小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ずっと無言の犯人が怖すぎる…Netflixのサスペンス映画「デッドリー・ハンティング」の見どころ

2021.09.19

姿が見えない、声も聞こえない人間から狙われる恐怖。

Netflixで2021年9月10日より独占配信中のNetflix映画『デッドリー・ハンティング』は、ドイツで製作されたサスペンス映画。

あらすじ

国立公園の大自然の中で、散策を楽しんでいた5人の男性グループ。メンバーのひとりが結婚することになっため、友人同士“バチェラー・パーティー”として森で過ごすことにしたのだ。

しかし姿の見えない何者かによる銃撃を受け、恐怖と混乱に陥る。

5人が乗ってきた自動車もタイヤがパンクさせられており、逃げることもできなくなったため、森の中に身を隠すことになるが……。

見どころ

結婚直前なのに職が決まらないなど、一見楽しそうに見えてそれぞれ複雑な事情を抱えている5人。

一応気の置けない友人同士ということだが、冒頭からどこか横柄で不誠実な印象を視聴者に与える。

森の奥深くには、なぜか子ども用の小さなぬいぐるみやアクセサリーなど、意味深な小物が落ちている(置かれている?)。

間に挟まれる回想シーンも併せて、犯人の動機を推理してみよう。

本作では、犯人の姿も見えず声も聞こえないことが、怖さに拍車をかけている。

途中から犯人が現れても、ずっと無言&無表情のままなのがかなり不気味だ。

誰が何の目的で5人を銃撃しているのか、怨恨なのか愉快犯なのか。

無言のまま執拗に男性たちを攻撃する犯人の動機は、最後に明かされる。

似た作品としては、真冬のスウェーデンが舞台のNetflix映画「赤い光点」があるので、ぜひ併せて観てみてほしい。

Netflix映画『デッドリー・ハンティング』
独占配信中

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。