小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1万3000人に聞いた美容室、理容室の平均利用額、女性は平均6930円、男性の平均は?

2021.07.17

世の中がどんな状況であろうが、髪の毛は伸びる。コロナ禍であっても髪の毛をカットしに、美容院へ通う人は多いだろうが、実際のところ、1回あたりに平均どれくらいの利用料を払うものなのだろうか?

リクルートの美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」はこのほど、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女 1万3,200人を対象に、過去1年間における美容室・理容室の利用に関する実態調査を実施したので、その結果を紹介していく。

1.女性の1回あたりの利用金額が過去5年間で最も高く6,930円

今回、初めてのコロナ禍での調査で、女性の利用率(過去1年間に1回以上利用)は前年比3.1pt減、年間利用回数は同8.0%減と、いずれも前年から減少。男性の利用率は前年比0.4pt増でほぼ横ばい。年間利用回数は前年比1.6%減だったものの女性に比べ減少幅は小さかった。

1回あたりの利用金額は、女性6,930円(前年比1.2%増)、男性4,364円(前年比2.9%増)で過去5年間で最も高い。コロナ禍で来店頻度が下がる代わりに、「来店したときには、しっかりと施術したい」と1回ごとの来店の重みが増していると考えられる。

2.女性は「カラー」の利用が引き続き増加

メニュー利用については、女性の「カラー」利用率が53.2%(前年比0.7pt増)と引き続き増加。「トリートメント」は36.8%(前年比0.5pt増)。男性は「眉カット」が15.4%で前年比0.5pt増。

3.女性の店販年間購入金額が7.5%増加。ケア剤が前年比増

美容室利用者の店販(サロンで販売している「商品」)購入率は、男女とも減少。一方、年間購入金額は女性が前年比7.5%増の1万958円、男性は前年比6.2%減の8,471円で対照的な結果に。購入商品の内訳も、女性はコンディショナー、ヘアトリートメントの「ケア剤」の購入率が前年から上昇している。女性はサロンの利用頻度が落ち込んでいるため、店販商品で自宅でのケアを充実させようとする傾向があると考えられる。

4.男女ともに「ネット予約」が最多。「ネット予約」利用は引き続き増加

美容室の予約方法は、「ネット予約」が女性は51.6%(前年比3.7pt増)、男性は47.0%(前年比4.7pt増)と、予約手段で最も高い。それ以外の手段は、男女とも前年から減少。ネット予約へのシフトが考えられる。

5.コロナ禍で強く感じたサロンの価値は?

コロナ禍で強く感じたサロンの価値は、「自分にはできない技術がある」が女性43.5%、男性38.6%でそれぞれ1位に。自由回答では、「期間が空いても状態が維持できるような髪型の提案」や「美容師さんと会話できてリフレッシュできたこと」がうれしいという声も。

■[美容室]コロナ禍のサロン利用でうれしかったこと(美容室利用者/自由回答抜粋)【男女】

・「コロナ禍の中でなかなか美容院に行けなかったので、髪の毛のケアがおろそかになっていたのですが、髪の毛の状態をみてアドバイスをくださってとてもありがたかったです」(20代女性)
・「なかなか家族や職場以外の人と話せる機会がなかったので、ほかの人と話せるのはうれしかった。コロナ対策もしっかりしていたのでそれもよかった」(30代女性)
・「コロナ流行中だから美容院に行きづらい状況を踏まえて、スタイリングの提案をしてくれる。(少し間が空いてもきれいな状態が維持できるようにスタイリストさんが丁寧にカットやカラーをしてくれる)」(40代女性)
・「コロナ禍の就職活動でストレスを感じている中、美容師さんと会話できてリフレッシュできたこと」(20代男性)
・「コロナ禍で頻繁に来店ができないことを伝えると、頭皮の健康を維持するために毛穴クレンジングをサービスでしてもらえた。カットも期間が空いても清潔感を保てるように、長さやボリュームを軽めにして工夫したカットをしてくれた」(20代男性)

6.自宅ケアは、ヘアトリートメント(洗い流すタイプ)が過去5年間不動の1位

自宅ケアは男女とも洗い流すタイプのヘアトリートメントが1位で前年の実施率を上回った。女性は、洗い流さないタイプのヘアトリートメントも前年比2.4pt増で、店販購入商品と同様に自宅でのケア意識の高まりがうかがえる。

7.男性の理容室の年間利用回数は前年から0.5%増。1回あたり利用金額はほぼ横ばい

男性の理容室の利用率は前年比2.0pt減の44.6%であったが、年間利用回数は前年比0.5%増の5.84回。利用金額は前年比ほぼ横ばいの2,592円。男性の理容室利用は、頻度、金額においてコロナ禍の影響をあまり受けていないことがうかがえる。

ホットペッパービューティーアカデミー(株式会社リクルート)
https://hba.beauty.hotpepper.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。