小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

紅葉の見頃予想、関東平野部と西日本の山沿いは平年より遅めか

2021.09.19

2021年「第一回紅葉見頃予想」

ウェザーニューズは、「第一回紅葉見頃予想」を発表した。

見頃時期:広い範囲で平年並だが、関東平野部と西日本の山沿いは平年より遅い予想

葉が色付く時期は秋の気温と深く関係しており、気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなる。今秋は、北日本や東日本で9月前半の気温が平年に比べて低かった影響で標高が高い山では色付きが進んでおり、平年より早く見頃を迎える見込み。

ただし、北日本や東日本は10月から11月にかけて気温が高い傾向となるため、平野部では平年より遅い見頃を迎える予想。西日本は10月の気温が平年より高い傾向となるため、山沿いでは平年よりも見頃が遅くなりそうだ。一方、11月になると気温が平年並で推移し、平野部では平年並の見頃を迎えるところが多い見込み。

豪雨・猛暑・台風の影響は?:影響はなく、葉の状態は昨年より良好

夏の天候は葉の育ち具合や痛み具合を左右し、色付きの良さに影響を与える。今夏は北日本の記録的な暑さや日差しの多さ、西日本や東日本では太平洋側を中心とした前線による大雨の影響が懸念された。

そこで、スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」を通じて8月30~31日に葉の状態を調査し、全国1,135人に回答をもらった。

全国的に「葉っぱの大きさ」は概ねそろっており、「葉っぱの形」は昨年より良い傾向にある。懸念していた暑さや大雨による影響は見られず、今年は鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

8月上旬には台風9号が西日本に上陸・通過し、九州・中国地方からは雨風の強まりによる倒木などの被害報告があった。全体の鮮やかさを大きく損なうほどではないが、一部の色付きに影響する可能性がある。

鮮やかさ:今後の台風進路に注意も、周期的な天気の変化で順調

葉が鮮やかに色付くためには、夏の天候だけでなく秋に適度な日差しと雨があり、気温がしっかりと下がることが必要。

今秋の東日本と西日本は、10月下旬以降は天気が周期変化する予想だ。葉が鮮やかに色付くために必要な日差しや雨、朝晩の冷え込みが十分に見込めるため、11月頃に見頃を迎える平野部を中心に鮮やかな紅葉が期待できそう。

ただし、9月下旬から10月中旬にかけては台風や低気圧、前線の影響で、10月頃に見頃を迎える標高が高い山では、鮮やかさが控えめになる可能性がある。

北海道:大雪山系では平年並だが、多くの名所では見頃が遅れる

北海道では、今夏の気温は平年に比べて高くなった。一方、9月以降は上空に寒気が流れ込み、気温は平年よりもやや低く推移している。このため、大雪山系では既に色付きが進み、平年並の時期に見頃を迎えている。今後11月にかけては気温が平年よりも高い予想で、9月下旬以降に見頃を迎える多くの名所で平年より遅い見頃を迎える見込み。

葉の色付きについては、10月を中心に天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため10~11月に見頃を迎える名所では、鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

東北:標高の高い山で見頃は早まるが、広い範囲で平年より遅い見頃となる予想

東北では、今夏は高気圧に覆われて日本海側を中心に晴れた日が多く、気温も高くなった。一方9月以降は上空に寒気が流れ込み、気温は平年よりも低く推移している。このため、標高が高い山では既に色付きが始まっており、平年より早い時期に見頃を迎える予想。今後11月にかけては気温が平年より高くなるため、平野部を中心に多くの名所で平年より遅い見頃を迎える見込みだ。

葉の色付きについては、10月を中心に天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため10~11月に見頃を迎える名所では鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

関東・甲信:11月にかけて気温が平年より高く、見頃は平年より遅れる予想

関東・甲信では、11月にかけての気温が平年より高くなる予想。このため、多くの名所で平年より遅い見頃を迎える見込み。葉の色付きについては、10月下旬以降は天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため11月頃に見頃を迎える平野部を中心に、鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

北陸:標高の高い山で見頃は早まるが、広い範囲では平年並か遅れる予想

北陸では9月以降、気温が平年より低い傾向が続いている。立山の室堂平(富山)など標高が高い山では既に色付きが進んでおり、平年より早い見頃を迎える見込み。9月下旬から10月にかけては気温が平年より高く、多くの名所で見頃が平年より遅くなる。11月の気温は平年並の予想で、平野部では平年並の見頃を迎える見込みだ。

葉の色付きについては、10月下旬以降は天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため11月頃に見頃を迎える平野部を中心に、鮮やかな紅葉が期待できそう。

東海:山沿いでは見頃が遅れるが、平野部では平年並の見頃となる予想

東海では、10月にかけての気温が平年より高く、山沿いでは平年より遅い見頃となる予想。一方、11月の気温は平年並の予想で、平野部では多くの名所で平年並の時期に見頃を迎える予想。

葉の色付きについては、10月下旬以降は天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため11月頃に見頃を迎える平野部を中心に、鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

近畿:山沿いでは見頃が遅れるが、平野部では平年並の見頃となる予想

近畿では、10月にかけての気温が平年より高く、山沿いでは平年より遅い見頃となる予想。一方、11月の気温は平年並の予想で、平野部では多くの名所で平年並の時期に見頃を迎える見込み。

葉の色付きについては、10月下旬以降は天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため11月頃に見頃を迎える平野部を中心に、鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

中国・四国:山沿いでは見頃が遅れるが、平野部では平年並から早い見頃に

中国や四国では、10月にかけての気温が平年より高く、山沿いでは平年より遅い見頃を迎える予想。一方、11月の気温は中国で平年並、四国で平年より低い予想。このため、中国では平年並みの見頃、四国では平年より早い見頃を迎える予想だ。

葉の色付きについては、10月下旬以降は天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため11月頃に見頃を迎える平野部を中心に、鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

九州:山沿いでは見頃が遅れるが、11月には平野部で見頃に

九州では、9月から10月にかけて気温が平年よりも高く、標高が高い山では平年より遅い見頃を迎える予想。一方、11月の気温は平年並の予想で、平野部を中心に平年並の見頃を迎える見込み。

葉の色付きについては、10月下旬以降は天気が周期変化して、葉が鮮やかに色付くために必要な日差しと雨が見込める。このため11月頃に見頃を迎える平野部を中心に、鮮やかな紅葉が期待できそうだ。

関連情報:https://weathernews.jp/s/koyo/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。