小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

速度超過による事故低減のために欧州で義務化される運転制御システム「ISA」とは?

2021.08.22

ISA

 クルマの電動化や自動運転化など先進技術の進化が著しい。その中で、道路ごとの速度超過をドライバーに伝えて、警告したり、規制速度を超えないように自動的に速度が下がるように制御する車載型運転支援システムISA(Intelligent Speed Adaptation)に注目が集まっている。

 ISAには段階があって、最も簡単なものはドライバーへの伝達だ。走行中の道路の速度規制の標識看板をカメラで読み取ったり、高精度デジタル地図から引用してメーターやモニターパネルなどに表示する。

 ヨーロッパでは2022年に走行中の道路の制限速度をドライバーに知らせる装置の装着が義務づけられる。すでに日本で販売されているヨーロッパ車や日本車の一部で、装着されているものもある。

 次の段階では、規制速度を超過して走行した場合に、表示や音などで警告を発するものとなる。さらに発展すると、強制的に速度を規制速度まで下げることまで想定されている。今後、高度な自動運転機能が装備されたクルマならば技術的に可能となるが、実用化され普及していくには多くのハードルがある。時期的には先のことになるのではないかと予想される。

 現行車に組み込まれたISAでも時速40kmなり50kmの標識を模したアイコンが点滅するのを見ただけで我に返って右足を緩めてしまう。意識が変わるだけでも効果が期待できる。

ISA

メルセデス・ベンツのEV『EQC400』のメーターパネル左側で0km/hと速度表示されているすぐ上に「40」と表示。

ISA

『ボルボXC60T5』では、速度計下の右側にこの区間の最高速度「60」(km/h)が表示されている。

取材・文/金子浩久

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。