小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

金属を自由自在に操る魔術師たちの華麗なテクニックに釘付けになるNetflixのリアリティ番組「メタルショップ・マスター」

2021.09.26

タトゥー彫り師、ガラス職人、バーベキューの達人、メイクアップアーティスト……。

Netflixには、様々な職人芸にスポットを当てた面白いリアリティ番組がたくさんある。

今回ご紹介するのは、金属を自由自在に操り、素晴らしい作品を産み出すメタル・アーティスト。

2021年9月10日より独占配信中の『メタルショップ・マスター』は、溶接の技術と芸術的センスを競うNetflixシリーズ。

あらすじ

全米から集まった7名の凄腕溶接職人たち。

自分自身のアバター、バーベキューグリル、オリジナル楽器、影絵アート、“破滅後の世界でもサバイバルできるタフな車”など、毎回ユニークなお題が出される。

第6話の決勝戦で優勝した職人は、メタルショップ・マスターの称号を授与され、5万ドルの賞金を獲得する。

審査員は、アメリカ溶接協会主査のステファニー・ホフマン、MADERO/CO.オーナーで世界的デザイナーのデヴィッド・マデロ。

見どころ

溶接職人たちの製作スタイルはさまざまで、コンピューターを用いた最新技術に精通している人もいれば、昔ながらの手作業にこだわる人も。

灼熱の工房で火花と金属片を散らし、大量の汗を流しながら、真剣な表情で金属と格闘する職人たち。

無機質な金属に魂を吹き込み、独創的で美しい作品を次々と産み出す姿は、とても輝いている。

そして職人たちが溶接に出会った時のエピソードも、製作過程と同じぐらい“アツい”。

依存性だった両親の元を飛び出し10代でシングルマザーになった女性、幼い息子を交通事故で亡くした男性……みな溶接に助けられ、生きる糧と自分を表現する喜びを得ることができたのだという。

まさに“芸は身を助ける”のことわざ通り。

本作が気に入った人には、ぜひ併せてNetflixシリーズ『炎のガラスマイスター』もオススメしたい。

Netflixシリーズ『メタルショップ・マスター』
独占配信中

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。