小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DEEN池森秀一の蕎麦ログ】西麻布で食べた在来種の十割蕎麦

2021.07.11

『せいろ』『粗挽き』『玄挽き』

西麻布で食べた〝在来種の十割蕎麦〟

 西麻布の「蕎麦おさめ」は圧巻だった。

 蕎麦関係の仕事を始めてから、気になるお蕎麦屋さんは一気に増えた。仕事の合間を縫って足を運ぶが、そういうお店に限って肩透かしを食らうことがある。もちろんどれも旨いのだが、高い期待値のためか、心に残らない。そういう意味でも「蕎麦おさめ」は都内で一番行ってみたい蕎麦屋だったし、期待と不安があった。

「蕎麦おさめ」が開業したのは2018年。〝幻〟とも呼ばれる在来種(交雑をしていない品種)にこだわった手打ちの十割蕎麦を品種日替わりで提供するお店は、僕の知る限り、都内で唯一。打ちたてと熟成した蕎麦の食べ比べなど、新しい試みは食通を唸らせ、2年連続で『ミシュランガイド東京』のビブグルマンに名を連ねる。

 早速、お店の方におすすめを尋ねた。すると「せいろ、粗挽き、玄挽きを1枚ずつに分けてお出ししましょうか?」とのうれしい提案に即決した。

 この日の『せいろ』は富山県山田清水産の在来種、『粗挽き』は長野県山形村産の乗鞍在来種。どちらも最初はお蕎麦をそのまますすり、次に塩で食した。一般的に在来種は、風味や香りが強く、お蕎麦らしさを味わうことができると聞くが、ひと口食べて驚いた。十割蕎麦特有のエグミや雑味は一切感じられない。生わさびと一緒に思いきりすすると、口の中に広がる旨味に脳が支配されるかのよう!! 膨れ上がった期待を軽く超えた。3枚目の鳥取県伯耆町産の鳥取在来小そばを使った『玄挽き』を目にした時は、名残惜しさを感じてしまうほどだった。

『玄挽き』は、土の香りが強く、舌触りはかなり荒々しいなど、僕の中でマッチョなイメージがあった。しかし、この洗練された味わいは何だ!? 思わず大将に声をかけた。いわく、きれいに磨いた状態で届く蕎麦を、店内でさらに磨いているとのこと。都会の真ん中で勝負! みたいなとがった感じはなく、手間を惜しまず、本当に旨いお蕎麦と真摯に向き合う姿勢に感動しきりだった。

 帰り際、お店の方々は深々と頭を下げて、エレベーター前までお見送りをしてくれた。そんな人柄にも胸を打たれ、すっかりファンになった。ご馳走さまでした。

『せいろ』『粗挽き』『玄挽き』各1320円

『せいろ』『粗挽き』『玄挽き』

※写真の蕎麦の量は半人前です。

蕎麦おさめ

蕎麦おさめ

[住]東京都港区西麻布1-7-2 アデッソ西麻布2F [電]03・5775・1636
[休]日曜、祝祭日 ※土曜日は不定休 http://soba-osame.com/

文/池森秀一

池森秀一

いけもり しゅういち

DEENのヴォーカリスト。1993年に『このまま君だけを奪い去りたい』でデビュー。乾麺蕎麦商品をプロデュースするほか、2020年9月に蕎麦専門YouTubeチャンネル『信州戸隠 池森そば 赤坂店』を開設。芸能界きっての蕎麦好きとして有名。

※「池森秀一の蕎麦ログ」は、雑誌「DIME」で好評連載中。なお、本記事はDIME7月号に掲載されたものです。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。