小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

魔女に自作の怖い話を読み聞かせる少年の運命は!?サム・ライミが製作したNetflixのホラーファンタジー映画「ナイトブック」

2021.09.23

『スパイダーマン』シリーズ、『死霊のはらわた』シリーズのサム・ライミ製作!

2021年9月15日よりNetflixで独占配信中の『ナイトブック』はアメリカで製作されたファンタジー・ホラー映画。

監督は『ブライトバーン/恐怖の拡散者』のデヴィッド・ヤロヴェスキー。

J・A・ホワイトによる同名小説(児童書)が原作。

あらすじ

怖い話が大好きな少年アレックス(ウィンズロウ・フェグリー)は、本を読むだけでは飽き足らず、執筆活動もしていた。

しかし何らかのトラブルが理由で、筆を折ってしまう。

その直後、アレックスは悪い魔女ナターシャ(クリステン・リッター)に捕まり、ナターシャの命令で毎晩自作の怖い話を読み聞かせることに。

「つまらなかったり怖くなかったりしたら、あんたは終わり」とナターシャ。

アレックスよりも前から捕らわれの身だった少女ヤスミン(リディア・ジュウェット)によると、「ナターシャを本気で怒らせたら殺されるより恐ろしい目に遭う」。

アレックスとヤスミンは、協力して脱出計画を練る。

見どころ

一応ジャンルはホラー映画だが、コメディとファンタジーの要素が強め。グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』にも似ている。

アレックスがホラー好きなのは、両親の影響。アレックスの両親がガイコツ模様のパーカーをペアルックで着用しながら、ホラー好きすぎる息子を心配しているのが笑える。

ナターシャは世界中で子どもをさらっている恐ろしい魔女で、怖い話やバッドエンドの話が大好き。とても美しいが、暴君のような性格をしている。

自作のホラー小説を読み聞かせることになるが、その内容について毎回痛烈なダメ出しを受けるアレックス。

とくにナターシャが我慢ならないのは、心暖まる感動的な展開とハッピーエンド。

うっかりハッピーエンドを読み聞かせると、ナターシャの逆鱗に触れて恐ろしい目に遭うことに……。

見張り役の猫レノーアはナターシャに告げ口したり嫌がらせをしてくる意地悪な猫だが、徐々にアレックスたちに気を許すようになり、とても可愛い。

子どもの冒険心や想像力を掻き立てる不思議な物語は、親子で一緒に観賞するのに最適だ。

Netflix映画『ナイトブック』
独占配信中

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。