小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ジロリアンが考案!注目食材の豆腐干を使ったギルトフリーな二郎風ラーメンを作ってみた

2021.08.22

新型コロナウイルスの長引く感染拡大により、外出自粛の取り組みも長期化しています。

おうち時間が増えることで、運動不足、外食への欲求など、様々なお悩みが増えているのではないでしょうか。

「おうちでお店のようなラーメンが食べたい!」

「運動不足なので、できることならヘルシーな食事をしたい!」

そんなラーメンをおうちではつくれないか…ということで、今回は今注目のヘルシー食材「豆腐干(とうふかん)」を使って、デカ盛りラーメンの代表格「ラーメン二郎」風ラーメン作りにチャレンジしてみました!

豆腐干とは?

「豆腐干」とは、豆腐に圧力をかけて、水分を抜き、軽く乾燥させた豆腐の加工食品です。

中華料理では昔から和えものや炒めものなどに使われる定番食材。

これまでは業務用として中華料理店へ卸されることの多かった豆腐干を、昨年、株式会社優食が一般向けに商品化し、中華麺やパスタの置き換え食材として人気が高まっています。

そんな豆腐干の魅力について、株式会社優食の豆腐干公式アンバサダー、まいこさんにお話を伺いました。

まいこ - トレーニングをこよなく愛する女子代表。脂肪と筋肉の黄金比を日々模索。

まいこ「普段私は、大会や減量は目的としない身体づくりに取り組んでいます。しかし減量をしない=何を食べてもいいというわけではありません。食べ過ぎた日の翌日は食事を調整することで、ボディバランスを保つわけです。

ラーメンはトレーニングする方は敬遠しがち。中華麺はごはんより糖質が多く、糖質は脂肪へと変わりやすいことから、私がもしラーメンを食べたとしたら、次の2食は制限をしたいですし、罪悪感も大きいです。」

まいこ「豆腐干は、100g当たり糖質1.8g、たんぱく質23gと『低糖質・高タンパク』で、たんぱく質量はコンビニのサラダチキンにも匹敵するレベル。ダイエットをする方にも、トレーニングをする方にもおすすめです。こんにゃくや春雨など、麺に代わるヘルシー食材は色々あるけれど、豆腐干はたんぱく質が豊富なだけでなく、噛みごたえもあり、100gで十分満足感があると思います。」

おうちでカンタン!ジロリアン考案の二郎風ラーメンレシピ!

今回、豆腐干を使ったラーメン二郎風レシピを考案下さったのは、ラーメン二郎をこよなく愛するメンバーの交流会「JBN(Ramen Jiro Business Network)」のみなさま。

左から、ラーメン二郎全店制覇の貝洲さん。
ラーメン二郎でアルバイト経験がある小野さん。
日頃からおうちで二郎風ラーメンを作っている上利さんです。

なかなか外出しにくいこの時期に、少しでもおうちでお店気分を味わえるようにと、簡単なレシピを考えてくださいました。

【材料(2人前)】

①豚バラブロック 400g(脂身と肉をわけておく)
②にんにく 1個(横から半切りにして半分はスープ、残りはトッピング用に3~4片程度)
③長ネギ 1本(青い部分のみ使用)
④玉ねぎ 1/2個
⑤生姜 1個
⑥豚骨しょうゆ味の鍋つゆ 1袋(750ml程度)
⑦醤油 125cc
⑧みりん風調味料 50cc
⑨チューブおろし生姜(⑤から少しすり下ろしてもいい)
⑩豆腐干 2袋(200g、解凍しておく)
⑪もやしキャベツMIX 1袋(ない場合はもやしとキャベツをお好みの量で)
⑫うま味調味料 大さじ4
⑬重曹 1つまみ

1)①〜⑤を炊飯器に入れ、鍋つゆを1袋入れる

上利「野菜は肉の臭みをとる香味野菜なので、皮などはついたままでOKです。冷蔵庫に残った野菜などを入れてもいいと思います。」

2)炊飯器で90分間炊く

小野「ちょうどよい炊飯モードがない場合、90分くらいになるよう、2回炊飯するなど調整してください。肉の旨味をスープにしっかり出すのがポイントです。より旨味を抽出したい場合は、長めに加熱してもいいと思います」

3)醤油とみりん風調味料を合わせ、おろし生姜を適量入れてかき混ぜ「カエシ(ラーメンダレ)」をつくる

上利「みりんじゃなくて、お酒の入っていないみりん風調味料の方が、よりお店っぽさが出ると思います。」

小野「醤油とみりん風調味料の量は、2.5:1の割合です。作る量に合わせて変更してください。」

4)炊飯器から豚肉を取り出し、30分ほどカエシに漬け込む

小野「今回、豚の臭みを消すため、また味わいのためにカエシに生姜を使っています」

5)脂身をみじん切りにして、炊飯器へ戻す

炊飯器から豚の脂身を取り出し、みじん切りにして炊飯器へ戻し、炊飯器は保温にしておきます。

6)麺と、もやしキャベツMIXをそれぞれ茹でる

もやしキャベツMIXを沸騰した鍋に入れ茹でます。ゆで時間を尋ねると…

3人「(議論)」

貝洲「…これはシャキ派かクタ派かにもよるよね」

小野「シャキ(ヤサイがシャキシャキしてるゆで加減)なら、沸騰したお湯にヤサイを入れて、再沸騰してから30秒くらいかな」

上利「僕はクタ(ヤサイがくたくたになるぐらいのゆで加減)が好きだから、キャベツだけ先ゆでして、後からもやし入れて更に2分。お湯からあげて冷ますことで更に火を入れるかな」

貝洲「キャベツの割合にもよるよね。今回使ったもやしキャベツMIXはキャベツ2:もやし8くらいだから割と贅沢。店によってはキャベツ1くらいのところもあります」

豆腐干は冷凍品のため、予め解凍し、沸騰したお湯で5分茹でます。

このときにお湯1リットルにつき重曹1gを加えると、アルカリ性溶液にたんぱく質が溶解するため、豆腐干がふっくらし、中華麺のような食感になります。

7)丼にうま味調味料を大さじ2、カエシをレンゲ3杯入れ、炊飯器のスープを網で濾しながら合わせ混ぜる

小野「うまみ調味料の量はあくまで目安ですけど、親の仇くらい入れます」

8)豆腐干、ヤサイ、豚の順で盛り付け、好みでにんにくをトッピングする

小野「豚は『え、これチャーシューじゃないよね?』っていうくらいの厚みで切ります」

貝洲「トッピングのにんにくの切り方は適当で。均一でなく、粗目で、ちょっと大きいアタリがあるくらいがお店っぽいと思います(笑)」

9)ヤサイの上からカエシをレンゲ1杯弱回しかけ、完成!

カンタン手作り二郎風ラーメンのお味は…?

おうちでつくったとは思えないほど、本格的な見た目のラーメン!

ニンニクと醤油の香りが鼻をくすぐります。

まずはスープからいただくと、旨味がぎゅっと詰まったまろやかなお味!

バランスのいい鍋つゆを使用することで、炊飯器たった1時間半でここまでコク深いスープに。黄金比のカエシと混ぜることでお店らしいラーメンスープに仕上がっています。

麺はお店のように太くてワシワシではないけれど、豆腐干が持っているしっかりとした食感が楽しく、100gでも確かに満足感があります。

加えてたっぷりのヤサイと一緒に食べるのでお腹はいっぱいに!

豚もジューシー柔らかいので、たくさん食べてしまったけれど、糖質の少ない豆腐干のおかげで罪悪感なくいただけました!

おうちラーメンは、自由に味変するのも醍醐味とのこと。

生卵や一味唐辛子、ラー油、お酢など、お好みの味を探すのも楽しそうです。

豆腐干で様々な料理にチャレンジしよう

先述の通り、豆腐干は100g当たり糖質1.8g、たんぱく質23g。

一般的な中華麺が、100g当たり糖質約28g・たんぱく質5g程度と考えると、いかに低糖質・高タンパクであるががよくわかります。

麺の代わりとして、ラーメンやパスタに使う以外にも、様々なお料理に入れることで効率的にたんぱく質を摂取できます。

株式会社優食さんのInstagramでは、豆腐干を使った様々なレシピを公開中!

おうちで過ごすことが多くなり、運動不足になりがちな日々。

今回の二郎風ラーメンをはじめ、豆腐干を使ったヘルシーレシピにチャレンジしてみてください!

株式会社優食Instagram
株式会社優食オンラインショップ

ライター:蛯原天(フリーアナウンサー)
http://ebiharaten.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。