小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

防災意識が高い県ほどSNSを活用して災害情報を取得する人が多い傾向

2021.08.06

NTTドコモ モバイル社会研究所「防災に関する調査」

NTTドコモ モバイル社会研究所は、2021年1月に防災に関する調査を実施した。

災害情報をSNSで取得する人は約4割

在宅時に災害が発生した時に、SNSで情報を収集する人は、年々増加。2021年1月調査では、38.8%まで増加した(図1)。

図1.在宅時の災害情報の取得方法(n=8,837)

SNSで災害情報を取得する人は若年層ほど高い 10・20代はテレビを抜き最も多い割合

災害情報をSNSで取得する人の比率は年代により大きな差異がある。10・20代は特に高く、テレビを抜いて、最も割合が高い手段となった。日頃のSNSの利用との関係が深そうだ(図2・表1)。

図2. 災害情報をSNSで取得する割合 年代別(n=8,837)

表1. 災害情報の取得方法 年代別 (n=8,837)

防災意識が高い、高齢化率が低い都道府県がSNSを活用する割合が高い傾向

最後に地域別に、SNSで災害情報を取得する割合を見ていく。割合が高い県は「高齢化率が低い」「防災意識※参考資料1(災害への備え・避難訓練への参加・ハザードマップの認知※参考資料2等)が高い」という特徴が見られる(表2)。

表2. 都道府県別災害情報をSNSで取得する割合※色付けは上位5都道府県

SNSの利活用は、災害情報にも普及している。迅速に情報を得る観点からも、有効性は高いと思われる。その一方、デマ(嘘の情報)をつかむ可能性もあり。そのため、例えばツイッターでは地元の自治体等をアカウントしておく、別の方法と合わせ情報を収集する等で情報の精度を上げていくことも重要ではないだろうか。

参考資料1:防災意識 都道府県別

参考資料2:ハザードマップの認知率

調査概要 ―「2021年一般向けモバイル動向調査」―

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。