人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

auの新料金プラン「povo」は途中でiPhone12に機種変更はできる?

2021.06.05

2021年3月に大手キャリアから続々と格安新プランが発表された。従来の月額基本料金よりもかなり料金抑えられていることから、新プランの変更を検討している人も多いはず。中でもauの新プラン「povo」は価格の安さはもちろん、自分の使い方に合わせたトッピング(オプション)を自在に組み合わせて利用できることから、auユーザーを中心に注目度が高い。

では、povoではAppleの最新スマホiPhone12シリーズは利用できるのだろうか。本記事では、povoに対応しているiPhoneシリーズについて解説する。今使っている機種が、povoでそのまま使えるか気になっている人もぜひチェックしてみよう。

povoでiPhone 12シリーズは使える?

povoでは、iPhone12/ iPhone 12 mini/ iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Maxの4つのモデルすべてに対応している。2021年夏には5Gの提供開始を予定しているpovo。iPhone12シリーズなら、その時点で機種変更をすることなく5Gを利用できる。

ただし、povoでは端末販売を行っていないため、iPhoneを使いたい場合には自身で用意する必要がある。iPhone 12は、au・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリアの店頭やオンラインショップ、 Apple Store、家電量販店などで購入できる。どこで購入したかによってpovoの開設手続きが多少異なる。その違いを見ていこう。

SIMフリー端末とauで購入したiPhone12の場合

SIMとは、電話番号などの契約者情報が書き込まれたICチップカードのこと。通常、契約したキャリアのSIM以外は使用できないようにロックがかかっている。povoはauの回線を使用しているため、auで購入した iPhone12はSIMロック解除をしなくてもそのまま利用可能。 また、Apple Storeや家電量販店などで 購入できるSIMフリーiPhoneの場合は、もともとロックがかかっていないため、ロック解除を行う必要はない。povoのサイトからSIMカードのみを申し込み、端末に挿入することでそのまま使用できる。

他社(ドコモ、ソフトバンク)で購入したiPhone 12の場合

iPhoneはどの大手キャリアでも購入できるが、先述した通り、ソフトバンクやドコモで購入したiPhoneにはSIMロックがかかっている。そのため、povoに契約しiPhoneにSIMカードをそのまま挿しても利用することができない。

他社で購入したiPhoneを引き続き使う場合には、あらかじめ購入したキャリアでSIMロック解除の手続きをしておこう。ただし、SIMロック解除には、キャリアごと「支払い方法」や「契約開始からの期間」など条件が設けられている点には注意が必要だ。ロック解除の手続きは、ドコモの場合「My docomo」から、ソフトバンクの場合は「My softbank」から無料で行える。店頭や電話での対応の場合は3,300円の手数料がかかる。

povoに対応しているiPhoneの機種は?

*povo公式サイト(https://povo.au.com/product/?auIC)より

povoは、2015年9月に発売されたiPhone6s/ iPhone 6s Plus以降のモデルに対応している。具体的な機種は以下の通り。

【povoで利用できるiPhone】

iPhone SE (第2世代)/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max/iPhone 11/iPhone XR/ iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone SE (第1世代)/iPhone 6s/iPhone 6s Plus

公式サイト:対応端末

povoに変えてからiPhone12シリーズに変えることはできる?

繰り返しになるが、現在povoでは端末の販売を行っていない。そのため、iPhone12を使用したい場合は、povoに移行する前に機種変更を済ませておくのがスムーズだ。povo移行後にiPhone12に買い替えたい場合は、Apple Storeや家電量販店、またauオンラインショップで端末を購入することになる。以前はauオンラインショップの利用はauユーザーのみに限られていたが、現在では誰でも購入可能だ。

eSIMを使いたい場合

eSIMとは、スマホ本体にチップが内蔵された本体一体型のSIMのこと。povoでは、新規契約や他社からの乗り換えであればeSIMが利用できるが、auから乗り換える場合はeSIMでの契約は現在できない。そのため、auユーザーでeSIMを使いたい場合は、auを一度解約して新規で申し込む必要がある。なお、eSIMに対応しているiPhoneシリーズは以下通り。

【eSIM対応のiPhoneシリーズ】

iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max/iPhone 12/iPhone 12 mini/iPhone SE(第2世代)/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max/iPhone 11/iPhone XR/iPhone XS/iPhone XS Max

※データは2021年5月下旬時点でのもの。
※情報は万全を期していますが、正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/oki

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。