小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

おすすめモデルは?除湿も加湿も空気清浄も1台でカバーする除加湿空気清浄機の選び方

2021.08.16

在宅勤務が定着しつつある昨今。「お部屋の空気が汚れている気がする……」または「湿気が多くて仕事に集中できない」というビジネスパーソンも多いはず。

そんな時、除湿と空気清浄を1度にできたら便利とは思いませんか?

シャープとダイキンから発売されている「除加湿空気清浄機」をご存知でしょうか? なんとこれ1台あるだけで、お部屋の空気をキレイに、そして湿度をコントロールできるのです。

そもそも除湿機と加湿機と空気清浄機の違いは?

そもそも除湿機と加湿機と空気清浄機の違いは何? と改めて気になる方もいるのではないでしょうか。

除湿機は空気中の湿気を除去し、加湿機は空気中の湿度を上げるアイテム。

一般的に人が快適と感じる湿度は40~60%といわれています。それ以上湿度が高くなるとカビやダニのはたらきが活発になります。反対に湿度が40%以下になるとウイルスの動きが活発になることも……

ですからお部屋の湿度を快適に保つには、除湿機または加湿機による湿度のコントロールが重要なのです。

空気清浄機はお部屋の空気質をキレイできる空調家電です。吸気口から空気を吸込み、フィルターを通してホコリや花粉、PM2.5など目には見えない空気の汚れを落とします。最後に排気口からキレイになった空気を放出。

このように「除湿機」と「加湿機」はお部屋の湿度をコントロールし、「空気清浄機」は目には見えない空気の汚れを除去する効果があるのです。

これらが一体となった空調家電が「除加湿空気清浄機」なのです。

除加湿空気清浄機とは? 使えるシーズンは?

空気清浄機はお部屋のホコリや花粉を除去する効果があるため、「掃除機」に似た役割を持ちます。

一方で除湿機はお部屋の湿度を下げるため、エアコンの「除湿モード」ようなはたらきが期待できますが、エアコンと異なる点は室外機を使わないため、お部屋の温度が少し上がります。除湿機は空気中にミスト状の水分を放出して、お部屋の湿度を高めます。

これらが一体となった除加湿空気清浄機は、「除湿+空気清浄」または「加湿+空気清浄」、「空気清浄」ができます。

使えるシーズンは1年中! というのも1年を通してホコリが発生しない時期は基本的にないため、空気清浄機としての機能は24時間365日運転し続けることによって効果が発揮されます。また、夏や梅雨など湿度が上がりがちなシーズンは除湿をしながら空気清浄。冬や秋など湿度がさがりがちなシーズンは加湿をしながら空気清浄ができるためです。

【参照】除加湿空気清浄機って、どんな時に使うの?

除湿機と加湿機と空気清浄機の一体型! 「除加湿空気清浄機」2モデル

それではいよいよ除湿機+加湿機+空気清浄機が一体となった除加湿空気清浄機を2モデル紹介します。紹介する2モデルは冒頭でも触れたとおり、シャープとダイキンの除加湿空気清浄機。

それぞれ適用床面積や機能が異なるため、購入を検討している人は自身のライフスタイルに合った製品をお選びください。

※いずれもオープン価格となっているため、大手家電量販店ショッピングサイトの取り扱い価格を参考にしています。

プラズマクラスターによる脱臭効果も期待できる! シャープ「除加湿空気清浄機 KI-ND50」の特長

オープン価格:販売実勢価格6万円
サイズ:幅35×奥行き28.5×高さ65.6cm
質量:約13kg
適用床面積(空気清浄):~21畳
適用床面積(除湿空気清浄):~19畳
適用床面積(加湿空気清浄):~21畳

シャープの「除加湿空気清浄機 KI-ND50」は、プラズマクラスター搭載。空気中の菌やウイルスを分解・除去し、さらに臭い成分も分解・除去することによって消臭効果も得られます。

プラズマクラスターによる消臭効果が高いため、例えば梅雨時など部屋干しが多くなるシーズン。部屋干し特有の嫌な臭いも軽減できます。

【関連記事】シャープのプラズマクラスター衣類乾燥除湿機は部屋干し中でも湿度を快適に保てるか?

本体上部にはスイングルーバーが採用されており、除湿運転時はルーバーから前方に風を噴出。部屋干しした衣類などで直接風を当てることによって、2kgの洗濯物を約165分で乾かすことができます。

Ag+イオンカートリッジによって、加湿機に発生しがちなトレーのぬめりや臭いの原因となる水中の菌を抑制。1年でたったの1回の交換で、清潔さを保つことができます。

【参照】シャープ「除加湿空気清浄機 KI-ND50」

除湿と加湿を上手に使ってカーテンについた臭いも回収! ダイキン「除加湿ストリーマ空気清浄機 MCZ70X」の特長

オープン価格:販売実勢価格:12万円
サイズ:幅41.5×奥行36×高さ69cm
質量:約23kg
適用床面積(空気清浄):~32畳
適用床面積(除湿空気清浄):~19畳
適用床面積(加湿空気清浄):~32畳

ダイキンの「除加湿ストリーマ空気清浄機 MCZ70X」は適用床面積32畳(空気清浄運転時)と、広いリビングなどでも使える除加湿空気清浄機です。

加湿によって臭いの分子を浮き出させ、除湿によって湿気と浮き出させた臭い分子を回収することにより、カーテンや壁紙に染み付いた臭い分子を除去できます。

もちろん、普段は洗いにくいスーツのジャケットやコートにも消臭効果があります。

「全自動しつどコントロール(おまかせ運転)」を使えば温度に合わせて、加湿・除湿を自動で切り替え、最適な湿度を保つことができます。

【参照】除加湿ストリーマ空気清浄機 MCZ70X

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

※データは2021年7月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。