小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もはや格闘技!?ワイルドなのに奥が深いNetflixの料理バトル番組「アメリカンバーベキュー最強決戦!」

2021.09.25

アメリカ人としてのプライドをかけてバーベキューの達人たちが対決する、ワイルドな料理番組。

Netflixシリーズ『アメリカンバーベキュー最強決戦!』は、2020年9月よりNetflixで独占配信中。

あらすじ

全米から集まった8人の参加者が、バーベキューの技術を競う。

各エピソードごとに課題が出され、毎回ベスト&ワーストが発表される。

最終的に1対1の対決で勝った者が、バーベキューチャンピオンの称号を手にする。

審査員は、過去7度も世界チャンピオンに輝いた“ミシシッピのバーベキュー女王”ことメリッサ・クックストン、テキサス流バーベキューを世界に伝えたバーベキューマスター“ビッグ・ケヴ”ことケヴィン・ブラッドソー。

司会はラトリッジ・ウッドとバーベキュー好きコメディアンのリリック・ルイス。

見どころ

料理対決番組といえば、洗練された繊細な盛り付けや味付けを競うイメージがあるかもしれない。

しかし本作で大事なのは、ワイルドであること、そして豪快であること。

男性の腕力でも苦戦する豚の丸焼きを綺麗に焼き上げる“ミシシッピのバーベキュー女王”は、女性参加者たちの憧れの存在。

ある男性参加者は、「俺はワニのしっぽも、ヤギや豚も丸ごと焼いたぜ」と自慢気に語る。

女性陣も「男どもを追い出そう」「女だからってナメないで」と闘争心をメラメラ燃やしている。

要は、「つよそう」じゃないと話にならないのだ。

参加者たちは、皆揃って屈強な見た目をしている。

もはや格闘技と言ってもいいかもしれない。

バトルで腕前を試されるのは、豚や牛などお馴染みの肉や、いつも作っている得意の家庭料理ばかりではない。

ワニやアライグマやイグアナなどの野生動物や、初めて見る外国の調理器具を出されても、美味しく調理しなければ“真のバーベキューの達人”とは言えないらしい。

日本からは、焼き鳥焼き器と備長炭、土鍋、石焼きプレートが課題として出される。

それにしても、バーベキューがこんなにも奥深い料理だったとは……。

アメリカン・バーベキューの真髄が学べる番組としてぜひオススメしたい。

Netflixシリーズ『アメリカンバーベキュー最強決戦!』
独占配信中

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。