小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

EVシフトで注目が集まる「パワー半導体」とは?

2021.09.24

世界各国の主要自動車メーカーがしのぎを削る、電気自動車(EV)の開発競争。こうした中、EVを動かすモーターのエネルギー効率を改善する『パワー半導体』に注目が集まっている。

そんな『パワー半導体』についてこのほど、三井住友DSアセットマネジメントが以下のレポートをまとめた。

EVの省エネに欠かせない『パワー半導体』

EVに搭載された巨大なバッテリーには、「直流」の電気が蓄えられている。これを「交流」に変換した上で電流の周波数を調整し、EVを駆動するモーターの回転速度をコントロールするのが『パワー半導体』の役割だ。

理論上、必要な動力(電力)はモーターの回転速度の三乗に比例する。簡単に言うと、モーターの回転速度を2割落とすと、消費電力を約半分に削減することができる。つまり、『パワー半導体』を使いモーターの消費電力を抑えることで、同じ容量のバッテリーでもEVの「航続距離」を伸ばすことができるのだ。

EVシフトで需要が拡大する『パワー半導体』

国際エネルギー機関(IEA)によると、2020年に登録されたEVの台数は世界で3百万台となり、前年比41%の増加となった。また、現在公表されている各国政府の環境対策を積み上げた「公表政策シナリオ」では、EVの年間登録台数は2030年には19.2百万台、2040年には27.9百万台まで急増するものと予測されている。

今後EVシフトが急速に進むことで、『パワー半導体』の需要も大きく拡大することが見込まれている。2018年に320億ドル(約3兆5,200億円)だった世界の『パワー半導体』の市場規模は、2030年には556億ドルまで拡大するとの報道もある。

関連メーカーに積極投資の動き、新技術の動向には注意を

日本には三菱電機や富士電機など世界のトップ10に入る『パワー半導体』メーカーが複数あるが、EVシフトへの期待感や積極的な『パワー半導体』の増産投資の動きから、関連銘柄は今後も注目を集めそうだ。

ただし、海外の競合大手は大口径のシリコンウエハーを使った生産コストの低減や、新素材を使った省エネ性能に優れる新しい『パワー半導体』への投資を積極化させており、競争環境の変化には注意が必要だ。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp


構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。