人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

90年代にこんなクルマがあった!?意外と知らないホンダの名車「アスコット イノーバ」

2021.05.31

日本車にとって90年代は光と陰が交錯する時代だったのかもしれない。

80年代の好景気と、その後に到来した大不況。そんな時代を象徴するクルマのひとつがこの、ホンダ「アスコット イノーバ」だろう。

上品なセダン、ホンダ「アスコット」に追加された4ドアハードトップのホンダ「アスコット イノーバ」

ホンダ「アコード」の兄弟車として、プリモ店で1989年9月より発売されたのが、ホンダ「アスコット」だ。

6ライトウインドウ・フォルムの上品なセダンの「アスコット」に対して、4ドアハードトップで流れるようなフォルムを与えられた追加車種が、1992年3月よりプリモ店で販売されたホンダ「アスコット イノーバ」だ。

豪華なホンダ「アスコット イノーバ」のインテリア

4ドアハードトップの名の通り、グラスエリアの広いサッシュレスドア構造を採用。おかげで、クリーンな視界と解放感ある空間をホンダ「アスコット イノーバ」は得ている。

特徴はドアの内張、グローブボックスやセンターコンソールにファブリックを用いていること。

2.3Si-Zグレードでは、ジャカード織と本革を組み合わせたコンビレザーシートも用意された。

ホンダ「アスコット イノーバ」のグレードと価格

グレードは、1997ccSOHC16バルブエンジンを搭載する、スタンダードな「2.0i C」「2.0i」をはじめ、1997cc DOHC16バルブエンジンを搭載する「2.0Si」、2258ccDOHC16バルブエンジンを搭載する「2.3Si-Z」「2.3Si-Z TCV」が用意された。

東京地区での希望小売価格は以下となる。

※単位は1000円。1,558=155万8000円

ホンダ「アスコット イノーバ」2.3Si-Zの主要諸元

それでは、各グレードを代表して「2.3Si-Z」の主要諸元をご紹介しよう。

全長:4670mm
全幅:1715mm
全高:1380mm
ホイールベース:2720mm
車両重量:1310kg(エアコンディショナー装着車)
乗車定員:5名
タイヤサイズ:195/60 R15

エンジン

エンジン型式:H23A
エンジン種類:水冷直列4気筒横置(無鉛プレミアムガソリン使用)
弁機構:DOHCベルト駆動 吸気2排気2
総排気量:2258cc
燃料供給装置形式:電子燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
燃料タンク容量:60L
最高出力:165PS/5800rpm
性能 最大トルク21.5kgm/4500rpm
トランスミッション:ロックアップ機構付7ポジション電子制御4速オートマチック
性能 燃料消費率10・15モード走行:10.6km/L

ホンダ「アスコット イノーバ」の中古車相場は?

大手中古車販売サイト、Honda認定中古車検索サイト「U-Select Web」には、ホンダ「アスコット イノーバ」の中古車は、残念ながら掲載されていなかった。

※データは2021年5月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。