小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ahamoは海外で使える?渡航時のデータローミング、電話、SMSの使い方と注意点

2021.09.06

ahamo(アハモ)は、2021年3月にドコモがリリースした新しい料金プラン。月間データ容量20GBと5分間の国内無料通話がセットで月額2,970円と、リーズナブルな料金設定が人気を集めている。さらに海外でスマホを使用する場合、ドコモの他プランにはないahamo独自のサービスを提供しているため、「海外に強いスマホ」としてもチェックしておきたい。

本記事では、海外渡航時に役立つahamoの「海外ローミング」と通話・SMSサービス、海外でのahamoの使い方や注意点について解説する。

申し込み不要!追加料金なしで使えるahamoの「海外ローミング」

海外でスマホを使う場合、現地の通信事業者のネットワークを利用して日本の携帯電話会社の通信設備と接続し、データ通信を行う。この仕組みは海外ローミング(データローミング、国際ローミング)と呼ばれ、多くの携帯キャリアのスマートフォンで利用が可能だ。

ahamoも海外ローミングに対応しており、利用にあたって事前の申し込みも不要だ。20GBのデータ容量内であれば追加料金も発生しない。データ容量が20GBを超えた場合は速度制限(最大1Mbps)が発生するが、データ容量の追加購入(1GB・550円)することで解除できる。

ちなみに、ドコモの他の料金プランは、海外ローミングを利用するために「パケットパック海外オプション(1時間200円)」や「海外パケ・ホーダイ(1日2,980円)」を別途利用する必要がある。その点からも、申し込み不要・追加料金なしで利用できるahamoの優位性は高い。

ahamoの「海外ローミング」、設定方法と対象エリアは?

ahamoの海外ローミングは、スマートフォンの「データローミング」をオンにするだけですぐに利用できる。「設定」アプリの「モバイル通信(モバイルネットワーク)」をタップすると設定できるため、データ通信が必要になったタイミングでオンにしよう。

対応エリアは世界82の国と地域。公式サイトで対象エリアを検索可能だ。なお、ドコモの対応エリア(海外200の国・地域)とは異なる点に注意したい。

ahamoの「海外ローミング」を使用するときの注意点

利便性が高いahamoの海外ローミングだが、注意したい点もある。国外で最初にデータ通信を使用した日から15日が経過すると、速度制限(送受信最大128kbps)がかかる。こちらは20GBを超過した場合とは異なり、データ容量を追加購入しても制限が解除されない。また、スマホのデータローミングをオンのままにしておくと、Wi-Fi接続中であっても海外との通信が発生した際に20GBのデータ容量が使われる。スマホを使わないときはデータローミングをオフにするくせをつけよう。なお、海外での通話・SMSの月間利用額が5万円(もしくは設定した利用停止目安額)を超えると、海外データ通信も含めたサービスが月末まで停止される。利用停止はデータ容量を追加購入しても解除されないため、通話料の増加に注意したい。

電話番号はそのままで海外200以上の国と地域で通話・SMSが可能

ahamoでは海外200以上の国と地域で通話・SMS(ショートメッセージサービス)を使用できる。携帯電話番号もいつもの番号をそのまま使用可能。20GB以内であれば追加料金が発生しない海外ローミングとは異なり、所定の通話料・通信料はかかるが、対応エリアがデータ通信よりも広い点がメリットだ。渡航時には海外ローミングの方法と合わせてチェックしておこう。

ahamoの海外電話のかけ方は?

滞在先の国から日本の携帯電話や一般電話、同じ滞在国内の日本の携帯電話、滞在国以外の海外などへ国際電話をかけられる。それぞれの通話方法は以下の通り。

・海外から日本のケータイ、一般電話にかける場合

「+」「81(日本の国番号)」「相手先の電話番号」を入力し発信。日本向けの通話料がかかる。

※相手先の携帯電話番号、地域番号(市外局番が)0から始まる場合は、最初の0を除いて入力する(一部の国・地域を除く)。

※ドコモ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/content/voice/)より

・海外で日本のケータイを使用する相手(同行者など)にかける場合

「+」「81(日本の国番号)」「相手先の電話番号」を入力し発信。日本向け通話料がかかる。

・滞在国のケータイ、一般電話へかける場合

「相手先の電話番号」を入力し発信。滞在国内の通話料がかかる。

※ドコモ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/content/voice/)より

※上記の操作でつながらない場合は、滞在国の国番号を押してから相手先の番号をダイヤルする。

・海外から海外(滞在国以外の国)のケータイ、一般電話へかける場合

「+」「相手先の国番号」「相手先の電話番号」を入力し発信。通話先の国向けの通話料がかかる。

※ドコモ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/content/voice/)より

※相手先の携帯電話番号、地域番号(市外局番が)0から始まる場合は、最初の0を除いて入力する(一部の国・地域を除く)。

ahamoの海外SMSの送信方法は?

ahamoでは、海外から相手の携帯電話番号宛にSMSを送信可能。海外ローミングが利用できない地域でも、簡単なテキストメッセージを送信できるメリットがある。通話と合わせて使い方を覚えておこう。

・日本の携帯電話番号(日本のケータイ事業者)へ送る場合

「相手先の電話番号」を入力し送信する。通常のSMSの送信方法と同じ。滞在国から日本の携帯電話番号宛に送信する場合と、同じ滞在国内にいる日本の携帯電話番号(同行者など)宛に送信する場合は、いずれもこちらの方法となる。

※ドコモ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/content/sms/)より

・海外の携帯電話番号(海外のケータイ事業者)へ送る場合

「+」「相手先の国番号」「相手先の電話番号」を入力し送信。日本以外のケータイ事業者の携帯電話に送信する場合はこちらの方法となる。

※ドコモ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/content/sms/)より

ahamoで海外通話・SMSをする際の注意点は?

海外での通話は、相手からの電話を受ける場合も「着信料」が発生する。渡航先や機種によって料金は異なるため、ドコモの公式サイトでチェックしよう。なお、ahamoの5分間無料通話は海外利用は対象外で、「かけ放題オプション」も適用されない。SMSは送信時のみ1通100円の通信料がかかり、受信は無料。

また、海外ローミングの項でも解説した通り、海外での通話・SMSの月間利用額が5万円、もしくは設定した利用停止目安額を超過すると、当月末まで携帯電話サービスが利用停止となる。よほど長時間の通話をするのでなければ、利用停止目安額が超過するケースは多くないが、渡航中の通話・SMSのコストには気を配ろう。

文/oki

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。