小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「サウナは俳優の仕事に似ている」芸能界きってのサウナー、磯村勇斗さんが語るサウナから離れられない理由

2021.08.13

役によって出る汗の〝質〟が変わる

──今年は数多くのドラマに加え、映画『ヤクザと家族 The Family』劇場版『きのう何食べた?』など様々な作品に出演し、半グレ、同性愛者、将軍など幅広い役を演じています。磯村さん、それぞれの役を演じた後の汗を、言葉で表現してください。

「え~! 難しい!! 半グレの翼(役名)の汗は、やさしくてみずみずしく透き通った汗でした。同性愛者のジルベール(役名)の汗は、甘い中にピリッと辛いものがありましたね。将軍・家茂の汗は、ご立派でした(笑)。この汗を触ったらいいことがあるんじゃないかと、我ながら思ってしまいました」

──サウナでインスピレーションを得ることはありますか?

「あります。僕は短編映画『機械仕掛けの君』(WOWOW)の監督を担当させてもらったのですが、プロットを考え、脚本を書き、画の構図を決める時に、サウナで多くのひらめきを得ました。その内容を企画書にして、提案が通ったことが多々あります。俳優の仕事は現場がすべて。その場でインスピレーションが湧くことが多いです。しかし、僕が演じる役〝その人〟がどのような人生を生きてきて、何を感じるのか考える時に、サウナでアイデアを膨らますことはあります」

──磯村さんは、コロナ禍以前に、サウナの本場・フィンランドのサウナも体験しました。国内で印象に残っているサウナを教えてください。

「サウナは、施設の運営をしている人の愛が如実に表われると感じます。思いつくのは、東京・錦糸町『スパ&カプセル ニューウイング』。吉田支配人がサウナ好きで、来場者に愛を届けていることが伝わります。老舗ですが、いつもピカピカで行くたびに新しい発見があります。長野県の『The Sauna』の野田支配人も同じです。川を水風呂にするなど、様々な試みを行ない、おもてなしの精神に心が満たされます。〝サ飯(サウナご飯)〟もおいしくて、ここのラム麻婆ご飯が大好きです」

──『サウナーーーズ』は好評で、第2弾が製作されました。プール水風呂がある『Futtu villa』も体験していましたね。

「とても贅沢な経験をしました。翌日、偶然にも富津で別作品の撮影があり、1泊することができました」

──そこまで多様な施設を体験していると、審美眼も磨かれそうです。

「それはあるかもしれません。施設に入って、構造などのハード面、湿度や温度などのソフト面から、どういう人が、どういう思いでサウナを運営しているかを感じます。施設は年季が入っていても、隅々まで掃除が行き届いていたり、改善の跡を感じたり。サウナを愛する支配人が、サウナを育て続けているのかなと。完成して終わりではなく、お客さんのニーズを汲み取って、よりよいものを目指している。これは、お芝居に似ていると思います。お芝居も俳優とスタッフ、そしてお客様が一緒に舞台を作り上げていきます。それにはゴールがありません。みんなが一丸となりいいものを作っていくんです。人によって何を感じるかも違うし、表現できるものは変わっていく。そういうところも、僕がサウナから、離れられない理由なんだと思います」

心地よい熱さ……施設運営者の愛とホスピタリティーを感じる

磯村勇斗さん

『サウナーーーズ2 磯村勇斗×北村匠海』

放送中の『サウナーーーズ2 磯村勇斗×北村匠海』(WOWOW)では、ヴィヒタで体をたたき、マッサージや血流促進などの効果が期待できるウィスキングを習得し、親友の北村さんに施術するシーンも。

 

『サウナーーーズ ~磯村勇斗とサウナを愛する男たち~』(DVD発売中)では、芸人・やついいちろうさんとともに、本場フィンランドへ。地元では社交の場になっているサウナを体験。

【Information】

『サウナーーーズ2 磯村勇斗×北村匠海』(WOWOW)

サウナ道を歩む磯村さんの親友であり、サウナ仲間の北村匠海さんが参画。サウナの深い魅力をアピールし、サウナーを増やすミッションにチャレンジしていく。中村蒼さん、宮世琉弥さんも出演。
公式Twitter:@saunners
WOWOWオンデマンドで全話配信中:http://wod.wowow.co.jp/series/47144
※無料トライアル実施中

サウナーたちの伝説のバイブル復汗!SJ MOOK『Saunner+(サウナープラス)』

サウナを愛してやまない「サウナー」のための本、現在のサウナブームの火付け役となった伝説のサウナ専門誌『Saunner』(2014年、小学館刊)が、7年の時を経てついに復汗(刊)! コロナ禍による危機を超え、ブームを超え、日本のサウナの未来を考えるというテーマのもと、パワーアップして再登場!

定価1320円(税込)
B5判/132ページ
https://www.shogakukan.co.jp/books/09104252

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/前川亜紀 撮影/小倉雄一郎(本誌) スタイリスト/齋藤良介 ヘアメイク/佐藤友勝
撮影協力/タイムズ スパ・レスタ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。