小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

航続距離は422km!メルセデス・ベンツのEV第2弾はSUVとしての使い勝手にもこだわった「EQA」

2021.05.16

メルセデス・ベンツ「EQA」

メルセデス・ベンツ日本は、「EQC」に続く純電気自動車第2弾となる「EQA」を発売した。

「EQA」は、全長4,465mm、全幅1,835mm(AMGラインは1,850mm)、全高1,625 mmと日本の道路環境下において取り回しのよいサイズでありながら、SUVとしての日常の使い勝手も両立させた電気自動車。

また、一充電走行距離は422km(WLTCモード)と十分な航続距離を実現。加えて、これまでのメルセデス・ベンツの特長である安全性、操縦安定性、快適性、利便性、品質などを高いレベルで並立させている。

さらに電気自動車を購入するに際しての不安を解消する数々のサービスも用意。これらのハード面、及びソフト面の充実により、電気自動車として強く意識するのではなく、従来と同じような生活スタイルで使用できることを目指している。

パワートレインと航続距離

「EQA」はフロントアクスルにモーターが搭載され前輪を駆動。最高出力は190PS(140kW)、最大トルクは370Nmを発揮。十分な加速力を持ちながら、従来の自動車からの乗り換えであっても違和感を感じないスムーズな制御がされている。

また、車体へのモーターの搭載方法を工夫し、モーターからの振動や騒音が車内に伝わらないよう配慮した結果、従来の電気自動車よりもさらに静粛性を高めている。

高電圧バッテリーはリチウムイオンを採用しており、前後アクスル間のフロア部に搭載。容量は66.5kWh、航続距離は422km(WLTC一充電走行距離)となっている。

加えて、6.0kW(200V・30A充電の場合)までの交流普通充電と、100kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応。

また、電気自動車でありながら、先進性の表現だけでなく、これまでのメルセデス・ベンツの特長である安全性、操縦安定性、快適性、利便性、品質などを高いレベルで実現している。

効率的な回生制御

「EQA」は、航続距離を伸ばすために、大型の高電圧バッテリーを採用するだけではなく、効率的な回生制御を採用している。

回生ブレーキの強度は5段階の手動設定が可能。パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなっており、以下の段階が設けられている。

• D+  : コースティング
• D   : 軽度の回生ブレーキ
• D-  : 中程度の回生ブレーキ
• D- - : 強度の回生ブレーキ(ほとんどの場合、回生ブレーキだけで十分な減速が得られる)
• D Auto: 前走車との車間距離、登坂・降坂などの道路状況などを加味し、最適な強度の回生ブレーキ

なお、完全に停車させるときは、回生ブレーキの設定に関係なく、これまでと同様のブレーキ操作を行う必要がある。

デザイン

「EQA」のデザインは、メルセデス・ベンツのデザインの基本思想である「SensualPurity(官能的純粋)」をより先進的に表現する「プログレッシブ・ラグジュアリー」というコンセプトの下にまとめられた。

エクステリアデザインは、前後のオーバーハングが短く、パワフルでありながら、クーペのようにスタイリッシュで、曲線を用いたデザインが特徴の都市型SUVのプロポーション。

フロントには、中央にスリーポインテッドスターを配したブラックパネルグリルを採用。また、水平に伸びる光ファイバーの帯がフルLEDヘッドライトのデイタイムランニングライトを結び付ける、昼夜を問わず容易に識別されるデザインとなっている。AMGラインを選択すると、フロントのブラックパネルグリルにハイグロスブラックのフレームとツインルーバーがあしらわれ、引き締まったスポーティな印象に。

サイドビューは全体としてメルセデス・ベンツの都市型SUVの特徴である、シンプルな力強さと、リアエンドにむかってなだらかに下降していくルーフラインと上下方向にスリムなサイドウィンドウを採用し、スタイリッシュさを表現。

Aピラーの下端部には青文字の“EQA”バッジがあしらわれている。標準仕様には、空力を追求した18インチの5スポークアルミホイール、AMGライン仕様には繊細なデザインが特徴の20インチのAMGマルチスポークアルミホイールを採用。

リアエンドにおいても、メルセデスEQ独自のデザインを取り入れている。LEDリアコンビネーションランプは、中央に向けて次第に細くなるLEDのライトストリップに滑らかに一体化されており、リアビューの幅を強調するとともに、先進性を表現。

インテリアにもEQ独自のデザイン要素を採用。助手席前方のインストゥルメントパネルには、スパイラル調(バックライト付)インテリアトリムが採用され、夜間には、アンビエントライトの設定により64色から選択できるバックライトが先進性を表現する。

円形のエアアウトレットは、ジェットエンジンのタービンを想わせるスポーティなデザインを採用しており、内部のタービンブレードがローズゴールドとなる(AMGラインを選択した場合はシルバー)。

標準仕様のインテリアにはシート中央部分がローズゴールドのファブリック、その他の部分がチタニウムグレーのレザーARTICOとなるデザインを採用。このインテリアは、サステナビリティにも配慮し、PETボトルからのリサイクル原料で作られたファブリックを使用。AMGライン仕様にはレッドステッチ入りのレザーDINAMICAシートが採用され、オプションでブラックのレザーシートも選択することができる。

セーフティ

バッテリーは堅牢なフレームの中に納められており、従来アンダーフロアのクロスメンバーが担っていた構造機能も果たしている。バッテリー前部に設けたバッテリーガードは、異物の侵入からバッテリーを保護。

「EQA」のクラッシュテストは、メルセデス・ベンツの通常の非常に厳格なプログラムに従って実施されました。バッテリーとすべての通電部品に対する厳しい要件も同様に適用されている。また、安全運転支援システムも標準装備とし、アクティブセーフティも追求している。

MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)

「EQA」にはテレマティクスやMercedes me connectにも次のMercedes-EQ専用のプログラムを用意。

• Electric Intelligence ナビゲーション
• 充電ステーション情報
• 出発時刻・プリエントリークライメートコントロールの設定
• エナジーフローや電費情報の表示
• 最大充電電流の設定

また、自然対話式音声認識機能を備えた、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」では、従来の会話の他、「充電ステーションを探して」、「8時までに車のクライメートコントロールを設定して」など、純電気自動車固有の機能にも対応している。

さらに「Electric intelligence ナビゲーション」は、ナビゲーションのマップデータから得た勾配情報、充電ステーションの位置情報、車両の充電状況及び気温情報などを総合的に判断し、どこで充電すべきかも含めた適切なルートを案内。また、充電ステーションの情報をナビゲーション上に表示することができる。

安心のEVカーライフと充電サービス「Mercedes me Charge」

初めて電気自動車の保有を検討されるお客様の不安を一掃することができる、安心のプログラムを揃えている。

1) 保険料、税金、メンテナンス費用をまとめて月々定額にできる「メルセデス・スタイル*8」を用意。
*8:残価保証リース。車両の状態や走行距離の超過等により満了時に追加費用が必要となる場合がある。

2) 新車購入から5年間または10万kmのいずれか早い方まで、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポートが無償で提供される保証プログラム「EQケア」が適用。高電圧バッテリーは8年または16万km以内で、サービス工場の診断機により高電圧バッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合の保証を付帯

3) EQケア期間中、ご希望のモデルを5回無料でご利用いただける貸出サービス「シェアカー・プラス」

4) 納車時に車載される専用の充電カードを使用し、全国約21,000基ある提携充電ネットワークでEQAが充電可能、かつ充電利用料及び月額基本料は1年間無料

5) 6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施
※本サポートは充電用ウォールユニット無償提供を希望されたお方が対象。また、設置にかかる工事費用は10万円を超える場合がある。なお、本キャンペーンは予告無く終了する場合がある。

テレマティクスサービス「Mercedes me connect」

自動車が通信することにより利用者の利便性を向上する先進的なテレマティクスサービス「Mercedes me connect」は、「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償でご提供する「安心安全サービス」、「Send2Car」などを3年間無償でご提供する「快適サービス」の2つのサービスカテゴリーから構成されている。

「安心安全サービス」
- 24時間緊急通報サービス:事故検知時(エアバッグ、シートベルトテンショナー展開時)または車内にあるSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡。
- 24時間故障通報サービス:ツーリングサポートが必要な際に、meボタンを押すとツーリングサポートセンターにつながる。

「快適サービス」
- リモートウィンドウ&サンルーフコントロール:スマートフォンの操作でウィンドウやスライディングルーフの開閉ができる。
- リモートドアロック&アンロック:スマートフォンの操作で車両ドアのロック、アンロックが可能。
- リモート(車両)ステータス確認:車両の走行距離、バッテリー残量、平均電費等の状態をアプリ等で確認できる。
- 駐車位置検索:駐車した車両の位置をアプリの地図上に表示。
- Send2Car: スマートフォンから、ナビゲ―ションの目的地を遠隔設定することが可能。

また、オプション設定のナビゲーションプラスパッケージを装着すると、Mercedes me connectのナビゲーションサービス(天気を地図上に表示)をご利用できる。

関連情報
https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/eqa/eqa/explore.html

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。