小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?ビジネスやスピーチで使われる四字熟語「浅学非才」の意味と正しい使い方

2021.08.19

浅学非才は、主にビジネスシーンやスピーチの場で使われる言葉です。正しい意味や使用方法を知っておけば、表現の幅を広げられるため、さまざまな場面で役立つでしょう。言葉の意味や注意点、類義語・対義語について解説します。

「浅学非才」とは

浅学非才とはどのような意味を持つ四字熟語なのでしょうか。言葉の意味や正しい読み方、語源について詳しく解説します。

「浅学非才」の意味と読み方

浅学非才の正しい読み方は『せんがくひさい』です。知識や学問が浅く才能に乏しい状態、またはそのような人のことを意味します。

『浅学』とは学問や知識が十分に備わっていない状態や人、『非才』は才能がない状態や人を指す言葉です。『浅学にして非才の身』など、それぞれ単体でも使用します。

浅学非才は、自分の能力が足りないことを、謙遜して表現する際に使うのが一般的です。他人から博識・有能であることを褒められた際、実際に自分ではそうは思わないときなどに使います。

言葉の由来

浅学非才の語源について、はっきりしたことは分かっていません。日本の国文学者であった芳賀矢一氏が、1890年に発表した著書『国文学読本緒論』に残している文言を由来とする説があります。

国文学読本緒論では、非才ではなく『菲才』と書かれていました。『菲』とは、野菜のカブ・カブラ(蕪)を意味する言葉です。粗末な食材を指す漢字としても用いられていたことから、『薄い・劣った』という意味に転じています。

かつては浅学菲才と表記されていましたが、『菲』が当用漢字に指定されなかったため、『非』を代わりの漢字として使うようになっています。

「浅学非才」の使い方と例文

(出典) pexels.com

浅学非才の具体的な使用方法や例文を紹介します。使い方によっては相手や周囲に失礼な印象を与えかねないため、使う際の注意点も押さえておきましょう。

自分の知識や才能を謙遜する場合に使う

浅学非才は、自分の学問や才能の足りなさを謙遜して伝えるシーンで使います。各種スピーチの場やビジネスシーンでよく用いられる言葉です。

賞をもらったときや昇進を受けたときに、感謝や意気込みを示す意味で使います。「自分はまだまだ勉強不足だが、これからますます精進していきたい」という向上心を伝えることが可能です。

浅学非才を用いた慣用表現には『浅学非才を顧みず』があります。『顧みる』は『気に留める・反省する』という意味であり、慣用句は「実力不足だと感じているが頑張っていきたい」といったニュアンスを伝えられる表現です。

使う際の注意点

他人から見て明らかに学問や知識が乏しい人は、浅学非才を使うと不自然です。誰もが実力を認める人が使ってこそ、謙遜表現としてふさわしい言い回しとなります。

ただし、高学歴者や輝かしい経歴の持ち主が使用すると、嫌味な言葉として捉えられかねません。言葉が丁寧過ぎるあまり無礼に聞こえてしまうケースもあるため、相手や状況に合わせて慎重に使う必要があります。

浅学非才を他人に使うのもNGです。相手に大変失礼な印象を与えてしまいます。謙遜表現であるため、文法的にも正しい使い方ではありません。

また、30代程度までの若年層が浅学非才を使うと、聞く人に違和感を与えがちです。『半人前』『未熟者』『若輩者』『経験の浅い身』などを使ったほうが、目上の人に誤解を与えずに済みます。

「浅学非才」を使った例文

浅学非才は、主にあいさつやスピーチで使用する謙遜表現です。具体的な使い方を例文でチェックし、今後の参考にしましょう。

  • 浅学非才の身ではありますが、任命されたからには全力で業務に取り組みたいと考えています
  • このような賞を頂けたことを心よりうれしく思います。浅学非才を顧みず、今後も皆様の期待に応えられるよう努めてまいる所存です
  • 彼は普段から自分のことを謙虚に浅学非才と言うが、その実力は誰もが認めるところだ

「浅学非才」の類義語と対義語

(出典) pexels.com

浅学非才には数多くの類義語と対義語があります。それぞれの代表的な言葉を覚え、浅学非才への理解をより深めておきましょう。

類義語は「浅識非才」「未熟者」

浅学非才に似た意味の言葉としては、『浅識非才(せんしきひさい)』が挙げられます。浅学非才は主に学問が足りない点を強調するのに対し、浅識非才は学問に加えて思慮が足りないことも意味する言葉です。

言葉の構成が似た熟語には、他にも『浅知非才』『浅学短才』などがあります。いずれもほとんど同じ意味であり、謙遜表現として使える言葉です。

浅学非才の類義語には、スキル不足で不慣れな人を意味する『未熟者』もあります。『初心者』『勉強不足』『力不足』なども、類似表現として使用可能です。

対義語は「博学多才」

浅学非才の代表的な対義語が『博学多才(はくがくたさい)』です。豊富な知識を持ち、才能にあふれている状態や人のことを指します。

他にも、『博学多識(はくがくたしき)』『博聞強識(はくがくきょうしき)』『博学能文(はくがくのうぶん)』など、数多くの類義語があります。

これらの表現は才能があることを意味するため、浅学非才と異なり他人に対して使うのが一般的です。学問に通じ才能豊かな人に関し、褒めたり感心したりする際に使います。

構成/編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。