人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

遊び道具に徹したコンセプトとデザインで注目を集めたホンダの個性派SUV「エレメント」

2021.06.02

北米のHonda R&D Americas, Inc.で研究開発され、アメリカ・オハイオ州のイーストリバティ工場で生産し日本へ輸入していた、個性的なクルマがあった。それは、2003年4月から発売された、ホンダ「エレメント」だ。

ホンダ「エレメント」の評価が高かったデザイン

ホンダ「エレメント」は、ビーチなどにあるライフガードステーションをデザインモチーフにしている。

多くのクルマが空力などに配慮して流れるようなフォルムを優先する中、ツートンの面構成と骨太の構造物をイメージし、機能性の高い個性的なデザインとしている。

ボディ下部を一周するクラディングには耐スクラッチ性の高い樹脂を採用。多少傷がついても気にならないよう塗装レスとし、ツートーンの斬新なデザインを実現した。

ヘッドライトはフラッシュサーフェス化せず、レンズ面をボディ面からくぼませて装着。傷つきにくいタフなイメージを演出する。

バンパーはフロント・リアをあえてボディと一体化せず、バンパー本来の機能を主張する独立した力強いデザインとなっている。

ボディカラーは太陽の光、ビーチの砂、木々の緑など、自然界にある色を中心に以下の5色を採用した。

●サンセットオレンジ・パール
●サテンシルバー・メタリック
●ナイトホークブラック・パール
●ガラパゴスグリーン・メタリック
●ショアラインベージュ・メタリック

ホンダ「エレメント」のスペック

続いて、ホンダ「エレメント」の主要スペックを振り返ってみたい。

ホンダ「エレメント」のサイズ

全長:4300mm
全幅:1815mm
全高:1790mm
ホイールベース:2575mm
車両重量:1560kg
乗車定員:5名
客室内寸法:長さ2035×幅1485×高さ1210mm

ホンダ「エレメント」のタイヤサイズ

前後とも215/70R16スチールラジアルタイヤ、16×6.5JJアルミホイールを装着する。

ホンダ「エレメント」のエンジン&燃費

ホンダ「エレメント」に搭載される2.4Lガソリンエンジンの仕様は以下である。

エンジン形式:K24A
エンジン種類:水冷直列4気筒横置
弁機構:DOHC チェーン駆動 吸気2×排気2バルブ
総排気量:2354cc
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
最高出力:160PS/5500rpm
最大トルク:22.2kg・m/4500rpm

駆動方式:4WD
トランスミッション:オーバードライブスイッチ付4速オートマチック
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:60L
燃料消費率 10・15モード走行:10.6km/L

ホンダ「エレメント」の内装

〝遊び道具に徹したクルマ〟と呼びたくなる理由は、インテリアデザインにも見られる。センターピラーレス構造と両側観音開きのサイドアクセスドアによる開放感は、エレメント独特のもの。

インストルメントパネルは水平ラインを基調とし、3色のインテリアカラーともコーディネートされていた。

ホンダ「エレメント」の車中泊にピッタリなシートアレンジ

シートアレンジのバリエーションが豊富なのも、ホンダ「エレメント」が遊び道具として優れる理由のひとつ。通常のレイアウトに加え……

フルフラットにすれば車中泊にもピッタリ。

ドアをフルオープンにすれば開放感は圧倒的だ。

ホンダ「エレメント」のトランクサイズ

リアシートを跳ね上げて収納すれば、広大な荷室が登場。遊びの道具もめいいっぱい詰め込むことができた。

ホンダ「エレメント」のWebカタログ

ホンダ「エレメント」の国内販売は2005年12月で終了している。すでに販売終了から15年以上が経つが、2021年5月中旬現在、同車のWebカタログは健在。以下のリンクよりアクセス可能だ。

【参考】ホンダ|エレメント

ホンダ「エレメント」の中古車相場

現在は販売されていないホンダ「エレメント」だが、中古車相場はどうなっているだろうか。大手中古車販売サイトと、Honda認定中古車「U-Select」で確認してみた。

大手中古車販売サイトでは2021年5月中旬現在、46台が掲載されていた。

最安値は2004年式 走行距離25万6000km 黒で、車両本体価格39万9000円。
最高値は2003年式 走行距離5万3000km 黒で、30mmのリフトアップなどが施されたもの。車両本体価格218万8000円。
特筆はワンオーナーの2003年式 走行距離2003年 赤で、車両本体価格は199万8000円だった。

さらに、Honda認定中古車「U-Select」では1台の掲載があった。

2005年式 走行距離8万1000km 緑で、車両本体価格159万8000円。

【参考】Honda認定中古車「U-Select」

ホンダ「エレメント」は後継モデルで復活するの?

昨今のアウトドアブームやスズキ「ジムニー」の人気などを思うと、現代にホンダ「エレメント」が復活すれば、意外と面白い売れ行きを見せるのではないかと想像する。

現在販売されている車両で、ホンダ「エレメント」に近いコンセプトなのは、ルノー「カングー」かもしれない。

【参考】ルノー・ジャポン|カングー

フランスのエスプリが詰まった「カングー」が長年愛されていることからも、ファンは根強い。〝現代版ホンダ「エレメント」〟をハイブリッド車や電気自動車で誕生させてくれないか……と、ホンダへ密かな期待を持っている人もいるだろう。

現在のところ、再販のアナウンスなどはないが、ホンダの遊び心に期待しよう。

※データは2021年5月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。