小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一眼レフ用からおしゃれタイプまで!カメラケースのおすすめ6選

2021.06.24

愛用のカメラ、みなさんはどのように持ち運んでいますか? カメラは精密機器なので、運搬中のトラブルを避けるために、カメラケースを活用することを推奨します。この記事では、カメラケースを選ぶポイントと、実用性やファッション性も踏まえたおすすめ製品を紹介します。

カメラケースを選ぶポイントは機材やシチュエーションを考慮すること

カメラケースを選ぶ時は、使用しているカメラや周辺機器など、持ち運びたい機材に合ったものを選ぶこと、撮影場所やカメラを運ぶ道中の状況を考慮することが大切です。まずは、カメラケースを選ぶポイントを紹介していきます。

カメラケースを大きく分けると、リュックやショルダーバッグのような鞄タイプや、カメラ本体やカメラ+レンズをすっぽり保護するジャケットタイプ、手持ちの鞄にカメラを収納するスペースを設けられるインナーケースタイプなどがあります。

一眼レフなどカメラのタイプに応じたケースを

カメラケースには、一眼レフ用やコンパクト用などの種類があるので、使用しているカメラに合わせて選択してください。合わないタイプを選ぶと機材が入らなかったり、オーバーサイズになると保護性能が落ちてしまうことも。

また、一眼レフやミラーレスカメラ用の鞄タイプのカメラケースには、交換レンズを収納できる仕切りやポケットのある製品もあります。仕切りは動かせるタイプだと便利です。また、鞄の内部が仕切りによって分けられている2気室や3気室タイプは、カメラ機材以外の身の回りの荷物を入れるのにも便利です。

ストロボなどの周辺機材も一緒に持ち運ぶ場合も、持っているアイテムに合わせて、収納スペースの充実具合をチェックしましょう。三脚を持ち運ぶ場合、三脚を設置できるケースもおすすめです。

登山や海にも! シチュエーションに合った使いやすいカメラケースを選ぼう

登山に持っていったり海辺で使うこともある場合は、そのシチュエーションに合うカメラケースを選ぶことも大切です。登山なら、体への負担が少なくカメラをしっかり保護できるリュックタイプや手持ちのリュックに入れられるインナータイプがおすすめ。また、海に持っていくなら防水・防塵性能があると安心です。海に行くことがない方も、防水性能があると雨の日の移動に便利でしょう。

遠距離移動にはハードタイプのカメラケースもおすすめ

遠距離の移動で、車にほかの荷物と一緒にカメラを積み込むようなことが多い時は、カメラを強力に保護してくれるハードタイプのカメラケースを選ぶといいでしょう。ハードタイプのカメラケースなら、ほかの荷物がぶつかっても内部まで圧力が加わりにくくなります。主な素材はアルミニウムや硬質プラスチックで、高い防水性能を備えた製品もあります。

Canon用? Nikon用? 純正カメラケースを使うメリット

カメラケースには、カメラメーカーが発売している純正品とメーカー以外が作っているサードパーティー製があります。サードパーティー製はデザインやケースのタイプなどバリエーションが豊富ですが、CanonのカメラにはCanonのカメラケースというように、純正品ならではのメリットも大きいです。

純正カメラケースは、自社の特定機種やシリーズに合わせて作られているため、当該機種のユーザーならピッタリの使用感が得られます。前述したように、手持ちのカメラにピッタリ合うケースを使うことで、より高い保護性能を期待できます。

フィルムカメラはシリーズや機種に応じた専用のケースを選ぶ

デジタルカメラが全盛となる現在でも愛用者が多いフィルムカメラ。そのためフィルムカメラ用のケースは現在でも数多く販売されています。フィルムカメラの販売を行う店舗などで購入可能です。

コンパクトなカメラケースは100均で購入する人も

予算の問題や、デザイン的に気に入ったものが見つからないなどの理由から、100円ショップでカメラケースを調達する人も少なくないようです。コンパクトタイプのデジカメ用カメラケースは100円ショップでも売られています。なかには、100円ショップのポーチやバッグを一眼レフやミラーレスのケースとして代用している人もいますが、ポーチはカメラを保護する目的の商品ではないため、一眼カメラを使用している方はカメラ専用ケースを使用することをおすすめします。

自分好みのカメラケースを手作りする人も

オリジナリティあふれる自分好みのカメラケースを手に入れるために、カメラケースを自作する人もいるようです。カメラケースを手作りする際には、以下のような点に注意しましょう。

■内側にカメラを保護する材料を使う……精密機器を収納するためクッション材や衝撃をやわらげやすい生地を使用すると、カメラの傷や故障を予防できるでしょう。

■開閉部がしっかりと閉じるように作る……何かの拍子にカメラが飛び出したり、ごみが入ったりしないように、フタにはファスナーなどを付けましょう。

■ほどよいサイズ感……大きすぎるとカメラの安定が悪くなり、小さすぎると出し入れに苦労します。サイズをしっかり測って、カメラに合ったケースを作成しましょう。

通常の鞄やポーチ作りと異なり、保護性能面に配慮する必要のあるカメラケース作りは難易度が上がります。市販品(インナーケースなど)をアレンジするなどし、落下事故などが起こらないよう気を付けましょう。

実用性もコスパも高い! タイプ別カメラケースおすすめ6選

実用性やファッション性、コスパも高いカメラケースを6点厳選しました。タイプ別に紹介します。

高い耐衝撃性で一眼レフをしっかり守る! 多層ポケットもついたQomolmのカメラケース

耐衝撃クッションや防水ナイロンなどを使用した多層構造で、一眼レフカメラをがっちりガードするQomolmカメラケース。

着脱可能な仕切りマットが2枚とポケットも多数あり、様々な小物の収納にも便利です。見た目もすっきりした洗練されたデザイン。

アマゾンでの購入はこちらから

ミラーレス機の収納におすすめのカメラケースはこれ! メンテナンス・クリーニング用品付属のカメラバッグセット

クリーニングキットがセットになっていて、すぐにカメラのお手入れが可能。初心者向きのショルダータイプのケースです。

内部の仕切りを外せば、レンズを装着したままのカメラも収納可能。ショルダーでもハンドでもスタイリッシュに持てます。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

かわいい巾着スタイルのカメラケース! TARION B3カメラケースバッグ

パッと見ではカメラが入っていると思えない、巾着スタイルのかわいいTARION B3カメラケースバッグ。

底部に設置できるクッションマットが付属していて、下からの衝撃を吸収します。街中での撮影のお供におすすめです。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

おしゃれにこだわる人にピッタリのカメラケース! ラフィカロ「Camera Carry Bag」

丸みを帯びたデザインと大人っぽいカラーリングがおしゃれなラフィカロの「Camera Carry Bag」。

本体はPUレザー、持ち手は本革製です。カメラケースと思えないおしゃれな見た目で、ファッションにこだわる人におすすめ。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

レトロな雰囲気が漂う本革カメラケース! ZLYC カメラバッグ 本革ブラウン

カメラケースといえば革というイメージを大事にする、オールドファンにもおすすめのZLYC カメラバッグ。

ポケットが2つあり、ケース内部にはペンホルダーも2つ付いています。レトロな味わいと実用性がマッチした製品です。

アマゾンでの購入はこちらから

バッグインバッグで持ち運びに便利! カメラインナーケースならHAKUBA「Chululu(チュルル) ホリデイ インナーポーチ M」

荷物と一緒にカメラをバッグへ入れてまとめたいなら、インナーケースに収納するといいでしょう。HAKUBAの「Chululu(チュルル) ホリデイ インナーポーチ M」は、普段使いのバッグに入れるほか、旅行時に使うのもおすすめです。

片方の側面には持ち手がついていて、旅先で荷物を降ろしてから、本品だけをサッと取り出して撮影に向かえます。適度なクッション性も備えています。

【参考】HAKUBA公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

カメラケースの選び方やおすすめの製品をご紹介しました。カメラをお気に入りのケースに入れて持ち運べば、撮影時の気分も上がるでしょう。本記事を参考にして、自分に合った製品を選んでみてください。

※データは2021年6月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。