小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京オリンピック開会式で最も視聴者の注目を集めたシーンは?

2021.08.01

五輪開会式で一番注目を集めたシーンとは?

7月23日にNHKで3時間半以上にわたり中継された「東京2020オリンピック開会式」。MISIAさんの国歌斉唱、森山未來さんによる追悼を表現するダンスパフォーマンス、ドローンでのパフォーマンス、開幕の挨拶やピクトグラムのパントマイムや歌舞伎など、様々なプログラムが披露されたことは記憶に新しい。

そんな開会式の中で、どのような場面が特に視聴者から注目されたのだろうか。

人体認識技術を用いて、テレビの視聴態勢「アテンションデータ」の取得・提供を行うTVISION INSIGHTSではこのほど、世帯視聴率1%あたり「どのぐらいちゃんと見ている人がいるのか」がわかる、TVISION独自の指標のアテンション含有率(*1)を使って考察した。

*1アテンション含有率:世帯視聴率1%あたり「どのぐらい画面に目線を向けている人がいるのか」がわかる。

一番注目されたのは、あのダンスパフォーマンス

開会式を1分毎のデータで見てみると、視聴者がどのようなシーンで注目していたのかがわかる。3時間半以上にわたるプログラムだったが、前半、中盤、終盤それぞれで、視聴者が注目した場面があった。

最初に視聴者の視線を奪ったのは20:05ごろ、国立競技場の花火が上がり、競技場でのパフォーマンスが始まる場面だった。

そしてこの開会式で一番注目されたのは、20:21ごろ。俳優でダンサーの森山未來さんによるパフォーマンスのシーンだった。コロナの犠牲者やミュンヘン大会で亡くなったイスラエル選手・コーチ11人の犠牲者への追悼の意味が込められていた。

選手団の入場がおよそ2時間かけて行われ、その中でもやはり最後に入場した日本の選手団の入場行進で再び注目が集まった。その後いくつかのプログラムを経て、ジョン・レノンの「イマジン」を、各大陸を代表する歌手が歌い上げる映像が流れるところまで注目を維持した。

最後は聖火が会場に到着し、吉田沙保里さんと野村忠宏さんから聖火を引き継いだ長嶋茂雄さん、王貞治さん、松井秀喜さんが走る場面で注目が高まった。

出典元:TVISION INSIGHTS株式会社
https://telescope.tvisioninsights.co.jp/2021/information/3004/

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。