小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フォルクスワーゲンが8年ぶりに「ゴルフ ヴァリアント」をフルモデルチェンジ、48Vマイルドハイブリッドを採用

2021.08.01

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、約8年ぶりにフルモデルチェンジして進化した新型『Golf Variant(ゴルフ ヴァリアント)』の販売を7月28日より開始した。

新型「ゴルフ ヴァリアント」は、新型「ゴルフ」同様「デジタル化」「電動化」「ドライバーアシスタンスシステム」において大幅な進化を遂げた。「デジタル化」においてはクラスを超えたデジタルインターフェースを採用、「電動化」においては、48V マイルドハイブリッドシステムを採用し、モーターのアシストによってスムーズな発進や加速を実現している。

また、運転支援システムにおいても、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”などの最新テクノロジーが採用され、クラスを超えたハイレベルなドライバーアシストが可能となり、安全性をさらに高めている。

エクステリアデザインは、最適化されたエアロダイナミクス、印象的なフロントエンド、力強いショルダーラインを特徴する、スポーティなスタイルへと進化を遂げた。

また、ラゲージルームは、全長を65mm延長したことで先代より22L拡大し、最大1,642Lとクラストップレベルの積載量を誇る。さらに、ホイールベースも35mm延長されたことにより、後席のレッグスペースも広くなり今まで以上のゆとりのある空間が創出され快適性も向上している。

よりスポーティなスタイルで、より長く、より広く

新型「ゴルフ ヴァリアント」の新しいエクステリアデザインは、フロントおよび側面のBピラーまでは、新型「ゴルフ」と同じ、象徴的なデザインエレメントを採用している。

Bピラーからリヤエンドにかけては、新型「ゴルフ ヴァリアント」ならではのユニークなスタイルを特徴としている。力強いショルダーセクション、わずかに上昇した後、リヤへ向かって下降する長いルーフセクション、クーペのように傾斜したリヤウィンドウを備えた同車は、これまで以上にスポーティ。

サイズが拡大されたことにより、新型「ゴルフ ヴァリアント」は、より長く、低く見える。全長およびホイールベースの延長は、同車のリヤシートとラゲージスペースに大きな恩恵をもたらしている。リヤシートの最大レッグルームは903mm*から941mm*に増加している。また、リヤシート背もたれの上端まで荷物を積んだ場合のラゲージスペースは、611L。後席を折り畳むとそのスペースは1,642Lに増加。これにより、今まで以上の快適性を実現している。

新型「ゴルフ ヴァリアント」サイズ
全長:4,640mm 全幅:1,790mm 全高:1,485mm ホイールベース:2,670mm
*欧州発表数値

デジタル化されたインテリアコックピット

新型「ゴルフ ヴァリアント」は、最新世代の通信モジュール内蔵のフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステムとデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”を標準装備とすることで、運転席には同じ視覚軸上で結合された、デジタル ディスプレイ環境が創出される。

また、オートマチック デュアル クラッチ ギアボックス(DSG)のシフトレバーが、先代モデルよりも大幅に小型化され、とてもクリーンにレイアウトされている。ライトおよび視界関連の機能、ルーフコンソールおよびインフォテイメントシステムの各要素は、機能に応じてタッチスクリーン、タッチスライダー、または直感的に操作できるボタンを使用して操作することが可能となり、操作性を向上させている。

48Vマイルドハイブリッドシステムを採用

新型「ゴルフ ヴァリアント」には、新型「ゴルフ」同様に48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを1.0TSIエンジンと1.5TSIエンジンに設定し、それぞれ1.0eTSI(81kW/110PS)および1.5eTSI(110kW/150PS)として導入。

48Vベルト駆動式スタータージェネレーターはスターターとしての役割の他、小型電動モーターやジェネレーターとしての役割を果たし、車両の発進時にエンジンをサポートする形でトルクを発生することでスムーズな加速を実現し、特にスタート・ストップの多い街中において、より快適性の向上を感じることができるだろう。

クラスを超えた運転支援システムにより、安全性・快適性を向上

新型「ゴルフ ヴァリアント」には、クラスを超えたハイレベルなドライバーアシスタンスシステムを数多く標準装備としている。例えば、初採用の同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”は、車速域0~210km/hで作動させることが可能で、静電容量式センサーを採用したステアリングホイールを軽く握っているだけで、前走車との車間及び走行レーンの中央維持をサポートする機能で、特に高速道路などでの長距離移動において安全性の向上及び疲労軽減に寄与。

その他、車両の暴走による事故を未然に防ぎ、被害を最小限に抑える、緊急時停車支援システム“Emergency Assist”や乗員が降車時にドアを開いた際、後方から接近している車両や自転車などの障害物を検知すると、警告音とドアミラーハウジングの表示灯にて注意喚起を行う、エグジットウォーニング(降車時警告機能)などの初採用の運転支援システムも全車標準装備。

また、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載された片側22個のLEDを個別に点灯・消灯の制御をすることで、最適な配光を可能とした最新のヘッドライトシステム、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”もオプション設定(テクノロジーパッケージ)可能。

さらに、荷物で両手が塞がっていても、足の動きをセンサーが感知してテールゲートを開けることができる、パワーテールゲート(挟み込み防止機能、“Easy Open”機能付)も初採用となり、オプションで設定可能となった。これにより、今まで以上に利便性が高まっている。

新型「ゴルフ ヴァリアント」のエクステリアカラーは、新色のライムイエローメタリックやドルフィングレーメタリック、キングズレッドメタリックなどを含む全7色展開となっている。

eTSI Active

eTSI Style

eTSI R-Line

<全国希望小売価格(税込)>
「ゴルフ ヴァリアント」
eTSI Active Basic ¥3,056,000
eTSI Active ¥3,265,000
eTSI Style ¥3,846,000
eTSI R-Line ¥3,895,000

関連情報:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golfvariant.html


構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。