小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

懐かしい街並みも楽しめる「Googleアースプロ」の便利な使い方

2021.09.09

3Dでマップの確認ができるGoogleアースプロをご存知でしょうか。PCでは無料でインストールでき、データがある地域であれば、過去の航空写真を楽しむめ、目的の場所を仮想体験できます。今回はそんなGoogleアースプロの基本的な使い方を紹介。

昔暮らした懐かしい町並みや風景を楽しんでください。

PCでGoogleアースプロを使うには?  まずはダウンロード!

PCでGoogleアースプロを使うには最初にソフトをインストールしましょう。Windows 、Mac または Linux 版は無料配信されています。

※今回説明に使用したデバイスはHUAWEI Matebook X(Windows 10)です。

【参照】Google Earthプロ

上の参照リンクにアクセスしたら、利用規約などをよく読み「同意してダウンロード」をクリック。Googleアースプロのダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したらファイルを開いて表示にしたがってインストールしましょう。セットアップが完了すると以下のようにデスクトップにGoogleアースプロのアイコンが表示されるはずです。

なお、以上はWindows版のインストール方法です。Mac版Googleアースプロのインストールの手順は以下のとおりです。

1:「GoogleEarthProMac-Intel.dmg」を開きます。
2:「Install Google Earth Pro.pkg」ファイルを開き、表示にしたがってインストールします。
3:「Google Earth プロ]」をダブルクリックします。無事、Googleアースプロをインストールできたら、実際に使い方をチェックしていきましょう。

【参照】Google Earth プロのインストールとアンインストール

GoogleアースプロはPCならWEBでも楽しめる?

Googleアースプロは無料のソフトですが、ブラウザ(WEB)でも「Googleアース」を楽しめます。

ただし、Googleアース(WEB)の場合、一部の機能が使えません。

例えば、Googleアースプロの場合、地球以外にも火星の衛星写真をチェックできたり、太陽の位置を表示できます。ほかにもGoogleアースプロでは様々な機能が搭載されていますが、インストール前にその使い心地をチェックしたいという方は、先にブラウザ(WEB)でGoogleアースを楽しんでみても良いでしょう。

Googleアースプロの使い方

Googleアースプロを起動すると、上の写真のような画面が表示されます。Googleアースプロは多機能で、画面上にも様々なボタンが表示されているため、最初は複雑に思うかもしれません。しかし、操作に慣れてしまえば使いこなしは簡単です。

今回はGoogleアースプロの豊富な機能ではなく、基本的な使い方をご紹介するため、ぜひご参考ください。

まず、表示された地球儀を動かしてみましょう。地球儀をクリックしたままマウスを左右上下に動かしてみると、地球儀を好きな方向に回すことができます。

地球儀を動かしたらマウスのホイールを回転させてみましょう。すると地図の拡大/縮小ができます。また、キーボードの矢印キーや画面右上に表示されているアイコン(上写真参考)でも操作可能です。

Googleアースプロで懐かしい過去の航空写真データが見られる!

それではいよいよ本題! Googleアースプロを使って、過去の航空写真データを楽しんでいきましょう。

まずはGoogleアースプロを起動して、過去の航空写真を確認したい地域を表示してください。今回は例として「東京スカイツリー」付近の写真でチェックしていきます。

目的地を表示したら、画面上部にある時計のマークをクリックしてみます。すると以下の写真のようにシークバーと年月が表示されます。ポインタが右端(最新)にあるはずなので、こちらを左側(過去)に動かしてみましょう。

すると下の写真のとおり、1997年12月時点の東京スカイツリー付近の写真など、過去の画像を表示できます。

このようにGoogleアースプロを使えば、昔なつかしい航空写真を眺めることができるのです。ただし、過去の航空写真データがない地域では、この機能は使えません。

Googleアースプロはスマホでもアプリ版で楽しめる?

Googleアースプロというアプリは配信されていませんが、「Googleアース」アプリはiPhoneやAndroidスマホでもインストールして楽しめます。

※下写真はiPhone SE 第2世代(iOS14.7.1)を利用したものです。Android版でも大きな差はないため、ご参考ください。

こちらは基本画面になります。画面右下にある◯マーク(矢印)をタップすると、現在位置を表示できます。

人のマークをタップするとストリトートビューといって、データのある地域であれば町並みや風景を擬似体験できます。ストリートビューのデータがある場所はマップ上で青く表示されます。

また、画面下部の「3D」をタップするとマップが真俯瞰でなく、少し斜めからの写真に切り替わります。建物などを立体的に表示したい場合は試してみてください。

※データは2021年8月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。