小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

30泊なら通常時の70%オフ!穏やかな気持ちでワーケーション利用できる「星のや竹富島」

2021.08.05

星のや竹富島

コロナ禍をきっかけにワーケーション対応の宿泊施設が急増している。リゾートホテルはもちろん素朴な民宿でもWi-Fiが整い、旅先でのリモートワークが可能に。そこで今回はワーケーションの達人・南谷有美さんによる全国のおすすめ宿泊施設をご紹介!

※コロナ禍により県を越えた移動を控えるようにと政府から要請が出ています。ワーケーションに関しても感染状況を踏まえ、責任ある行動をお願いします。

 コロナ禍による新たな生活様式として政府が推奨する「ワーケーション」。旅先で休暇を楽しみつつ仕事をするこのスタイルを、南谷さんは2018年から続けている。

「その土地の新たな出会いによって刺激をもらえるのが大きな魅力です。でも今はコロナ禍で一棟貸しや個室に宿泊していますし、食事もその土地の飲食店でテークアウトして楽しむことが多いですね」

 またワーケーションのコツとしては、スケジュールを細かく決めすぎないことも大切だという。

「天候に左右されることも多く、予定変更は当たり前。プランは〝ゆるめ〟がおすすめです。ただリモート環境や周辺環境が想定外だと仕事に影響がでるので、そこはきっちり調べたほうがいいですね」

【ワーケーション成功の秘訣3か条】

[1]変更を前提にゆるめのプランを策定
[2]仕事環境の事前チェックは抜かりなく
[3]コロナの感染リスクに配慮しよう

南谷有美さん

フリーカメラマン・ライター  南谷有美さん
名古屋を拠点にカメラマンをしていたが、2018年から各地を巡る旅人に。訪れた地域やワーケーションに関する情報を発信している。

星のや竹富島

星のや竹富島

沖縄の古き良き伝統が残る竹富島のホテル

星野リゾートが経営する、沖縄の伝統建築を踏襲した竹富島のリゾートホテル。赤瓦屋根の客室が並び、島の集落のような景色が広がる。一戸建ての広々とした客室は南風が吹き抜け、心地よく仕事ができる空間に。島で暮らすような穏やかな気持ちで仕事をすることができそうだ。

[住]沖縄県八重山郡竹富町竹富 [電]0570・073・066(星のや総合予約) http://hoshinoya.com/

星のや竹富島

パブリックスペース「ゆんたくラウンジ」は、フリードリンクが用意され、24時間利用可能。通年利用できるプールもあり、気分転換に最適だ。

【南風(ぱいかじ)ワーケーション滞在】
料金:30泊33万6937円~ ※通常時の70%OFF(1室2名利用時の1名料金。税・サ込み、食事別) 設備:(無料)Wi-Fi、プリンター、デスクマット、延長コード、typeaC変換機ほか。(有料)「パーフェクトワーケーションセット」テレビ会議用マイク、ライトなどの5点セット(1日1815円)

〈NANYA’S REVIEW〉星野リゾートはワーケーションにも早い段階で取り組まれていました。ラグジュアリーな空間でゆったりと過ごせるのがイイですね。

DIME8月号では「ワーケーション」を大特集!特別付録は超便利な「スマホシアタースタンド」

雑誌「DIME」8月号では「理想のワーケーション」と題し、コワーキングスペースからサブスクホテル、2拠点生活、移住など、最新の〝働く場所改革〟を大特集。実践するビジネスパーソンに密着し、それぞれの魅力やメリット、デメリットを徹底紹介。また、特別付録に、スマホの動画を3倍に拡大表示して視聴できる「スマホシアタースタンド」がもれなく付いてきます。お早めにお買い求めください!

【コチラで購入できます】

Amazon    www.amazon.co.jp/dp/B095M54F7C

取材・文/高山 惠

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。