小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「スーパーマリオ」の人気キャラランキング、マリオを抑えて1位に輝いたのは?

2021.07.06

LINEリサーチ「スーパーマリオ関連のゲームや、人気のキャラクターについての意識調査」

世界に誇る、日本を代表するゲームタイトル「マリオシリーズ」。その記念すべき1作目「スーパーマリオブラザーズ」が今年で35周年を迎える。

そこで今回、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」により、スーパーマリオ関連のゲームや、人気のキャラクターについての意識調査が行われた。

プレイしたことのある人が多いのは「マリオカート シリーズ」

はじめに、スーパーマリオ関連のゲーム(※)の中で、これまでにプレイしたことがあるゲームについて聞いた。

※ゲーム機の種類に関わらず、Nintendoのマリオヒストリーに掲載されているもの。ゲームセンターやスマホアプリなどを含む。

「スーパーマリオを知らない」、また「スーパーマリオを知っているが、ゲームはプレイしたことはない」を除くと、スーパーマリオ関連のゲームをしたことがある人の割合は全体で9割弱。女性と比べて男性のほうが、何らかのスーパーマリオ関連のゲームをしたことがある人の割合が高く、10~40代では9割超だった。また、50代女性は他の年代に比べて割合が低く、約7割だった。

数多くあるスーパーマリオ関連のゲームの中で全体1位となったのは「マリオカート シリーズ」 。すべての年代で1位・2位にランクインしており、特に割合が高かったのは10~20代男性で7割超だった。

全体2位は「スーパーマリオブラザーズ シリーズ」。こちらもすべての年代で上位だが、40代でもっとも人気があり、1位となっている。特に40代男性では7割と高い割合だった。

全体3位は、「マリオパーティ シリーズ」。特に10~20代で5割~5割強と、他の年代に比べて高い割合になっている。また全体1位、2位では男性の割合が高かったものの、女性の割合も高めで男女差はほぼなかった。

そして全体4位は「Newスーパーマリオブラザーズ シリーズ」で、10・20・40代のみランクイン。10代では約5割と高い割合だった。

そのほか、「スーパーマリオ 64」や「スーパーマリオ ワールド シリーズ」は、30代で割合が高めだった。また、ランキング外とはなったが、「スーパーマリオメーカー シリーズ」、「スーパーマリオ ギャラクシー シリーズ」は、10代の割合がやや高く、どちらも2割超だった。

人気のキャラクターは?全体TOP2は「ヨッシー」と「マリオ」

スーパーマリオを知っている人に、一番好きなスーパーマリオ関連のキャラクター(※)を聞いた。

※Nintendoのマリオポータル内に掲載されているキャラクター(2021年5月時点)。

全体1位は「ヨッシー」、2位は「マリオ」で、ゲームでもおなじみのキャラクターがTOP2を占めている。3位は「キノピオ」、そして4位以降は「ピーチ」、「クッパ」、「ルイージ」、「ノコノコ」とおなじみの顔ぶれが続く。

年代別にみると「ヨッシー」「マリオ」はすべての年代で上位にランクインしているが、年代によって人気の順位に差がみられる。10~30代では「ヨッシー」が1位、40~50代では「マリオ」が1位に。「マリオ」は、年代が上がるにつれ、いちばん好きと回答する人の割合が増えている。

全体3位の「キノピオ」もすべての年代でランクインし、高い人気がうかがえる。特に低い年代で割合が高い傾向があり、10代女性では1位だった。全体4位の「ピーチ」は30~50代でランクインしている。全体5位の「クッパ」は年代が上がるにつれ人気が高まり、50代では3位にランクイン。

そのほかにも、10~20代では「ロゼッタ」 や「テレサ/キングテレサ」がランクイン。「ロゼッタ」は2007年発売の「スーパーマリオギャラクシー」で初登場した女性キャラクターで、10代で人気がある。ランキング外だが「ヘイホー」も10代に人気があった。グラフにはないが、「マリオ」「クッパ」は女性と比べて男性人気が高く、逆に女性人気が高いのは「キノピオ」「ピーチ」だった。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年5月7日~2021年5月11日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある。

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。