秒で水はキレイに流れている
FUJIFILM X-H1 XF16-55mmF2.8 LM 1/4sec、F2.8、ISO200

同じく37mm相当での撮影。手ブレ補正機能のおかげで手持ちでもブレずに撮れている
FUJIFILM X-H1 XF16-55mmF2.8 LM 1/4sec、F2.8、ISO200

シャッター速度固定の動画撮影の必需品

バリアブルNDフィルターの活躍の場は静止画に止まらず、動画にも欠かせない。なぜなら動画はボケ重視で絞り開放、シャッター速度は1/30秒か1/60秒固定で撮影することが多い。この両方を固定して明るさを一定に保つにはISO感度を調整するしかない。もし調整範囲外になったら、そこで登場するのがバリアブルNDフィルターである。NDを使えば明るい日中でも絞り開放で撮影できるのだ。Mモードでミラーレスの内蔵露出計を使って、NDの減光加減も正確に決められる。

作例は明るすぎて絞り込んでしまい背景がボケない動画、そしてNDフィルターを使って絞り開放で撮影した場合である。ボケ具合の違いを見ていただきたい。


NDフィルターを使わないと絞り込んでしまい背景がボケない


NDフィルター装着で同じシャッター速度でも絞りを開け背景をボカせる

ピントの芯を残したままソフトフォーカスを実現

せっかくなので、ソフトな描写が得られるK&F Concept「ブラックディフュージョン 1/1 フィルター」も借用した。これはソフトフォーカス効果が得られフィルターで、何かと解像度が高すぎる最近のカメラで女性ポートレートを撮影するのに最適なのだ。光を柔らかく拡散する効果もあり夜景の撮影にも威力を発揮する。小平氏によればポートレートには1/1では効果が強すぎるため、1/2か1/4がオススメとのことだ。

フィルターは樹脂製のハードケースに収められている

フィルターの表面は細かい水滴が付いているかのように見える

フィルターなしの夕景の点光源。絞り開放なのでピントが合っていない部分はやや柔らかい
OLYMPUS E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 1/30sec、F2.8、ISO200

フィルターを使うと点光源が、懐かしの白熱灯のようにボワッと柔らかい光に変身した
OLYMPUS E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 1/30sec、F2.8、ISO200

ビルの照明も滲んだような輪郭になり、全体がフワッとした感じになった
OLYMPUS E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 1/10sec、F2.8、ISO400

クルマのライトも口径が大きく、ぼんやりとして殺伐とした感じが抑えられた
OLYMPUS E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 1/25sec、F2.8、ISO400

滝の写真も水滴がキラキラ光って幻想的な雰囲気になる
FUJIFILM X-H1 XF16-55mmF2.8 LM 1/250sc、F6.4、ISO400

順光で撮った小平氏のポートレート。影が濃く、コントラストが強い
FUJIFILM X-H1 XF16-55mmF2.8 LM 1/2000sec、F2.8、ISO400

ブラックディフュージョンフィルターを使えば光が和らぎ描写がソフトになる
FUJIFILM X-H1 XF16-55mmF2.8 LM 1/2000sec、F2.8、ISO400

写真・文/ゴン川野

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。