小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

楽天モバイルで5G回線を使うには?覚えておきたい対応エリア、機種、切替方法

2021.05.15

通信速度が飛躍的に向上し、高速大量通信が可能な次世代通信規格5G。「2時間の映画を数秒でダウンロードできる」「多くの機器を同時にネットワーク接続できるようになる」など、その快適さを早く体感したい人も多いはず。

そこで本記事では、楽天モバイルで5Gを使うために覚えておきたい基礎知識を解説したい。まずは、現在提供している5Gエリアや今後拡大予定のエリア、5G対応端末や5Gへの切り替えの方法をチェックしておこう。

楽天モバイルの5G対応エリア

はじめに、楽天モバイルの5G対応エリアについて解説したい。まず、自分の生活圏が5Gに対応しているのか、今後対応する予定はあるのかをチェックしてみよう。

2021年5月現在の対応エリア

*楽天モバイル公式サイト サービスエリア(https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/?l-id=gnavi_area)より

2021年5月現在、楽天モバイルが公表している5Gサービスエリアは、東京、埼玉、神奈川、愛知、大阪、北海道、兵庫の一部地域。最新の5Gサービスエリア情報は、公式ホームページの地図上から確認可能だ。ミリ波エリアは薄い青色、sub6エリアはオレンジ色と、周波数ごとに色付けされていている。

この地図を見て「5G対応エリアはまだまだ狭い」と感じる人も少なくないはず。ごく一部の地域が点在する現在の状況から、今後どれだけ5G基地局の整備が進み、エリアが拡大していくのか期待しよう。

拡大予定エリア

楽天モバイルの公式ホームページでは、今後2022年3月までに楽天モバイルの5G通信が利用できるようになる「拡大予定エリア一覧」も確認できる。このリストから推測すると、楽天モバイルの5Gサービスは、市町村単位で展開していく計画なのがわかる。ちなみに、このリストはあくまでも予定。今後の工事状況等によっては、サービス開始時期が変更になるケースもあるだろう。最新情報はホームページで随時チェックしよう。

【参考】楽天モバイル公式サイト 5Gサービス拡大予定エリア 

楽天モバイルの5G対応機種、端末

楽天モバイルの5G回線を利用するためには、そもそも5Gに対応している機種を保有している必要がある。ここでは、楽天モバイルで販売している5G通信対応端末を紹介したい。

Rakuten BIGs

Rakuten BIGsは、6.4インチの有機ELディスプレイを搭載した楽天モバイルオリジナルモデル。広角48MPレンズや光学2倍ズーム対応の8MP望遠レンズ、超広角8MPレンズ、2MPの深度センサーの4眼カメラを備えている。2020年に販売されたRakuten BIGと比べ、軽量でコンパクトなボディになり、操作しやすいのが特徴。カラーバリエーションはブラック/ホワイト/クリムゾンレッドの3色。他の楽天モバイルオリジナルモデル同様、eSIM仕様になっている。

なお、Rakuten BIGsにはオリジナルのブラウザアプリ「Rakuten Browser」のベータ版がプリインストールされている。将来的にはこのブラウザを利用して楽天グループのさまざまなサービスと連携した機能が提供される予定だ。

公式サイト:Rakuten BIG

Rakuten BIG

Rakuten BIGは2020年9月に発売された楽天モバイルオリジナルモデル。6.9インチの大型有機ELディスプレイを備えているため、スマホを使って動画や映画を観る機会が多い人におすすめだ。おサイフケータイ、防水防塵にも対応。ディスプレイ指紋認証を搭載しているため、セキュリティ面も強い。カラーバリエーションは、ホワイト / ブラック / クリムゾンレッドの3色展開。他の楽天モバイルオリジナルモデル同様、eSIM仕様になっている。

公式サイト:Rakuten BIGs

AQUOS R5G

AQUOS R5Gは、8K動画を撮影できるAI対応4眼カメラを搭載した楽天モバイル5G対応端末。AIカメラが被写体を自動で追いかけてズームするため、被写体をフォーカスし続けられるのが特徴。ズームしても高繊細な画質を楽しめる。独自の新放熱設計によって、熱による端末のパフォーマンス低下を防止し、存分に動画やゲームなどを楽しめるのも嬉しいポイント。カラーバリエーションはアースブルー/ブラックレイの2色展開。

公式サイト:AQUOS R5G

iPhone12シリーズ

現在、楽天モバイルが提供する5Gに対応しているiPhoneは、iPhone12/iPhone12mini/iPhone12 Pro/iPhone 12 Pro Maxの4種類。iPhone12以前の機種については、今のところ楽天モバイル5Gに対応していないため、楽天モバイルで5Gを利用したいと考えている人はiPhone12以降の機種を選択しよう。

【参考】楽天モバイル公式サイト [iPhone] 5G対応のiPhoneシリーズを確認したい 

楽天モバイルで5Gに切り替えるには?

最後に、楽天モバイルで5Gを利用するためにはプランの変更が必要なのか、5G回線に対応したデバイス側の操作が必要なのかを解説する。

5G対応のプランに変える必要はある?

楽天モバイルで5Gを利用するためには、5G対応のプラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の契約が必要。自身が契約しているプランによって、自動的にプラン変更されているのか、自身で変更手続きが必要なのかが異なる。

一つ前のプラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」を契約しているユーザーは、2021年4月1日に自動的に「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」に切り替わっているため、特に手続きをする必要はない。

一方、「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」「コミコミプラン」を契約しているユーザーは、自身でプラン変更の手続きをしなくてはならない。5G回線を利用するためには、楽天モバイルメンバーズステーションにログインして、プラン変更の手続きを行おう。なお、プラン変更による契約解除料は発生しない。

【参考】楽天モバイル公式サイト:楽天モバイルのプラン変更方法

5Gエリアでは自動に切り替わる?

基本的に4Gと5Gの切り替えは端末によって自動で行われ、5G対応の端末を利用している場合、5G通信エリアに入ると自動で5G通信に切り替わる。なお、4Gと5Gの回線が切り替わる際に、通話やデータ通信が切断されることはない。今利用している回線は、スマホ画面上部の表示(4Gが5Gに)で確認できる。

ちなみに、機種によっては通信回線を手動で切り替えることも可能。手動切り替えが必要な人は、自身が利用している端末の取扱説明書を確認しよう。

文/oki

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。