小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

劇的に進化!フルディスプレイ搭載で5Gに対応した「iPad mini」の買い得度

2021.09.19

2021年9月15日(日本時間)、アップルが新製品発表イベントを開催し、多数の最新デバイスをお披露目しました。もちろん注目は「iPhone 13」シリーズですが、大きく進化した「iPad mini」や「iPad」からも目が離せません。

iPhone 13シリーズの詳細については別の記事で紹介するとして、今回はデザインを刷新し使い勝手を向上させた「iPad mini」と、手に取りやすい価格で発売される「iPad」、最新機能を多数搭載した「Apple Watch Series 7」について確認していきましょう。

シリーズ内最安値の「iPad」は処理性能の向上とインカメラ強化が特徴!

「iPad」は今回で第9世代となり、多数ある現行のiPadシリーズの中でも最も安価な製品となります。内蔵CPUは「A13 Bionic」を採用し、処理速度は前モデル(第8世代iPad)と比較して最大20%高速となります。

スマートフォンと違い、タブレットはビデオ通話/会議に用いる機会が多いことを考えると、背面カメラと共にインカメラの性能も大切。最新iPadのインカメラは解像度12MPの超広角レンズで、「iPad Pro」に搭載された「センターフレーム」機能に対応します。

「センターフレーム」機能は、被写体の動きに合わせて画角を自動的に調整するもので、複数人でビデオに映る際にもいちいち角度の調整を自ら行わなくても良くなります。

また、エントリーモデルのiPadとしては初となる「True Tone」機能も搭載。これは周囲の明るさに合わせてディスプレイ輝度を自動調節する機能です。ディスプレイサイズは10.2インチで、「Apple Pencil(第1世代)」にも対応しています。

カラーバリエーションは「スペースグレイ」と「シルバー」の2色。ストレージも2サイズ用意されており、Apple Storeでの販売価格は64GBモデルのWi-Fiモデルが3万9800円、Wi-Fi+Cellularモデルが5万6800円。256GBモデルのWi-Fiモデルは5万7800円、Wi-Fi+Cellularモデルは7万4800円となっています。

すでに予約受付を開始。発売は2021年9月24日となっています。

「iPad mini」はデザイン刷新! フルディスプレイになって使い勝手が超向上!?

iPhoneシリーズも含め、今回の発表会にてデザインが最も大きくアップデートされたのが「iPad mini」です。前モデルではホームボタンを搭載していましたが今回から廃止。フロント部分全体がディスプレイとなりました。

ディスプレイサイズは8.3インチ液晶。これまでホームボタンで行っていた「Touch ID」はトップボタン(電源ボタン)に搭載し、充電はLightningからUSB Type-Cに変更となっています。

プロセッサには「A15 Bionic」を採用。CPUの処理性能は前モデルと比較して最大40%、GPU性能は最大80%も向上しているとのことです。機械学習機能も前モデル比で2倍高速となり、より速い演算処理を実現しています。

また、最新の「iPad mini」では「Apple Pencil(第2世代)」にも対応。本体の右側に磁石で取り付けられるようになっており、取り付けた状態で充電も行います。

もう1点大きな進化ポイントとして挙げられるのが、Wi-Fi+Cellularモデルでは5G通信にも対応したという点でしょう。また、eSIMにも対応しています。

カメラは背面/インカメラともに12MP。インカメラは「iPad」と同様に超広角レンズとなっており、「センターフレーム」機能も利用可能。スピーカーはステレオ再生にも対応しています。

カラーバリエーションは「スペースグレイ」「ピンク」「パープル」「スターライト」の4色。ストレージは64GBと256GBの2モデルから選択可能で、Apple Storeでの販売価格は、64GBモデルのWi-Fiモデルが5万9800円、Wi-Fi+Cellularモデルが7万7800円。256GBモデルはWi-Fiモデルが7万7800円、Wi-Fi+Cellularモデルが9万5800円。「iPad」と同様に予約受付中で、発売は2021年9月24日となっています。

歴代最大のディスプレイサイズを誇る最新「Apple Watch Series 7」も登場

スマートウォッチシリーズとしては、「Apple Watch Series 7」が登場。前モデル「Apple Watch Series 6」と比べると、本体サイズはほぼ同等ながら、画面の縁を1.7mmと細く設計し、曲面加工を施すことでディスプレイサイズが約20%大型化。「Apple Watch Series 3」と比べると50%以上も大きくなっています。

左が「Apple Watch Series 6」、右が「Apple Watch Series 7」

ディスプレイサイズが大きくなったことで、前モデルと比較すると最大50%多く文字を表示でき、英語配列のキーボードによる文字入力にも新たに対応しました。各ボタンもこれまでより大きく設計されているとのことです。

左が「Apple Watch Series 6」、右が「Apple Watch Series 7」

また、これまでのApple Watchでは「常時表示」をオンにしていても、手首を下げた状態ではかなり画面が暗く表示されていましたが、これも改善。前モデル比だと約70%明るい状態で表示されます。

バッテリー駆動時間は18時間。充電は前モデルから最大33%高速化し、45分の充電で0%から80%まで充電できるようになっています。

耐久性も強化されており、Apple Watchシリーズとしては初のIP6Xの防塵に対応。50メートル防水にも対応しています。

今回発表された新製品の中では唯一発売が遅く、2021年秋ごろを予定。日本での販売価格は未定ですが、グローバルでは399ドルからとなっています。

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。