小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アポロ11号月面着陸時にハーレムで何があったのか?サンダンス映画祭でW受賞したドキュメンタリー映画「サマー・オブ・ソウル」の見どころ

2021.08.05

■連載/Londonトレンド通信

スライ&ザ・ファミリー・ストーン

 8月27日公開のアミール・“クエストラブ”・トンプソン監督『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』は、1969年夏、ニューヨーク、ハーレムで開催されたハーレム・カルチュラル・フェスティバルのドキュメンタリー映画だ。

 貴重な映像をふんだんに使ったパワフルな映画は、1月のサンダンス映画祭で審査員大賞と観客賞をW受賞した。

 6月にイギリスでシェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭開幕を飾った際、トンプソン監督はオンラインでQ&Aに登場した。ミュージシャン、クエストラブとして知られる監督は、初監督となった理由を「僕は知らなかった。たぶん、みんなも知らないだろうと思った」と語っている。

 豪華メンバーによるフェスティバルは、もちろん記録された。にもかかわらず、この50年あまり、日の目を見ることがなかった。同じ時期に開催されたウッドストックとは大違いだ。数十万人規模の大野外コンサートが、気づかれなかったとは考えにくい。実際、取材者の姿もある。

 だが、登場するスティーヴィー・ワンダー、B.B.キング、グラディス・ナイト&ザ・ピップス、スライ&ザ・ファミリー・ストーン等々を取材しにきたのではない。

B.B.キング

グラディス・ナイト&ザ・ピップス

 6回の日曜に行われたコンサートのうち、7月20日はちょうどアポロ11号月面着陸の日だった。「ここにいる人たちは、そのために集まっているわけではありません」と、アポロを見ずに何をしていると言わんばかりに中継するリポーターだ。「月には何もないが、ここには助けが必要な人々がいる」とインタビューに答える住民もいる。

 集っている人々は黒人だ。ステージの上に立つのも黒人だ。厳密に言えば、ちらほら白人の姿も見える。「ドラムを叩いているの白い奴だぜ。でも音楽が始まったら関係ないね」と言う観客がいるように、ほぼ黒人による黒人のための黒人のコンサートだ。そもそもが、暗殺されたマーティン・ルーサー・キング牧師の一周忌を記念するイベントだった。

 ライブの盛り上がりを表す「ステージと観客が一体になった」という言い回しがあるが、ここでは黒人であるという点において、文字通り一体だった。ステージの上にいようが、下にいようが、黒人として受ける差別に変わりはなかった。

 多くの黒人スターを輩出したモータウン・レコードでは、初期のツアー時、トイレやレストランを探すのに苦労したという。白人とは区分され、有色人種用でなければ使えなかったからだ。スターも何もあったものではない。

 映画には、当時、ニューヨーク・タイムズにいたジャーナリスト、シャーレイン・ハンター=ゴールトの話もある。ブラックと黒人を書き表したところ、ニグロと直され、抗議し、それ以来、ニューヨーク・タイムズではブラックが使われるようになった。黒人は、それぞれの場で、それぞれが戦っていた。

 そんな時代、ニーナ・シモンが「ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック」を歌う時、それは絵空事ではなかった。「若く、才能があり、そして、黒人」の悲しみ、怒りは、そこにいる皆に通じるものだ。

ニーナ・シモン

 ステージの記録映像に、当時を振り返るインタビューが混じる。観客として参加した人の、コンサートを一言で表す言葉がある。「なんと美しかったのだろう」。唯一無二のコンサートだ。

8月27日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2021 20th Century Studios. All rights reserved.

文/山口ゆかり
ロンドン在住フリーランスライター。日本語が読める英在住者のための映画情報サイトを運営。http://eigauk.com


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。