小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

おさえておきたいDeFi、ステーキング、IEO、STO、仮想通貨に関連する4つのキーワード

2021.10.24

仮想通貨から派生した新たな資産や仕組みには、様々なものがある。その中でも仮想通貨投資をする人に、絶対知っておいてもらいたいキーワードを4つ選んだ。どれも相場に影響するものばかりだが、技術用語が含まれていて理解が難しそうなので、わかりやすくまとめてみた。

【1】IEO(Initial Exchange Offering)

イニシャル・エクスチェンジ・オファリング

IEO

企業などが仮想通貨を新規発行する際、直接投資家とやりとりせず、仮想通貨取引所を仲介して投資家を募る方法。直接投資家とやりとりする場合はICOというが、詐欺仮想通貨プロジェクトが横行したため、このリスクを排除するとともに発行後は仲介した仮想通貨取引所での取引が可能になる利便性もある。

【2】DeFi(Decentralized Finance)

ディセントラアイズド・ファイナンス

DeFi

日本語では「分散型金融」という。銀行や証券会社などの金融機関を通さずに貸金や資産運用などの金融サービスを実現する仕組み。ブロックチェーンの特徴を生かし、記録する取引データの高い透明性によって信用担保ができて、中央管理者が不要に。また取引手数料が割安にできるメリットもある。

【3】STO(Security Token Offering)

セキュリティー・トークン・オファリング

STO

「セキュリティー」は証券という意味で、企業の株式や不動産などの資産を裏づけに発行される価値の証明書である。これをブロックチェーンの技術でトークン化して投資を募るのがSTO。企業が直接投資家を募るほか、証券会社が仲介して投資家を募ることができる。仮想通貨取引所はSTOを扱えない。

【4】ステーキング

ステーキング

仮想通貨の売買でなく、保有することで報酬を得る仕組み。マイニングの代替え手段と言われ、対象となる仮想通貨のブロックチェーンのオペレーションに参加することで報酬を得る。売却せず、持ち続けることで利益を得られるため、仮想通貨の世界に「インカムゲインで利益を得る」という発想が生まれた。

もっともわかりやすい「仮想通貨の教科書」!
『DIME MONEY 仮想通貨の新常識』各電子書店で好評発売中!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

より詳しく、わかりやすく「米国株」の賢い買い方や資産の殖やし方を解説!
『DIME MONEY vol.1 本当に儲かる米国株の買い方』も各電子書店で好評発売中です!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。