小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

取得したいナンバープレートの地名TOP3、3位横浜、2位富士山、1位は?

2021.09.19

エイチームライフスタイル「ナンバープレートの表示に関する新基準の実態」調査

エイチームライフスタイルは、中古車一括査定サイト『ナビクル』において、法改正により2021年10月1日から適用されるナンバープレートの表示に関する新基準の実態を調査しました。

ナンバープレートの新基準が適用されることを知らないと答えた人は6割以上

法改正により、2021年10月1日以降に登録される車を対象に、ナンバープレートの取り付けや表示に関する新基準が適用されることを知っているか質問したところ「いいえ」と答えた人が64.1%となり、6割以上を占めた。ナンバープレートの新基準について知らないという人が多いことが見て取れる。​

ナンバープレートの新基準は一般に認知されていないという買取業者は約9割

続いて、車買取業者に対してナンバープレートの表示に関する新基準は一般に認知されていると思うか質問したところ、「あまり認知されていない」という回答が27.8%、「全く認知されていない」という回答が61.1%となった。約9割の車買取業者が、新基準が一般の人に認知されていないと感じていることがわかった。

日々の点検を行なうべきという車買取業者は4割以上

車買取業者に対して、ナンバープレートの新基準を満たすために車の登録(購入)後に気を付けるべきことについて質問したところ、「日々、点検を行う」という回答が44.4%、「きちんと車検に出す」という回答が38.9%、「今使っているカスタムパーツ等を見直す」という回答が33.3%、「パーツを購入する際は、店員に相談する」という回答が27.8%という結果になった。

ナンバープレートカバーの装着違反が多いという車買取業者は約4割

現状でナンバープレートの違反が多いものについて質問したところ、「ナンバープレートカバーをしている」という回答が38.1%、「ナンバープレートを折り曲げている」という回答が19%となり、ナンバープレートにカバーを装着している違反が多いと感じる車買取業者が約4割を占めていることがわかった。

ナンバープレートに手を加えたことがあると答えた人は約3割

車を所持したことがある人に対しナンバープレートに手を加えたことがありますかと質問したところ、「はい」と回答した人は29.2%となり、約3割がナンバープレートになんらかの手を加えたことがあると明らかになった。

ナンバープレートに何らかの装飾を付けたことがあると答えた人は3割以上

前問にて「ナンバープレートに手を加えていたことがある」と回答した人に対して、ナンバープレートのどの部分に手を加えたのかを質問した。最多の回答は「ステッカーやフレームを付けた」46.9%、次いで「ナンバープレートカバーをした」34.3%という結果になった。

ナンバープレートに手を加えたことがあると答えた人のうち、ナンバープレートにステッカーやフレーム、カバーなどの装飾を付けたことがある人は3割以上いることがわかった。

自分の好みにしたかったという理由でナンバープレートに手を加えた人が約4割

また、「ナンバープレートに手を加えたことがある」と回答した人に対して、ナンバープレートに手を加えた理由を質問したところ、「自分の好みにしたかった」と言う回答が39.7%、「かっこいいから」という回答が26.5%、「他の車と差別化したかった」という回答が19.4%。

ナンバープレートに手を加えたことがあると答えた人のうち、多くが車を自分好みにしたいという思いからナンバープレートに手を加えていることが見受けられた。

ナンバープレートに手を加えている車に運転中は近寄りたくないと答えた人が4割以上

ナンバープレートに手を加えている車をどう思うのか質問したところ、「運転中は近寄りたくない」という回答が44.5%、「危ないと思う」という回答が22.9%となり、手を加えている車に対してあまり良い印象はないことが明らかになった。

取ってみたいナンバープレートの地名は「湘南」が1位

取ってみたいナンバープレートの地名について質問したところ、最も回答が多かったのは「湘南」となった。次いで、2位「富士山」、3位「横浜」、4位「品川」、5位「神戸」、6位「大阪」、7位「京都」。3位から7位は中心都市に近い地名が上がっており、都会への憧れが調査結果にも表れていることがわかる。

まとめ

令和3年10月1日から適用されるナンバープレートの表示に関する新基準についての調査の結果、6割以上のユーザーがナンバープレートの表示に関する新基準について知らないことが明らかになった。また、約9割の車買取業者は新基準がお客様に知られていないと感じていることがわかった。

調査概要
<ユーザーへのアンケート調査>
調査方法:中古車一括査定サイト「ナビクル」で車査定の申込をしたユーザーを対象にアンケート調査を実施
調査期間:2021年8月6日~8月17日 調査エリア:全国 サンプル数:918件
<車買取業者へのアンケート調査>
調査方法:中古車一括査定サイト「ナビクル」の協力会社である車買取業者を対象にアンケート調査を実施
調査期間:2021年8月6日~8月17日 サンプル数:18社
URL:https://www.a-tm.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。