小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

みんなが好きな焼肉の部位ランキング、3位牛ハラミ/サガリ、2位牛カルビ、1位は?

2021.08.03

好きな焼肉の部位ランキング、3位「牛ハラミ/サガリ」、2位「牛カルビ」、1位は?

香ばしい匂いと滴る肉汁が食欲をそそる焼肉。牛タン、カルビ、ロース、ハラミなど……様々ある中で、特に人気の部位とは、いったい何なのだろうか?

そんな焼肉に関する意識調査がこのほど、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」により、日本全国の男女を対象にして実施された。

好きな焼き肉の部位TOP3は「牛タン」「牛カルビ」「牛ハラミ/サガリ」

ふだん自宅やお店などで焼き肉を食べるかどうか、食べる場合は牛肉・豚肉・ラム肉の中で(鶏肉を除く)好きな部位/種類について質問した。

全体1位は「牛タン」、2位は「牛カルビ」でどちらも6割超と僅差だった。3位は「牛ハラミ/サガリ」で約5割、そして4位は「牛ロース」で4割超となった。全体の上位4位までは、いずれも牛肉が並んだ。

全体5位から8位までは「豚カルビ」「豚バラ(サムギョプサル)」「トントロ(ピートロ)」「豚ロース」と豚肉が占め、いずれも2割台で続く。9位には「牛サーロイン」、10位には「牛ヒレ/ヘレ(シャトーブリアン)」と、牛肉の中でも高価な部位がランクインしている。

年代別にみると、全体と同じく「牛タン」「牛カルビ」が全ての年代でTOP2を占めている。「牛タン」は特に20代で7割弱と、ほかの年代よりも割合が高めとなっている。50代のみTOPが入れ替わり「牛カルビ」が1位。50代では「牛カルビ」「牛ロース」の割合がもっとも高く、この2つは年代が上がるにつれて割合が高くなる傾向もみられる。また「牛ハラミ/サガリ」は30~40代の割合が高く、それぞれ6割弱となった。

ランキング外となったが、男性の30代以上では「ミノ」「シマチョウ(テッチャン)」の割合が2割超と高く、特に40代男性の割合がやや高い傾向にあった。男女ともに10~20代では割合が低めとなっており、さらに10代では、そもそも「焼き肉は食べない」という人の割合が、他の年代に比べてやや高いこともわかった。

よく食べる焼き肉のサイドメニュー1位は「ごはん」、2位は僅差で「キムチ」

焼き肉を食べるとき、よく一緒に食べるサイドメニュー、一品について質問した。

全体TOP2は「ごはん(白ごはん)」「キムチ(白菜キムチ、オイキムチ、カクテキなど)」で、どちらも5割超でほぼ同率だった。3位から5位までは「焼き野菜(タマネギ、カボチャ、ししとうなど)」「サンチュ」「生野菜/野菜サラダスティック(冷やしトマト、塩キャベツなど)」の野菜系が続く。

6位は「スープ(ユッケジャン、コムタン、わかめスープなど)」、そして7位はデザート系から「アイスクリーム/シャーベット」がランクイン。8位と10位には、〆に食べたい「ビビンパ」「冷麺」がランクインした。

年代別ランキングでは、「ごはん(白ごはん)」は10~20代で1位。30~50代では「キムチ(白菜キムチ、オイキムチ、カクテキなど)」が1位となっている。「ごはん」は、特に10代で割合が高く6割超。「キムチ」は特に、50代で6割超と高い割合だった。

デザート系の「アイスクリーム/シャーベット」は10代で2位、20代で4位にランクインし、その他の年代ではランキング外という結果に。男性と比べて、女性の割合が高めだった。特に10代女性では5割弱と割合が高くなった。

また、30代以降では、「サンチュ」「焼き野菜」「生野菜/野菜サラダスティック」の野菜系が3つともランクインしている。これらの野菜系メニューは年代が上がるにつれて割合が高くなる傾向がみられ、一方で、男性10~20代は他の層に比べると割合が低めとなった。

男女別では、全体的に女性のほうがそれぞれの選択肢の割合が高いものが多く、何かと一緒に食べることが多い様子がうかがえた。「焼き野菜」などの野菜系メニューは男性と比べて女性のほうが人気で、年代が上がるほど割合が高くなる傾向に。スープメニューも女性のほうが人気で、特に20代女性の割合が高めとなった。

一方、女性よりも男性の割合が高いのは「ごはん(白ごはん)」。同じご飯系でも「ビビンパ」は男性よりも女性の割合が高くなっていた。「冷麺」については、男女差はあまりみられずどちらも2割台後半だった。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年6月4日~2021年6月7日
有効回収数:5252サンプル

※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。