小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キャンパーの間で人気急上昇!変幻自在に姿を変えられる鎌倉天幕の新作シェルター

2021.08.20

予約注文殺到!鎌倉天幕の新作シェルター

テント屋が仲間のためにつくったレーベル「鎌倉天幕」から新作シェルターが発売開始。

販売開始直後から予約注文が殺到し、販売期間を区切って注文を受付けている。今回はそんな鎌倉天幕の新作シェルター2種に注目。

まずは、ティピーテントやワンポールテントとも呼ばれる、ワンポール型シェルターから紹介しよう。

HIDEOUT-01 / HIDEOUT-01D

メーカー正式販売(楽天市場)価格:69,300円税込

鎌倉天幕初となるワンポールシェルターは、ソロ用から3人ぐらいでも使用でき、区画制限があるキャンプサイトでもちょうどよく使えるサイズとなっている。

ポール付属タイプかポール無しタイプのどちらかを選べる為、ヘビーキャンパー達の間では幕だけ購入してマイポールを使うスタイルが人気。ポール付属タイプの場合は、一流のポールメーカーであるDAC社製の DAC POLE 3000 ADJ が付属し、上下に5cm間隔で高さ調節が可能。

また、ニューテックジャパンのシェルターといえば、美しいランドデザインが特徴。跳ね上げ時の美しさも重視するため、ひらひらと邪魔なスカートタイプではなく、独自のダブルアジャスト(特許出願中)機能を用いたマッドスカート機能を採用。

クローズ、オープン、メッシュと用途に合わせたスタイルに変幻自在。キャンパーに嬉しいダブルファスナーも装備。十分な耐水圧とリップストップ生地を贅沢に使い、プロスペック仕様となっている。

次に紹介するのが、ナショナルジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC)ブランドでひと際大人気となったツーポールシェルター「HIDEOUT」のリニューアルバージョン。

HIDEOUT-02 / HIDEOUT-02D

メーカー正式販売(楽天市場)価格:77,000円税込

ニューテックジャパンは、ナショナルジオグラフィック側から正式にオファーを受け、日本初となるナショジオブランドのアウトドア用品を世に送り出した。そのラインナップの中でもダントツで人気があったのが「HIDEOUT」だが、今やとても入手困難な商品となっている。

そんな中、「鎌倉天幕」としてバージョンアップした、 HIDEOUT-02 が新登場。

大きな違いはそのカラーで、どんなギアにもしっくりくるベージュ色の SAFARI カラーを採用。

鎌倉天幕で人気のギア、チェアやコットにも SAFARI カラーが使われており、ブランドの定番色とも言える。注目したいのが、日の当たり方で見え方が変わってくるところだ。日差しの強い時に外で設営した場合と、室内など暗めの場所で見た場合では全く異なる色に見える。

フルメッシュ、フルオープン、フルクローズ、跳ね上げと、変幻自在に姿を変えられるこのシェルターは、色まで変化するのだから面白い。

美しいラウンドデザインやダブルアジャスト機能のマッドスカートはそのまま継承し、側面跳ね上げ時に両サイドのパネルをペグダウンできるようになった追加機能も嬉しい。

HIDEOUT-01同様、DACポール付属ありなしを選べ、もちろんダブルファスナーも装備。

また、HIDEOUT-01にも言えることだが、ナショジオブランドで展開している専用インナーテント「HIDEOUT STORM SHELTER」も使用可能となっている。

この専用インナーを使用することで、居住空間を最大限に生かし、無駄なスペースを作らないで済む。HIDEOUT-02に限っては、左右両方にこのインナーを吊るせば、左右に寝室を作ることができる。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/tentya/kamakura/

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。