小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DEEN池森秀一の蕎麦ログ】上田市にある思い出の蕎麦屋で食べた「発芽そば」

2021.08.04

『発芽そば』

思い出の蕎麦屋で食べた『発芽そば』

 ゴルフ場へ向かう道中、松山英樹選手が男子ゴルフのメジャー大会のひとつ「マスターズ・トーナメント」で優勝したというビッグニュースが飛び込んできた。日本人、いやアジア人の男子で史上初の快挙だ。ゴルフ仲間の親父たちの目が潤んでいたのを覚えている(笑)。心の底からゴルフを楽しんだその足で、「思い出のお蕎麦屋さんを巡る」という取材のため、長野県へ向かった。

 僕がどうしても再訪したかったお店は上田市にある。18年前、映画撮影の合間に訪れた「手打百藝 おお西」。当時は今ほどお蕎麦に貪欲ではなかったのだけれど、そこで食べた『三種そば』のおいしさは強烈に覚えている。

 残念ながらこの日は『三種そば』が品切れ。その代わりに、と今回は『発芽そば』をいただいた。

『発芽そば』は、発芽したお蕎麦の実を使って手打ちした、この店独自のお蕎麦だという。

「発芽期に起こる糖化酵素によって甘味が増し、餅のような食感と独特のぬめりが生まれる」と、考案者である大将の大西さんが教えてくれた。

 これまでたくさんのお蕎麦屋さんを巡ってきたけれど、初めてインプットされる情報に胸が高鳴った。心して『発芽そば』を食べた瞬間、口の中いっぱいに広がるお蕎麦の甘味や香り、そして旨味! 破壊的なおいしさに取材を忘れてペロリと平らげてしまった。

 おいしいお蕎麦を作る秘訣を大将に聞いてまた驚いた。

 その秘訣とはズバリ、夜中! 午前1時頃から仕込みを始め、蕎麦の実と対話をする。「この時間じゃないと心を開いてくれない」という。そんな生活を何十年と続け、絶品の蕎麦を打つ大将には頭が下がる。ランチタイムを終え、「これからビール飲んで寝るよ!」とからっとした表情で話す姿が輝いて見えた。

 ひとつのことに魅せられ、研鑽を続けられる人は年齢に関係なく輝くんだね! 自分の思考を開くよき旅となった。至高の1杯、ご馳走さまでした。そして松山選手、本当に優勝おめでとうございます。池森の蕎麦の旅はまだ始まったばかり……。

『発芽そば』1650円

『発芽そば』

手打百藝 おお西

[住]長野県上田市中央4-9-8 [電]0268・24・5381
[休]無休 http://www.ohnishisoba.com/

文/池森秀一

いけもり しゅういち
DEENのヴォーカリスト。1993年に『このまま君だけを奪い去りたい』でデビュー。乾麺蕎麦商品をプロデュースするほか、2020年9月に蕎麦専門YouTubeチャンネル『信州戸隠 池森そば 赤坂店』を開設。芸能界きっての蕎麦好きとして有名。

※「池森秀一の蕎麦ログ」は、雑誌「DIME」で好評連載中。なお、本記事はDIME8月号に掲載されたものです。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。