人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オンライン会議ならこれで十分!5000円で買えるBluetoothイヤホン5選

2021.07.22

コードレスで音楽などが聴けるため便利なBluetoothイヤホン。特に最近はマスクをして外出することが多いので、マスクをしたままでも気軽につけ外しできる完全ワイヤレスイヤホンは快適です。

ただ、Bluetoothイヤホンは有線イヤホンよりも比較的高価な製品が多いのも事実。イヤホン製品にはあまりお金をかけたくないという人も多いでしょう。そこで今回は、5000円以下で購入できるおすすめのBluetoothイヤホンを紹介していきます。

5000円以内で購入できるおすすめのBluetoothイヤホン【audio-technica ATH-CKS330XBT】

始めに紹介するのは、audio-technicaの首掛け式Bluetoothイヤホンである「ATH-CKS330XBT」です。公式HPでの販売価格が4950円となっており、ベージュ/ブラック/ブルー/グリーンの4色が展開されています。

本製品は約2時間でフル充電でき、最大約20時間の連続再生が可能なロングバッテリーを搭載しています。しっかりと充電しておけば、2~3日程度は使用できる安心感があるでしょう。約10分間の充電で約2時間の連続再生が可能な急速充電にも対応しています。

本体には専用設計の「5.8mm SOLID BASS HDドライバー」を内蔵しており、切れのある重低音に期待ができるモデルです。2台のデバイスに同時接続できるマルチポイントにも対応しているため、スマートフォンとPCといった製品でシームレスに切り替えが可能です。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】audio-technica ATH-CKS330XBT

5000円以内で購入できるおすすめのBluetoothイヤホン【ソニー WI-C200】

ソニーの首掛け式Bluetoothイヤホンである「WI-C200」はオープン価格の製品ですが、公式のソニーストアでの販売価格は4818円となっています。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開です。

本体内部にはクリアな中高音とパワフルな低音を再生する「高磁力ネオジウムマグネット」を搭載。空気の通気量を調整する孔を小さく設計し、音漏れにも配慮されています。

本体部分は左右が磁石でくっつくようになっているので、使用しないときは首元でぶらぶらと不安定になる心配もありません。コード部分には音量を調整できるボタンも搭載されており、スマートフォンを取り出さなくても簡単に操作することができます。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】ソニー WI-C200

5000円以内で購入できるおすすめのBluetoothイヤホン【Anker Soundcore Life P2】

比較的安価なオーディオ製品を複数販売しているAnkerの「Soundcore Life P2」もおすすめの製品。5000円以下という価格帯では珍しい完全ワイヤレスタイプの製品となっています。公式HPでの販売価格は4999円です。

カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ミントグリーンの3色。バッテリーはイヤホン単体で最大7時間、充電ケースを併用すると最大40時間の音楽再生が可能です。

本製品は「cVc8.0ノイズキャンセリング」を搭載したマイクを内蔵。これは通話時に周囲のノイズを除去してくれるもので、通話相手に比較的クリアな音声を届けられるため、オンライン会議などに用いるのも良いでしょう。

また、左右のイヤホン単独使用と両耳での使用を簡単に切り替えられます。IPX7の防水性能も搭載しているので、運動時の汗や突然の雨でも比較的故障の心配はいらないでしょう。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】Anker Soundcore Life P2

5000円以内で購入できるおすすめのBluetoothイヤホン【JPRiDE TWS-X】

JPRiDEは、比較的安価ながら高音質のイヤホンを多く販売している国内メーカー。今回紹介する「TWS-X」は完全ワイヤレスタイプで、オープン価格ではありますがAmazonでの販売価格は執筆時点(2021年7月上旬)で3980円と驚異的な安さの製品です。

安価な製品となると音質や装着感が不安になりますが、本体は片耳わずか約5.3gと比較的軽量なので、長時間使用していても疲れにくいのが魅力。IPX5の防水性能も搭載しています。

また、「AAC」「apt-X」という1万円以下のBluetoothイヤホンにはあまり搭載されない規格に対応しており、精細な音の再生にもかなり期待ができる製品です。バッテリーはイヤホン単体でAAC使用時は最大9時間、apt-X使用時は最大7.5時間となっており、ケースを併用すれば約20時間以上の使用が可能となります。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】JPRiDE TWS-X

5000円以内で購入できるおすすめのBluetoothイヤホン【Xiaomi Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic】

最後に紹介するのは、近年日本市場でもコスパの高いスマートフォンを多く販売しているXiaomiの「Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」。こちらもオープン価格の製品ですが、Amazonでの販売価格は執筆時点で3990円となっています。

本製品は14.2mmと比較的大きなダイナミックドライバーを内蔵しており、立体的で迫力のあるサウンド再生を得意としています。イヤホン単体では約5時間、ケース併用で約20時間の連続再生が可能となっています。

イヤホン側面はタッチ操作に対応しており、音楽の再生/一時停止や通話の応答/終了、音声アシスタントの起動といった操作が可能となっています。イヤホン装着検出機能も搭載されており、耳からイヤホンを取り外すと自動的に再生が停止、再び装着するとまた再生を始める機能も利用できます。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】Xiaomi Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic

※データは2021年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。