小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内旅行は1泊2日より連泊するほうがお得になる理由

2021.09.19

海外旅行で編み出した旅行の滞在時間当たりのお得理論

筆者はかつて、海外旅行ジャーナリストとして、単行本やムック、海外旅行専門誌を手掛けていたことがあり、世界中のホテル、リゾートに滞在していた経験がある。

そこで気づいたある理論が、チケット代の高い、早い時間に日本を出発し、早い時間帯に現地に着き、遅い時間に現地を出発する旅程のほうが、実はお得というものである。理由は、滞在1時間あたりのコストが、結果的に安くなり、現地で楽しむ時間が増えるから。現地到着時間が早ければ、ランチの機会が1回増え、現地出発時間が遅ければ、ランチどころか、ディナーを楽しむ機会さえ増えるというわけで、時間的余裕と楽しみが生まれるのである。


パームスプリングスのプール付きコテージにて


すごい海外旅行術

国内旅行では連泊がお得で充実する

今、海外旅行に出かけるのは難しいタイミングであり、旅行好きにとっては、安全・安心に配慮した国内旅行が楽しみになっているはずだが、国内旅行でも、同じような理論が成立する。それは、1泊より連泊のほうが、お得で圧倒的に充実した旅行が可能になるということ。

その理由は、やはり、滞在1時間あたりのコストと、時間的余裕、それによる楽しみ、ゆとり、満足感の増大である。では、具体的に説明しよう。1人、12日、2食付きで2万円の宿に泊まるとしよう。チェックインは午後3時が一般的で、チェックアウトを翌午前11時とする。すると、滞在時間は20時間であり、1時間あたりのコストは1000円である。一方、2泊すると、滞在時間は44時間となる。2日目の11時にチェックアウトする必要がなく、そのぶんの4時間(11時から15時まで)が、プラスされるのである。2泊であれば、料金は4万円になるものの、滞在1時間あたりのコストは約909円と、10%近く安くなる(チェックアウトが10時だとさらにお得!!)

それだけではない。1泊の滞在だと、チェックイン→すぐに夕食、翌朝は朝食後、バタバタでチェックアウトの準備・・・という流れになる。ゆっくりできるのは、ほぼ初日の夕方以降のみである。クルマの運転主からすれば、やっとたどり着いて、またすぐ翌朝、運転することになる。女性であれば、限られた時間内にいろいろやることだらけで、むしろ疲れてしまうかもしれない。

しかし、連泊であれば、朝食後もゆったり。荷物をまとめる必要はなく、ホテルでのんびりするのもいいし、外に出て手ぶらで観光することもできる。軽井沢などのホテルでは、レンタル自転車もあり、徒歩やクルマでは味わえない空気感、景色を堪能することもできる。

連泊なら夜の過ごし方も変わり、食事にも大満足

夜、バーで1杯やるにも、部屋で1杯やるにしても、気分がまったく異なるではないか。そうした余裕、楽しみは、1泊ではまず味わえないと言っていい。そもそも、チェックインした段階での気持ちの持ち方が違ってくるのである。

また、連泊の場合、夕食のメニューが変わるのが普通。1泊では出会うことのできない食材、連泊メニューで、舌鼓を打てるかもしれない。そうしたゆとり、楽しみを含めれば、1時間あたりのコスト以上の、お得感、満足感が得られるというわけである。お風呂自慢の宿なら、つかる回数も劇的に増えるはずである。

連泊割引があるホテルなら、なおさら、と言っていい。もちろん、1泊より2泊のほうが、トータルの出費はかさむのだが、旅行という非日常を存分に堪能するには、旅行のプロからすれば、ゆとりある時間をいかに過ごせるか否かが大きなポイントになる。

サプライズの連泊プランもいい

ここだけの話、筆者は「サプライズ」として2泊目をこっそり用意することがある。朝、バタバタしそうになっている相手に、「実は2泊するんだよ」と告げれば、驚きと喜びが沸き上がるはずだ(2泊分の用意をしていない、と怒られるかもしれないが、近くに必要なものを売っているお店があればほぼ解決する)。ホテル朝食も、よりゆったりと味わい、楽しみ尽くすことができるだろう。

秋は絶好の旅行シーズン。1泊ではなく、連泊でこそ得られる旅行の醍醐味、楽しさをぜひ味わっていただきたい。

 ・写真/青山尚暉

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。