人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ちょっとの贅沢で音が激変!?1万円台で購入できる高性能イヤホン5選

2021.07.20

イヤホン/ヘッドホンといったオーディオ製品は、こだわると数万円・数十万円することもある奥の深い世界。近年はオーディオメーカーだけでなくスマートフォンメーカーなどからも製品が発売されているので、自分に合った製品を選ぶのはなかなか骨の折れる作業です。

そのため、特にこだわることなく安い製品を使っているという人も多いでしょう。今回はそんな人たちのために、ちょっとお金を出すことで今までにない体験ができる“かも”しれない1万円台のイヤホンを5モデルセレクトしたので、気になる人は家電量販店などで視聴してみてください。

1万円台で購入できるおすすめのイヤホン【ソニー WF-XB700】

1万円台で購入できるおすすめのイヤホンとして最初に紹介するのは、ソニーの「WF-XB700」です。安定した接続性やIPX4相当の防滴性能に対応した、使い勝手の良い製品で、ソニーストアでの販売価格は1万4300円となっています。

接続を安定させるため、左右同時伝送方式というBluetooth接続方法を採用しています。名前の通りBluetoothの信号を左右のイヤホンに同時に伝送する方式で、一方に接続するよりも安定するほか、動画視聴時などの遅延も低減されます。

バッテリーは本体のみだと9時間、ケース込みだと18時間の連続再生が可能。10分の充電で約60分の再生ができる急速充電にも対応しています。

内蔵ドライバーは12mmと大型で、これにより重低音に迫力のある音楽の再生を得意としています。イヤホン本体の質量は各約8g、サイズも完全ワイヤレスイヤホンとしては少し大きめですが、4サイズのハイブリッドイヤーピースが同梱されるので、自分の耳にあうように付け替えて使用すると良いでしょう。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】ソニー WF-XB700

1万円台で購入できるおすすめのイヤホン【AVIOT TE-D01t】

近年コスパの高いイヤホンを多く販売しているAVIOT。アーティストとコラボした製品なども多数発売しているので、聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

そんなAVIOTの「TE-D01t」は、公式オンラインモールでの販売価格が1万890円の製品ながら、最大50dB超もの雑音を低減するハイブリッドノイズキャンセリング機能が搭載されています。

特徴的なのがバッテリー性能。完全ワイヤレスイヤホンとしては驚異的な単体最大18時間の音楽再生が可能となっており、ケースを併用すれば約60時間の再生ができるので、こまめに充電するのが煩わしいという人にもおすすめです。

内蔵ドライバーは10mmと大型で低音域の響きが優秀。加えてAVIOTの音響設計により最適化されたアコースティックチャンバーとの相乗効果により、原音に近い精細な中高音域を再現します。

そのほかアプリゲームを頻繁にプレイする人には嬉しい低遅延モードやイヤホンを付けたままでも環境音が取り込める外音取込モードも搭載された、使い勝手の良い製品です。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】AVIOT TE-D01t

1万円台で購入できるおすすめのイヤホン【audio-technica ATH-CKS5TW】

audio-technicaの「ATH-CKS5TW」は、公式HPで1万4850円の完全ワイヤレスイヤホン。本体には2層の振動板を採用した10mmのドライバーを内蔵しており、重低音の厚みと中高域の鮮明さに注力されたモデルとなっています。

イヤホン本体にはシリコン素材の3Dループサポートを採用しており、耳のくぼみにしっかりとはめることで落下の心配が少ないのが特徴。IPX2相当の防滴性能にも対応しているので、運動時に着用するのもおすすめです。

本体には左右それぞれにマルチファンクションボタンが配置されており、ここから通話/終話や音量コントロールといった操作が可能。近年はイヤホン側面がセンサーになっていてタッチ操作ができるモデルも多いですが、ボタン式は誤操作が少なく扱いやすいというメリットがありおすすめです。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】audio-technica ATH-CKS5TW

1万円台? で購入できるおすすめのイヤホン【HUAWEI FreeBuds 4i】

本記事のテーマである“1万円台”からは少し外れてしまう製品なのですが、約1万円という意味で紹介したいのが「HUAWEI FreeBuds 4i」。公式HPでの販売価格は9680円となっています。

あえて本製品を紹介したいのは、1万円切りの完全ワイヤレスイヤホンながらアクティブノイズキャンセリング機能や外部音取り込みモードに対応するなど高いコスパを誇るためです。

イヤホン単体で約10時間、充電ケースを併用すると約22時間の連続音楽再生が可能なバッテリーを搭載。約10分の充電で約4時間の連続音楽再生が可能になる急速充電にも対応しています。

また、本体は人間工学に基づいて設計されており多くの人の耳にフィットする形状になっています。質量も片耳約5.5gと軽量なので、長時間使用する人にもおすすめできる製品です。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】HUAWEI FreeBuds 4i

1万円台で購入できるおすすめのイヤホン【final E4000】

「final E4000」は公式HPでの販売価格が1万6100円の有線イヤホンです。有線イヤホンとしては少し高いという印象の人もいるかもしれませんが、音質や装着感を考えればかなりおすすめの製品となっています。

音質は最新の音響工学に加え、心理学の研究成果を踏まえて設計されており、あえて強調した音域を作らず、細やかな音の表現にこだわることでリアルな臨場感を実現しています。

ドライバーユニットは6.4mm、ユニット背面には音質の骨格を決める中低域の特性をコントロールする「音響レジスター」が内蔵されています。

有線イヤホンなので、近年のスマートフォンでは変換機が必要となるケースも多くありますが、Bluetoothイヤホンよりも遅延が出にくいといった特徴もあるので、気になる人にはぜひ試してほしい製品です。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】final E4000

※データは2021年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。