小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Mac、iPad、Androidでも使える!Windows 10/11がクラウドで動作する「Windows 365」によってPCの常識はどう変わる?

2021.08.02

https://news.microsoft.com/ja-jp/2021/07/15/210715-microsoft-unveils-windows-365-ushering-in-a-new-category-of-computing/

米マイクロソフトはWindows 10(将来的にはWindows 11も)をクラウド上で動作させ、好きな場所から利用できる「Windows 365」を発表した。同サービスには手元のPCにインストールする従来のWindowsにない、さまざまなメリットを実現している。

ネット環境があればいつでも作業が可能

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows-365

Windows 365はマイクロソフトが用意したクラウドサーバー上でWindows 10を動作させ、ユーザーは手元の端末のブラウザからアクセスすることになる。これにより、ユーザーは利用する場所や手元の端末が変わっても、常に同一環境で作業を継続できるのがメリットだ。

Windows 365のシステムは、Windowsが必要な企業にとってもメリットがある。それぞれのユーザーはネット環境と表示用の端末さえあればいいので、高価なPCを用意する必要がなくなる。また、PCの環境設定の手間が大幅に省けるのも魅力的だ。

なお、現時点ではWindows 365の個人向けプランは発表されていない。しかし個人であっても、好きな場所でWindowsアプリを利用したり、後述するがMacやiPadからでもWindows 10が利用できるメリットは大きはずだ。

さまざまなデバイスでWindows

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows-365

Windows 365はウェブブラウザから利用できる。つまり、WindowsマシンだけでなくMacやLinux、さらにはiPadやAndroidからでも、Windows 10へとアクセスできる。Windowsが必要なアプリやサービスを利用する際には、実に便利な機能だ。

またカメラやマイクの利用にも対応しており、Teamsなどのビデオチャットに参加することもできる。Windows 365をスムーズに利用するには動画ストリーミングサービスが利用できる程度の通信速度があれば十分だが、一方であまりに通信速度が遅いと操作感が損なわれることになる。

またWindowsをクラウド化することで、セキュリティが向上するメリットも大きい。システムは常に最新状態にアップデートされ、ファイルはデバイス上ではなくクラウド上に安全に保存される。これにより企業は情報流出のリスクを低減することができる。

用途に合わせたプランを用意

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows-365

ビジネスの規模や作業内容によって、要求されるマシンのスペックは異なる。Windows 365では必要に応じて最大8基のCPU、16GBのRAM、512GBまでのストレージを、柔軟に選択することが可能だ。なお、プラン価格の詳細は現時点では発表されていない。

またあくまで現時点での情報だが、Windows 365のBusinessプラン(CPU2基、4GB RAM、128GBストレージ)は1ユーザーあたり月額31ドル(約3400円)で提供されるという。この価格にはOfficeアプリやクラウドストレージ「OneDrive」、開発ツール「Visual Studio」などのサポートが含まれる。

Windows 365は8月2日に一般提供が開始され、料金プランの詳細もその時に明かされる予定だ。Windowsといえば手元のPCで動作するのがこれまでの常識だったが、テクノロジーの進化とともにOSそのものがクラウドサービスとして提供されるようになるのは、実に感慨深い。

文/塚本直樹

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。