小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleアカウントの設定を変更する方法!パスワードや生年月日は変更できる?

2021.06.14

Googleアカウントを作る際に名前の姓名を反対にして登録したり、生年月日を間違えて登録してしまった経験はありませんか? そんな時は「Googleアカウントを管理」から、設定の変更を行うことができます。

名前や生年月日を間違えて登録した。
パスワードを変更したい。
検索履歴を削除したい。

そんな時は、ぜひ「Googleアカウントを管理」を開いてみてください。

Googleアカウントの設定画面はどこにある?

最初にGoogleアカウントの設定画面を表示してみましょう。なお、今回はWindows PC
を使って操作の説明をしていきます。ですが、基本的にブラウザを使って設定の変更を行うため、Mac/iPhone/Androidスマホでも、ほぼ同じ操作でできるはずです。

Googleアカウントの設定画面を開くには、「Googleアカウントを管理」にアクセスしてください。

すると上の写真のように、Googleアカウントの管理画面が開かれます。では、この管理画面では何の設定が変更できるのでしょうか。主な例をチェックしていきましょう。

Googleアカウントの設定画面で何が変えられるの?

Googleアカウントの管理画面では、名前や生年月日のほか、ログインのためのパスワードやセキュリティを高める2段階認証を設定できます。また、Google検索履歴を削除できます。

Googleアカウントの設定変更でできること:生年月日の変更

生年月日の変更をするには、以下の手順で操作してください。

1:「Googleアカウントを管理」にアクセスします。
2:「個人情報」を選択します。
3:「生年月日」を選択します。
4:年月日を入力して、「保存」を選べば完了です。

Googleアカウントの設定変更でできること:名前を変える

Googleアカウントの名前を変える時も、アカウントの管理画面の「個人情報」を操作します。

1:「Googleアカウントを管理」にアクセスします。
2:「個人情報」を選びます。
3:「名前」の欄を選択します。
4:姓名に入力されている名前を変更して「保存」を選べば完了です。

Googleアカウントの設定変更でできること:言語設定

中々稀なケースですが、Googleアカウント登録時に言語設定を間違えて、日本語以外に設定してしまった時は、次の手順で操作してみてください。

1:「Googleアカウントを管理」にアクセスします。

2:上の写真を参考に「データとカスタマイズ」のアイコンを選択します。

3:地球儀のようなマークを選択します。わかりづらい場合は、上の写真を参考にしてください。

4:上の写真を参考にペンのマークをクリックしてください。
5:「日本語」を選択して保存を選べば完了です。

Googleアカウントの設定変更でできること:パスワードの変更

ログイン時のパスワードの変更をしたい時は次の操作を行ってください。

1:「Googleアカウントを管理」にアクセスします。
2:「個人情報」を選び、「パスワード」の欄を選択します。
3:現在のパスワードを入力します。
4:「新しいパスワード」に新たなパスワードを入力。さらに「新しいパスワードを確認」にもう1度新たなパスワードを入力します。
5:「パスワードを変更」をクリックして操作完了です。

Googleアカウントの設定変更でできること:2段階認証を設定してセキュリティを高める

2段階認証を設定すると、例えば第三者があなたのGoogleアカウントのパスワードを突破し、不正アクセスを試みた時、登録しているスマホ宛に「ログインを許可しますか?」と通知が来るため、未然に不正アクセスを防げる可能性が高くなります。

1:「Googleアカウントを管理」にアクセスします。
2:「セキュリティ」を選択し、「2段階認証プロセス」を選びます。
3:「使ってみる」を選び、現在のログインパスワードを入力。「次へ」を選びます。

4:上の写真のようにスマホが表示されるので「続行」を選びます。スマホが表示されない場合は「デバイスが一覧にない場合」を選択しましょう。
5:電話番号を入力して、コードの取得方法を「テキストメッセージ」または「音声通話」のいずれかから選びます。最後に「送信」をクリックして操作完了です。

Googleアカウントの設定変更でできること:検索履歴の削除

時として自分のGoogle検索履歴が見られなくないケースもあるでしょう。そんな時は、以下の手順で操作し、検索履歴の削除を行ってみてください。

1:「Googleアカウントを管理」にアクセスします。

2:「データとカスタマイズ」を選択し「アクティビティ管理を行う」をクリックします。

3:ウェブとアプリのアクティビティの欄にある「アクティビティを管理」を選択します。
4:「日付とサービスでフィルタ」の欄にある「削除」をクリックします。
5:削除したい期間を選択して完了です。

※データは2021年6月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。