人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイが愛犬と楽しめるドッグフレンドリーフロアがオープン

2021.05.16

「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」

新型コロナウイルスによる影響で訪日外国人観光客はもちろん、国内旅行やビジネスにおける出張などのニーズが見込めない現在、ホテル業界は深刻な危機に陥っているのはご存知のことだろう。ホテルによっては、客室をサービス付きアパートに転換したりなど、様々なアイデアを出して新たな活路を見出そうとしている。

そんな中、東京の竹芝に位置する「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」に、愛犬と宿泊ができる「ドッグフレンドリールーム&ラウンジ」が誕生。さらに、愛犬と同乗OKの「【都会で水上散歩】東京湾 ウォータータクシー貸し切りプラン」も登場した。

また、エグゼクティブフロアの宿泊者専用に、和のテイストをふんだんに取り入れてリラックスできる癒しの時間を提供するラウンジ「和-NAGOMI- LOUNGE」をオープンさせた。

さて、このようなコロナ禍において「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」が打ち出した施策とはどのようなものなのか?その発表会&見学会に参加してきたので、その様子をレポートしたい。

愛犬とくつろげる「ドッグフレンドリーフロア」

「ドッグフレンドリーラウンジ」

「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の8階フロアすべてをドッグ専用とし、
ペットコンシェルジュが常駐する専用のラウンジを設置。そこでは、チェックイン・アウトの手続きまで完了できてしまうので、まわりに気兼ねせずに愛犬とのホテルステイが満喫できるのだ。

ゴージャスなドッグ専用のフォトスポットも設置

さらにラウンジには、ドリンクやスナックサービスの提供のほか、ドッグ用のおもちゃ、首輪、リードの貸出しまで用意されているので、愛犬とはもちろんのこと犬友だちとのコミュニケーションの場として楽しめる。

また、スタッフがリサーチしたホテル周辺のドッグフレンドリーなカフェや商業施設などに立ち寄るコースなど、役立つ情報も提供してもらえるため、愛犬とともに潮風を浴びながら、ウォーターフロントならではの海と空の景色を堪能できる散歩も可能だ。

「ドッグフレンドリールーム」

愛犬と一緒に宿泊できる客室は、東京ベイサイドの中央という好立地を活かしたレインボーブリッジまたは隅田川の景色を眺められる、35~52平方メートルの部屋。そんな贅沢な空間で愛犬と過ごす時間は、至福のひとときとなるに違いない。

もちろん部屋には、ドッグ用ケージやベッド、トイレトレー、フード&ウォーターボウルのほか、トイレシートや消臭スプレーなどの各種アメニティも充実しているので、事前に愛犬のお泊まりの準備をしなくても気楽に利用できるのがうれしい。

気になるニオイ対策もOK

こちらの宿泊プランを利用できるのは、体重が15kg以下の犬に限られている。なお、朝食は、ルームサービスで提供されるので、朝からゆっくりと安心して一緒に過ごすことができる。(※愛犬用の食事の用意はないので持参する必要がある)

この「わんちゃんステイプラン」の料金は、1室2名の利用で37,500円~、1室1名の利用で44,500円~(税・サービス料込み)となっている。

■関連情報
http://www.interconti-tokyo.com/stay/plan/dogfriendsroom.html

「ウォータータクシー貸し切りプラン」で愛犬と一緒に東京湾をクルージング

そして、愛犬と宿泊するなら同時に申し込みたいのが「【都会で水上散歩】東京湾 ウォータータクシー貸し切りプラン」だ。こちらは、ホテルから徒歩1分の「Hi-NODE発着所」から乗降できる東京ウォータータクシーを貸し切り、30分の東京湾のクルージングを楽しめるというもの。

運河沿いのドッグフレンドリーなダイニングバー「Mi tiempo(ミ ティエンポ)」

そのコースは、レインボーブリッジを間近に捉え、芝浦の運河沿いにあるドッグフレンドリーカフェに立ち寄ったり、浜離宮庭園方面などを巡るのだが、普段見慣れている景色でも水上からは、また違って見えてくるからおもしろい。

ちなみに、乗船する東京ウォータータクシーは、旅客定員最大8名の全長約7mのコンパクトな船体で、狭い運河や河川を安全に航行することが可能。さらにエアコン、トイレ、コンセントまで完備されており、あまりの快適さに驚かされた。

腰ベルトタイプのライフジャケット

なお乗船の際は、ライフジャケットを着用し、愛犬にはリードをつけることで、クルージングを安心して楽しむことができる。また、こちらのプランは、通常の宿泊でも利用可能なので、日常では味わえない体験をしたい方にもおすすめだ。

■関連情報
https://www.interconti-tokyo.com/stay/plan/water-taxi.html
https://www.interconti-tokyo.com/stay/plan/dogfriendsroom.html

心和むひとときを過ごせる「和-NAGOMI- LOUNGE」

2020年8月にリニューアルを果たしたエグゼクティブフロア(14階、15階)への宿泊者専用のラウンジとして3月27日にオープンした「和-NAGOMI- LOUNGE」。大きなガラスエリアから東京湾の景色を一望することができるその場所は、ジャパニーズモダンのインテリアを取り入れた上質な雰囲気が漂う空間となっている。

このNAGOMIラウンジでは、季節に合わせて厳選したこだわりの日本茶と和スイーツのウェルカムメニューを堪能しながら、チェックインの手続きが可能となっている。その際、和服姿の女性スタッフがお出迎えしてくれるというおもてなしの心遣いも、またうれしいもの。

そして、朝食には、厳選された食材や季節の素材を用いた、中宇祢総料理長が監修した料理を重箱に詰め合わせた和風スタイルの膳を提供。繊細な味を奏でるその料理は、見た目にもカラダにも美味しい仕上がりに。

さらに、カクテルタイムには、アミューズとワインやビールなどでディナー前
のリラックスできる癒しの時間を提供してくれるだろう。

■関連情報
https://www.interconti-tokyo.com/stay/nagomilounge/

まとめ

さて、今回発表された3つのプランやサービスは、ホテル利用者の真のニーズを狙ったような前向きなリノベーションであり、接客に対し真摯に取り組む「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」らしい方策だと感じた。

そんなアフターコロナも見据えた、利用者の心に響くサービスを、ぜひ体験してみてはいかがだろう。

■関連情報
https://www.interconti-tokyo.com

取材・文・撮影/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
「CanCam」「Oggi」「Domani」などのファッション誌やサイトの編集に長年にわたり携わる。現在は、DIMEにてクルマや家電、グルメ、ファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、コスメ情報なども発信。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。