小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10月からの決済利用料有料化でPayPayはどう変わる?

2021.09.04

スマートフォン決済大手のPayPayは、「PayPayの新しい取り組みに関する説明会」を開催し、ビジネスの現状報告ならびに、今後の加盟店向け新サービスやキャンペーンについての発表を行なった。

PayPayの決済システム利用料は1.60%から

PayPayは、2021年9月30日まで無料としていた年商10億円以下の加盟店における決済システム利用料(以下、決済利用料)を、10月から有料化する。

1.決済利用料:1.60%または1.98%
2.初期導入費:0円
3.振込手数料:0円(月1回の振込の場合)

決済利用料は、通常時は1.98%。PayPayを利用しているユーザーに店舗独自の情報を配信できる「マイストア」機能のライトプラン(月額1980円)を契約すると1.6%になる。

これまで無料だった決済手数料が有料になることになるが、他スマホ決済サービスやクレジットカード会社などより手数料を抑え、業界最安水準にしたと強調している。

PayPayの「マイストア」とは?

画像引用元:PayPay

「マイストア」とは、PayPay上に店舗情報や、メニューや商品などの写真などを登録した「ストアページ」を持つことができる機能。

店舗のイベントやキャンペーンなどのお知らせを配信したり、PayPayアプリのMAP上にお店を表示したりすることができる。

作成したページのアクセス数や解析データも閲覧することができ、店舗をフォローするユーザーを分析し、集客に生かすことができる。

PayPayで決済をするとスタンプがたまる「スタンプカード」の機能も提供される予定。再来客促進でお店のファン化を見込む。

PayPayユーザーは、「ストアページ」へ評価とレビューを投稿することができる。別ユーザーのレビューなどを閲覧することで店舗の情報をチェックすることもでき、お気に入りのお店のフォロワーとして、常にお店の情報を仕入れることができる。

マイストア売上支援キャンペーン

さらに、PayPayでは、マイストア利用加盟店へ「売上支援キャンペーン」を展開する。

本キャンペーン実施期間中に、本キャンペーン対象の加盟店店舗で発生したPayPay決済額の3%が、後日PayPayから加盟店が指定する口座に振り込まれる。

画像引用元:PayPay

9月19日までに申し込むと6カ月間、10月19日までに申し込むと5カ月間、振り込まれる。

振込額の上限は、1法人または1個人あたり合計100万円まで。1回にまとめて2022年4月末から6月末ごろまでに順次実施、振込予定。

なお、マイストア「トライアルキャンペーン」として、初期費用と契約した月と翌月の月額利用料金を無料にするキャンペーンや、2021年9月30日までにPayPayマイストアのストアページを作成すると、店舗ごとに2000円がもらえるキャンペーンも実施されている。

街のお店応援キャンペーンも実施

PayPayは、街のお店の支援を目的としたキャンペーンなども強化する。

新型コロナウイルスが地域経済に大きな影響を与えていることを受け、日本全国の地域経済を活性化させていくため、また、引き続き加盟店にもユーザーにも寄り添ったサービスでありたいという思いから、「街のPayPay祭(まちのペイペイまつり)」を実施する。

画像引用元:PayPay

ユーザーが全国の加盟店で、PayPayを使って支払うと、支払金額の最大20%のPayPayボーナスが付与される。初めてPayPayを利用するユーザー、過去6カ月間PaPayを利用していないユーザーには、20%のPayPayボーナスを上乗せし、最大40%を付与する。

期間は、2021年9月13日から11月28日まで。付与上限は1000円相当/期間。

PayPayは追撃の手は緩めない

2021年6月17日にPayPayの登録ユーザー数は4,000万人を突破。

スマホ決済のなかでも、「PayPayのシェアは2/3」と強調。決済取扱高で68%、決済回数で66%となっている。

PayPay馬場一副社長は、「PayPayはどんどんやっていきます。追撃の手は緩めません」とアピールした。

スマホ決済サービスは、単なる決済サービスだけとしてだけでなく、店舗のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援、デジタルマーケティングなど、今後も様々な機能の拡張が期待できそうだ。

※データは2021年8月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/家計簿・家計管理アドバイザー あき
著書に「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖(講談社の実用BOOK)」「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」他 

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。